【2018年モデル】ハイエンドモデルの流れを汲む軽量アルミロード「EMONDA ALR 5」
by: 新里駿

 

1

 

 

【2018年モデル】

ハイエンドモデルの流れを汲む軽量アルミロード「EMONDA ALR 5」

 


 

軽量レースバイクの新たなベンチマークとして登場して以来その圧倒的な軽量性と優れた走行性能で高い人気を博し、今日ではTREKロードラインナップの中核を担うシリーズとなった「EMONDA」。

 

その名「EMONDA=削ぎ落とす」の意味の通り、一切の無駄が省かれたフレームはTREK史上最軽量と謳われるほど。

もちろん、そのアルミモデルである「EMONDA ALR」もその例外ではありません。

 

超軽量である上位カーボングレードのパフォーマンスをアルミフレームで実現するにあたり、メインフレームにはTREK全ラインナップ中最軽量を誇る「300 Series Alpha アルミニウム」を採用。

 

その軽量性が齎す軽快な乗り心地とアルミフレームならではの反応性や加速性に加えて、フロントフォークには上位モデル「EMONDA SL」シリーズの一部モデルでも採用されているカーボン素材をアッセンブルすることで優れた振動吸収性を実現しています。

 

メインコンポーネントや各パーツ類のグレードにより3つのモデルが展開されている同ラインナップですが、今回はそのセカンドグレードでありメインコンポーネントにリア11速のSHIMANO 105を搭載した「EMONDA ALR 5」をご紹介いたします。

 


 

3

 

TREK最高峰のアルミ素材「300 Series Alpha アルミニウム」を採用したメインフレーム。

 

主要部位の軽量性と適切な剛性を確保すべくハイドロフォーミング加工によって成形されたフレームは各サイズで専用設計となっており、TREKのこのバイクに対する強いこだわりを感じることが出来ます。

 

加えて「Invisible Weld Technology」と呼ばれる溶接技術によって各チューブにおける接合部の表面積を広げ耐久性や強度の向上を実現しており、同価格帯の他社バイクとは一線を画す美しい溶接跡をも同時に獲得しています。

 


 

7

 

上位モデル「EMONDA SL」シリーズの一部モデルと同様のカーボンフォークを採用。

 

振動吸収性は勿論のこと、上下異径であるテーパードコラムを採用することでより負荷のかかる下側の剛性を確保しており、安定感のあるハンドリングを実現しています。

 

またフォークコラム部分にはアルミ素材を採用。

耐久性の向上と共にコストの削減を成し遂げています。

 


 

4

 

6

 

5

 

メインコンポーネントにはリア11速を有するSHIMANO 105をアッセンブル。

 

徹底的な軽量化と高い走行性能を実現するため、ブレーキキャリパーやクランクセット、カタログスペックに掲載されないチェーンに至るまでを同グレードで統一しています。

 


 

9

 

8

 

ハンドルやステム、シートポストなどの各パーツ類には同社が世界に誇る総合パーツメーカー「BONTRAGER」製のパーツを採用。

 

ステム上にサイクルコンピューターやライトをスマートに取り付けることが出来る「BLENDR」ステムやチェーンステイ内部に埋め込むことが出来る「DUO TRAPスピードケイデンスセンサー」にも対応する等、「BONTRAGER」パーツを用いた同社ならではの拡張性の高さも非常に魅力的です。

 


 

■TREK/EMONDA ALR 5

 

 

2

 

カラー:MATTE METALLIC CHARCOAL/入荷サイズ:54

 

 

販売価格:¥166,000+TAX

 

※更にワイズポイントカード入会且つ現金でのお支払いで、

車体の3%4,980円分のポイントを進呈いたします。

(現金以外でのお支払いではポイントの付与はございません。)