【2019年モデル】 ついにアルミもここまできた! カーボンに劣らない美しさと乗り心地! TREK『EMONDA ALR5』
by: 中橋 知之

 

3

 

【2019年モデル】

ついにアルミもここまできた! カーボンに劣らない美しさと乗り心地! 

TREK『EMONDA ALR5』


 

 

3つのタイプから成すTREKのロードバイク。 その中で『削ぎ落とす』という意味を持ち軽量オールラウンドモデルとしてTREKの中核を担っている『EMONDA』。

 

その名の通り無駄なものを一切省きTREK史上最軽量とも謳われるフレームは発売から多くのライダーを魅了してきました。

 

そのEMONDAの名を冠した『EMONDA ALR』も例外ではなく、カーボンのポテンシャルをアルミで如何に発揮するかを考え、最軽量である『300 Series Alpha アルミニウム』を採用。
 
その軽量性が齎す軽快な乗り心地とアルミフレームならではの反応性や加速性に加えて、フロントフォークには上位モデル「EMONDA SL」シリーズの一部モデルでも採用されているカーボン素材をアッセンブルすることで優れた振動吸収性を実現しています。

 

19年モデルではフレームデザインを一新しカーボンフレームと思わせるほどの美しい仕上がりとなり、その美しさを最大限に引き出すべくワイヤーをフレーム内蔵タイプに変更。

 

コンポーネントも信頼性の高いSHIMANO製New105をフルにアッセンブルし、そのパフォーマンスも最大限に活かせる仕様となっています。


 

 

5

 

 

10

 

 

6

 

TREK最高峰のアルミ素材「300 Series Alpha アルミニウム」を採用したメインフレーム。

 

主要部位の軽量性と適切な剛性を確保すべくハイドロフォーミング加工によって成形されたフレームは各サイズで専用設計となっており、TREKのこのバイクに対する強いこだわりを感じることが出来ます。

 

加えて「Invisible Weld Technology」と呼ばれる溶接技術によって各チューブにおける接合部の表面積を広げ耐久性や強度の向上を実現しており、同価格帯の他社バイクとは一線を画す美しい溶接跡をも同時に獲得しています。

 

各ワイヤーをフレーム内蔵にすることによってフレームの美観を上げ、ワイヤーの品質保持にも一役買っています。


 

 

4

 

ヘッド周りも一新され、ステアリング性能も高まり、安定したハンドリング性能を誇ります。


 

 

11

 

上位モデル「EMONDA SL」シリーズの一部モデルと同様のカーボンフォークを採用。

 

振動吸収性は勿論のこと、上下異径であるテーパードコラムを採用することでより負荷のかかる下側の剛性を確保しており、安定感のあるハンドリングを実現しています。

 

またフォークコラム部分にはアルミ素材を採用。

耐久性の向上と共にコストの削減を成し遂げています。


 

 

9

 

 

8

 

フロント、リア共にダイレクトマウントのキャリパーブレーキを採用。 

 

不要なパーツを減らすことで、ブレーキ性能を高められています。


 

 

2

 

ドライブトレインもSHIMANO製New105を採用し、レースからラングライドまで幅広く活躍してくれるでしょう。


 

 

1

 

■2019 

TREK / EMONDA ALR5

カラー:PURPLE FLIP  展開サイズ:47、50、52、54、56

販売価格:¥172,000+TAX

 

*現金でのお支払いの場合3%分¥5,160分のポイントが付与されます!


 

 

2018_9月ポスター_A1

 

各ブランド2019年最新モデル、続々入荷中!

各ブランドカタログもご用意しております!

 


 

作業予約制_チラシ

 

ワイズロード船橋店では
修理、点検等Y’s Techの作業は予約制とさせていただいております。
  
大変お手数ですが、事前にお電話でご来店日時をご指定いただいた上で、
お持ち込みいただきますようお願いいたします。
 
 
◆一般車の修理は承っておりません。
 
◆当店にて取り扱いのないメーカー車体に関しましては、
 作業をお断りさせていただく場合が御座います。