【TOPEAK】リアライトをつける場所がない……。でしたらこんなの如何ですか?「AERO WEDGE iGLOW」
by: 新里駿

 

1

 

 

【TOPEAK】

リアライトをつける場所がない……。でしたらこんなの如何ですか?

「AERO WEDGE iGLOW」

 


 

道路交通法において義務付けられているバイク後方のリフレクターorリアライトですが、サドルバッグやフェンダーとの兼ね合いなどで最もスタンダードな取付け場所であるシートポストに付けることができず、取付位置に悩まれているユーザー様も多いのではないでしょうか。

 

最近では各ライトメーカーやサドルバッグメーカーなどからそういった対策が講じられた製品も多くラインナップされていますが、今回はその中でも一際異色を放つサドルバッグ「AERO WEDGE iGLOW」をご紹介させていただきます。

 

サドルバッグは勿論フロント&リアライトなど幅広い製品を手掛けるパーツブランド「TOPEAK」が展開する本製品。

 

最大の特徴はバッグ前面に配されたブランドロゴをクリックすることで、バッグ淵面2か所が赤色に点灯するという点にあります。

 

バッグ本体がリアライトの機能を兼ねていることでリアライトを別に用意する必要がなく、且つ携帯工具などのアイテムも通常商品と遜色なく持ち運ぶことができるという優れた製品となっています。

 

ファスナー部には止水加工が施されるなど、サドルバッグ本来の性能も高いという点も非常に魅力的。

 

冒頭で触れたお悩みを持つユーザー様には勿論、通常のリアライトの電池切れに対応する予備的な役割としてもおすすめです。

 


 

2

 

3

 

バック前面のブランドロゴをクリックすることで淵部分が2か所点灯する仕様。

 

点灯(約50時間)or点滅(約100時間)の切り替えも可能で、それぞれ電池切れをあまり気にせずお使いいただけるだけの点灯(点滅)時間を有しています。(因みに、電池はCR2032ボタン電池を2つ使用しています。)

 


 

4

 

5

 

サドルバッグ本体の固定はシートポストにベルクロストラップを巻き付ける&サドルレールにストラップを通すという同社他製品でもオーソドックスなもの。

 

つけ外しも簡単で、複数台バイクをお持ちのユーザー様でも共用でお使いいただけますよ。

 


 

6

 

ファスナー部には止水加工が施され、多少の雨風には対応が可能です。

 


 

7

 

例として私物の予備のチューブ、タイヤレバー、小型の携帯ポンプ、携帯工具を入れてみましたがしっかりと収納できました。

 

奥行きもある程度は御座いますので、上述のようなパンク修理に対応する用品類もまとめて持ち運ぶことができそうです。

 


 

■TOPEAK/AERO WEDGE iGROW MEDIUM

 

 8

 

 

・モード:点灯(約50時間)

    点滅(約100時間)

 

販売価格:¥4,600+TAX