【2018年モデル情報】上位機種のDNAを受け継ぐコストパフォーマンスに優れた新型エアロロード!! BIANCHI【ALIA】
by: 宮野 英樹

18aria top1

 

【2018年モデル】

上位機種のDNAを受け継ぐコストパフォーマンスに優れた新型エアロロード!!

BIANCHI「ARIA」

 


新型「OLTRE」シリーズの発表を皮切りに2018年モデルの動向に注目が集まるBIANCHI。

 

今回ミドルクラスに属するバイクの中で、全く新しいモデルとして登場したエアロロードバイク【ARIA】。

 

ビアンキが蓄積した空力技術を継承し、見た目にもインパクトのある【エアロ】を打ち出したバイクです。

 

上位モデルとの相違点は振動除去システム【CV/カウンターヴェイル】を採用していない点ですが、高いエアロ特性を備えながら価格が抑えられているのは魅力的です。

 

 

ビアンキのエアロ系モデルの中では非常にお求め易く、デザイン性の高いビアンキで華やかなエアロバイクデビューを飾るに相応しい1台です。

 

※尚シマノ「105」仕様に関しては通常仕様と同価格にて、DHバー搭載のトライアスロン仕様も展開されております。

 


 

18aria 10

 

 

デザインにはTTモデル「アクイラCV」で培われた技術が随所に取り入れられており、価格面を抑えつつも高い機能性を確保したエアロバイクとなっています。


 

18aria 8

 

高い空力特性を得るため、フロントフォークからダウンチューブにかけて一体感のあるデザインを採用。

 

ヘッドの下ワンは現在主流である1.5インチではなく敢えて1.4インチを選択し、前面投影面積を減らすことによりエアロ効果をさらに高めています。

併せてヘッドチューブのアングルを工夫する事でステアリングの安定感を確保。

 

 

ブレーキはあえて通常のキャリパータイプを使用する事で、汎用性の高さとコストとのバランスがとられています。


 

18aria 3

 

18aria 13

 

 

トップチューブに対し低めに設定されたシートステーは、エアロバイクとしてのトレンドを抑え空力に対するパフォーマンスに優れた形状です。

 

コンポーネントはSHIMANO「105」にてフル構成されており、ミドルグレードに相応しい安定感のあるスペック。


 

18aria 11

 

 

専用シートポストとフレーム内蔵式のシートクランプにより、トップチューブ上面をシンプルにする事で高いエアロ効果を生み出します。


 

18aria 1

 

 

ホイールには【VISION / TEAM 30 COMP】を搭載。

エアロ効果に優れオールラウンドなシーンでも活用できる、リムハイト/33ミリのセミエアロタイプです。


 

18aria

 

 

■2018 BIANCHI / ARIA 105仕様

 

入荷サイズ:47/50

販売価格:¥278,000+税(ロード/トライアスロン)

 


 

bianchi-funabashi

 

船橋店はBIANCHIを圧倒的な品揃えで展開中!!

 

トップモデルから入門モデルまで専門店ならではのラインナップ!