【GORE WEAR】話題の高機能素材SHAKEDRY使用のサイクルキャップ
by: 三橋 一城

 

goresdc_2

 

【GORE WEAR】話題の高機能素材SHAKEDRY採用のサイクルキャップ

 


 

「GORE WEAR」は、「GORE-TEX」や「WINDSTOPPER」といった今やスポーツウェアに欠かせない高機能素材を自社開発し、性能の高いサイクル・ランニングウェアを展開するブランドとして人気を集めています。

 

そんな「GORE WEAR」から今期リリースされたサイクルキャップは、新しい高機能素材「GORE-TEX® SHAKEDRY™ 」を採用。今までのサイクルキャップにない優れたパフォーマンスを発揮します。

 


 

 「GORE-TEX® SHAKEDRY™」

 

 

goresdc_1 

 

 

様々なスポーツウェアに採用され認知度の高い「GORE-TEX」素材、その特徴は防水性・透湿性・防風性を併せ持つことです。

 

ただし一概に「GORE-TEX」といっても、主にGORE-TEXメンブレンと生地との貼り合わせ方の違いによって、機能特性の違う4種類が大きく存在します。「SHAKEDRAY」はその中のひとつです。

 

今までの「GORE-TEX」が、表地、GORE-TEXメンブレン、裏地を組み合わせることで出来ていたのに対し、「GORE-TEX SHAKEDRY」は、生地の表面に直接 GORE-TEXメンブレン を貼り合わせています。

 

そのため、他の「GORE-TEX」に比べ丈夫さは劣るものの、とても薄く軽量であり、かつ今までのGORE-TEXプロダクトの中で、最も透湿性に優れた素材となっています。

 

もちろん「GORE-TEX」なので防水性もあり、水分は表面に貼られたGORE-TEXメンブレンによって弾かれ、すぐさま水滴となって流れ落ちます。そのため、生地が水分によって重くなったり、冷たくなって体温を奪うこともありません。

 

これらの特性をもつ「SHAKEDRY」は、サイクリングウェアに非常に適した素材と言えます。

 

 


 

 

goresdc_3

 

「GORE C5 GORE-TEX SHAKEDRY CAP」は、前述させていただきました「SHAKEDRY」を採用したサイクリングキャップです。

 

薄く軽量であるため、ヘルメットの下に被る際にも嵩張ることはなく、優れた透湿性によって頭部の蒸れを防ぎ、水分を表面で弾く防水性を発揮します。そのためヘルメット内環境を常に快適に保つことが出来ます。

 

また防風性は冬場のサイクリングにおいて寒風の侵入を防いでくれます。

 

機能性の高さもさることながら、GORE WEARらしくシンプルで上品なデザインもよいです。

 

 

goresdc_4

 

 ツバを上げての使用も可能です。

 

 


 

 goresdc_5

 

 

GORE WEAR / GORE C5 GORE-TEX SHAKEDRY CAP

 

 

¥5,700 + tax

 


 

 

bnr_2018fw

 

 

 wear10[1]

 

県下最大級の品揃えでお待ちしております。