【2019年モデル】 世界一早いロードバイク!? その名も『SYSTEM SIX』! CANNONDALE展示会レポート!
by: 中橋 知之

12

 

【2019年モデル】

世界一早いロードバイク!? その名も『SYSTEM SIX』! 

CANNONDALE展示会レポート!


  

8月2日、山梨県の富士山の麓で開催されたCANNONDALE 2019年モデル展示会に行ってまいりました。

 

なぜ、わざわざ山梨なのか・・・それは雄大な自然の中で新モデルの試乗が出来るからなのです!

 

今年はCANNONDALE初のエアロロードバイク【SYSTEM SIX】のプレゼンを受け、その後に実際に試乗もしてきました!

 


 

 

まずはやはり『SYSTEM SIX』。

 

昨今、ほとんどのメーカーがしのぎを削って開発に取り組み、主線としてきている【エアロロード】。

 

その中で頑なに?ラインナップさせてこなかったCANNONDALE。 その理由としては『重い』『加速が悪い』『コーナリングが悪い』と言った概念があったとのこと。

 

しかし世界で戦ってきているCANNONDALEも全く研究・開発に携わってこなかったわけではなかったようで、エアロロードのデメリットと思われる部分を解消し満を持して『世界一速いロードバイク~SYSTEM SIX~』を発表しました。

 

各ブランドよりも展開が遅かったので後出しジャンケン感はありますが、その優位性は他ブランドが誇るエアロロードの性能を大きく凌駕するものとなりました。


 

 

29

 

画像の見づらさはご容赦ください。

 

まずはこちら。 エアロロードのデメリットの1つとして考えられる重量についてです。

 

比較モデルは同社の軽量オールラウンドモデルSUPER SIX。 これと比べてもフレーム単体だけでは約200gほどしか変わりません。 


 

 

4

 

続きましてはデメリットと思われる2つ目の概念、登坂性能。

 

これも同社のSUPER SIXとの比較となりますが、斜度6%までの登りであれば【SYSTEM SIXの方が速い!】

 

*この時点では『あくまで理論上の話であってホンマに登るんすか~?』という気持ちでした。

 

20

 

ツール・ド・フランスでも登場するラルプデュエズのような距離の長いヒルクライムでもSUPER  SIXと比べて19秒のタイム差で駆け上がる事出来るとのこと!

 

22

 

リードを広げられた19秒は下りでのエアロ効果であっという間に取り返せる!という訳なんです。

 

下りで60㎞/hで走行した場合109wもパワーを温存出来る計算なので体力の温存も可能となります。

 

26

 

集団の中で48㎞/hのドラフティング走行の場合はSUPER SIXと比べ+20wも温存が可能に!

 

21

 

これは普通の人ならあまり関係ない(関係ないというより出来ないのではと・・・)結果ですが200mのスプリントで1000wで走った場合7.2mもの差が付くそうです!

 

27

 

ここまでは一般の方には少し現実離れしたような性能の話かもしれませんが、30㎞/h巡行のツーリングの場合では10%のパワーを抑えることができるため楽に、早く漕げるようになります。

 

28

 

シートポスト、フレーム、ハンドル、ステム、フォーク、ホイール、6つの専用設計から1台のバイクを作り出すという意味で作られた『SYSTEM SIX』。 後半はいよいよ実践です!


 

 

 

1

 

 

11

 

 

13

 

 

14

 

 

8

 

インプレ

 

インプレと言っても貧脚な上に日頃の運動不足による体重増加、体力減少という負のスパイラルに陥っているため、この素晴らしい車体の性能を引き出せた気はしませんが、参考になればと思います。

 

こんな時にしか乗れない!と選んだ車体はHi MOD ULTEGRA Di2。 サイズは54(身長175㎝)。

 

試乗コースは昨年も経験しましたが、5㎞登って5㎞下るという何とも言えないコース。

 

平坦部分は最初のちょこっとしかありません。  

 

漕ぎ出しは思ったより軽く、エアロの恩恵を受けていないゼロスタートでも軽い出足を感じました。

 

平坦はエアロの恩恵を感じるほどの距離がないまま登りに突入。 登りが苦手な私は楽に登れるかどうかだけ!

 

速く走ろうなんて考えは毛頭なく、楽にある程度付いていければ万々歳という気持ちで走り出しましたが、なんとかそれなりに走れてるぞ!と言った感じ。 自分の足にはフレームの剛性の高さで少し硬いという印象でしたがギアを軽くすればスイスイ進む感じがしました。

 

その前に乗ったSYNAPSEと比べて疲れ方は変わらないものの登坂時間は短くなっていたので、登りでも早いというのは本当みたいです。

 

下りはこの辺りではまずないようなロングな下り坂。 かなりのスピードで下って行きますが、ペダルを漕がずともエアロの恩恵でグイグイ加速します。 ステアリング周りもしっかりしているので速度ほど怖さも感じませんでした。

 

併せてDISCブレーキの制動性が安心感をもたらしてくれました。

 

平坦での巡行がどれほどなのかは分かりませんでしたが、意外性の登りと安定感のある下りはCANNONDALEがようやく出してきた理由が分かった気がしました。


 

 

思ったよりもSYSTEM SIXだけで長くなってしまったので、他の商品情報や試乗インプレなどは次のブログで書かせて頂こうと思います。

 

カタログや、ここではお話し出来ない情報、私以外のスタッフ体験談などご興味のある方はぜひ店頭にお越しください!