【店長がゆく小径車の旅】~上毛三山「妙義山」をゆく~
by: 宮野 英樹

myougi38

 

【店長がゆく小径車の旅】~上毛三山「妙義山」をゆく~

 


今回の舞台は群馬県に位置する日本三大奇景に数えられる【妙義山】。

 

荒々しい岩肌が独特の存在感を放ち、絶景を堪能しながらサイクリングを楽しめるオススメコースです。

個人的に何度か訪れていますが、季節によって表情が変わるので四季折々の季節感を堪能する事ができます。

 

起点となるのは信越本線「松井田駅」で、群馬県道51号線沿いに走り妙義山を経由してゴールの「横川駅」を目指します。

余談ですが横川駅からは妙義山はもとより、サイクリングスポットとしても人気の碓氷峠、はたまた横川駅前の鉄道文化村といった見どころが豊富なエリアなので様々な楽しみ方がありますよ。

 

 

myougi1

 

良い感じのローカル感が漂う松井田駅

 

 

myougi2

 

松井田駅を下車すると既に妙義山の全貌が眺めるという贅沢なロケーション。

 

今回走るコースは妙義山まで10キロ弱の距離ですが、短い距離ながらロケーション的に「里山風景」から「絶景」まで見どころが凝縮されています。

 

寄り道を楽しみながら余裕を持って走ることが出来るので、写真を撮りながらサイクリングなんて良いかと思います。

 

 

 

myougi3

 

まず寄り道

 

 

myougi41

 

弊社ツーリングマイスターである環八店の肇さんもご満悦

 

 

myougi4

 

妙義山が近づいてくる迫力も素敵です

 

 

myougi5

 

里山感も満載!

 

 

myougi6

 

下仁田といえば立派に育つ下仁田ネギ

 

 

myougi8

 

市街地にはまず無いパンク誘発剤

 

 

といった感じで出だしから現地での旅気分を満喫しつつ、マイペースに自転車を走らせます。

 

訪れたタイミングでは良い感じに紅葉が見頃で、鮮やかに彩られた景色はまさに山に描かれたアート的な感じです。

 

 

myougi7

 

myougi10

 

myougi11

 

myougi9

 

紅葉に囲まれてのサイクリングは気分も高揚

 

 

妙義山の展望スペースまでは一気に登るので、そこそこの登坂はありますが途中の景色がチャラにしてくれます。

 

 何だかんだ木々に囲まれた緑道を走っているうちに・・・

 

 

myougi12

 

目前に突如として現れる妙義山

 

 

myougi21

まるで日本とは思えな存在感を放ちます

 

 

展望スペースとなる「妙義公園」では雄大な景色を見渡せるほか、飲食も可能なのでここらで一休み。

 

ここには「中之嶽神社」があり、高さ20メートルを誇る大黒様や、下仁田の名産である「こんにゃく」グルメも堪能できます。

 

 myougi17

 

myougi16

 

中之嶽神社にシンボルのごとく佇む

 

 

myougi42

 

あったかい味噌でんがくで心も身体もポカポカ

 

 

myougi15

 

妙義公園から望む景色では遠方の荒船山もバッチリ

 

 

基本的にカメラ片手にシャッターポイントが盛り沢山です。

 

皆それぞれのスタンスで妙義山を楽しんでおり、私も年配ご夫婦方の2ショット写真を何度カメラマンになったことか・・・そんな一期一会も旅の醍醐味です。

 

しばし妙義山での雰囲気を堪能したあとは、ここから横川駅までは基本下りとなります。

 

 

しかしながら下り道でも飽きさせない妙義山!

 

 

myougi33

 

妙義山をバックに走る姿は何とも画になるものです

 

 

myougi20

 

myougi22

 

myougi19

 

辿るルートによっても見方が違うので何処をとっても楽しめます

 

 

下りコースから眺める絶景も妙義山だけではありません

 

myougi25

 

myougi27

 

群馬県の市街地を望むワイドビュー

 

 

下り終えたあとは横川駅までの平坦な道のりをゆきますが、ここでも良い感じの長閑な風景。

 

里山暮らしというのも楽ではないかと思いますが、何処か憧れを抱いてしまう魅力があります。

 

 

myougi48

 

myougi40

 

 

素敵なサイクリングコースを楽しんだ後、お待ちかねのご当地グルメといえば・・・・・

 

 

myougi30

 

 

myougi31

 

峠の釜めし「おぎのや」 ちなみに東京駅等でも買えますが現地で食べるのが重要です

 

 

今回の旅はこれにて終了となりますが、旅の終わりにビールを片手に1日を振り返るのも良いものです。

 

「次はどこに行こうか」そんな想いを馳せながら帰りの電車に揺られ自分の生活圏に戻るのでした。

 

 

myougi43

 

 

 

 ちなみに本編を締めくくるにあたり下の写真の画像は旧碓氷峠を走るアプト式の車輪だそうです

※肇さん談

 


myougi47

 myougi46

 

 

■おまけ

 

myougi44

 

桜咲く春の妙義山も良し!

 

 

myougi45

 

チビッ子から電車好きまで楽しめる鉄道文化村も良し!

 

 

myougi49

 

静寂感漂う裏妙義を望む妙義湖も良し!

 

 

myougi32 

横川駅周辺ならどこでも買えそうな釜めし度合いも良し! 

 

 

それではまた次回!