【GORE BIKE WEAR】あなたのウェアに防風機能をプラス
by: 三橋 一城

 

 

gore1

 

 

【GORE BIKE WEAR】

あなたのウェアに防風機能をプラス

 

 


 

最先端のマテリアルを用いて、 自転車に最適なウェアを作り続けている「GORE BIKE WERE」。自社開発の高機能素材「GORE-TEX」を用いたウェアなどはサイクルスポーツ以外の分野においても広く用いられ、高い評価を得ています。

 

 

今回ご紹介いたしますアイテムは、サイクルウェアにおいては「GORE-TEX」以上に使用される頻度の高い高機能素材「GORE WINDSTOPPER」を用いたインナーシャツになります。

 

 

「GORE WINDSTOPPER」は、その名の示す通り優れた「防風性」を備え、冷たい風や冷気による体温の低下を防ぎます。そしてもうひとつの優れた点は「透湿性」の高さです。汗による水蒸気を外に素早く放出し、蒸れによる汗冷えやオーバーヒートを最小限に止める機能を持ち合わせます。

 

 

極めて高い透湿性と完全防風を兼ね備えたメンブレン「GORE WINDSTOPPER」は冬のサイクルウェアに最適なファブリクスのひとつです。

 

 


 

 

gore2

 

 

前身頃から脇腹にかけて、肉が薄く冷えやすい肩甲骨から腕の外側まで「GORE WINDSTOPPER」は使用されています。乗車時に身体の前面になるこれらの部分からの寒風はシャットアウトされます。

 

 

GORE以外にもインナーシャツに防風素材を使用している商品はありますが、そのほとんどは前身頃のみの使用となっています。

 

 

他社製品よりも広面積で防風素材を使用しながらも価格を抑えられるのは素材を自社開発している「GORE BIKE WEAR」だからこそです。

 

 


 

 

gore3

 

 

肌側には非常に肌触りのよい保温性のあるポリプロピレン素材を使用し、優れた汗処理性能を発揮します。

 

 

前面からの風は防ぎつつメッシュ部分(背中、脇、腕の内側の防風素材の配置されていない箇所)より熱を逃がし、汗処理をより効率的に促します。

 

 


 

 

gore4

 

 

腕まで「GORE WINDSTOPPER」が使用されていますので、春や秋の肌寒さを感じ始めたときには半袖ジャージの下に着用して、長袖ジャージのように。

 

 

また、もう少し温度が下がったときには長袖ジャージと合わせて、通常のジャージに防風機能をプラス。防風ジャージのように使用していただけます。

 

 

もちろん、極寒期には低温度対応のジャージのアンダーとして使用していただけますので、スリーシーズン活躍できるアンダーウェアとなっています。

 

 


 

 

gore5

 

 

GORE BIKE WEAR / ベースレイヤー  WSシャツ ロング [COOL]

カラー:BLACK    サイズ:S , M , L

¥8,500 + tax

 

 

サイズ表記は海外サイズとなっておりますので、普段選ばれているシャツよりもワンサイズ下を目安に選んでいただくといいと思います。

 

 


 

 

軽量な生地を使用した[COOL]モデルの他に、起毛した生地によりさらに保温性の高めた[COLD]モデルもございます。

 

 

gore6

 

 

GORE BIKE WEAR / ベースレイヤー WSサーモシャツ ロング [COLD]

カラー:BLACK    サイズ:S , M , L

¥9,500 + tax

 


 

 

GOREからは他にも「GORE WINDSTOPPER」を使用したアイテムが数多く出ています。アームウォーマーやレッグウォーマー、グローブ、キャップ、ネックウォーマー、先日ブログでもご紹介いたしましたソックスなど。

 

 

GOREの高機能素材アイテムで冬のライドを楽しみましょう。