【雨上がりの簡単メンテ!!】雨の日ライド後のあなたの愛車しっかりメンテしてますか?愛車を安全に長持ちさせる簡単メンテ方法をご紹介します★
by: 海子俊太郎

雨の日メンテPOP

 

雨上がりの簡単メンテナンス!!

雨の日ライド後のあなたの愛車しっかりメンテしてますか?

愛車を安全に長持ちさせる簡単メンテ方法をご紹介します★

 


 

 

ご覧いただきありがとうございます、船橋店のKAIKOです!!

最近「ワイズロード船橋店」がある千葉県や関東方面では突然の雨が多くなってきています。

 

皆さんも突然の雨に降られて大事な愛車が雨に濡れてしまった、、、なんて経験一度はありますよね?

 

その『雨水で濡れた』愛車放っておくと….

車体の『錆』『動作不良』など思わぬ故障の原因となってしまいます。

 

雨の後他のサイクリスト達はどうしてるの?って気になるとこですよね?

今回はそんな『雨上がり後の簡単メンテナンス』をご紹介いたします!!

 


 

1.雨上がり後の自転車を見てみよう

 

IMG_1636

 

全体の画像だけでは汚れている度合いがわかりませんが、雨の日は路面に溜まっている泥や油分を含んだ汚泥などが

路面表面に浮き出てきてしまいます。

それをタイヤが巻き上げてしまい大きな汚れとなってしまいます。

 

雨天走行後はしっかりとバイクを点検して汚れた箇所を把握しておきましょう。

 

IMG_1637

 

 

走行中に常に可動している部分の近くは特に汚れが目立ちます。

 

IMG_1638

 

IMG_1639

 

 

IMG_1643

 

 

フロントディレーラーに砂や泥汚れがこんなに、、、。

 

 

IMG_1640

フロントフォーク周辺です。

 

IMG_1644

 

当たり前ですが、チェーンも真っ黒です。

 

IMG_1641

 

 

雨の日にブレーキの制動力が落ちてしまう原因はコレです。

銀色の『リム』と『ブレーキシュー』の間に『雨水』が入り制動力を落としてしまうのです。

 

写真に見れる膜状の汚れは路面の汚れとブレーキシューが溶け出した物です。

 

IMG_1645

 

 

以外に見落としがちな『タイヤ』!!

 

前途にも書いた通り雨のせいで普段は表面に出てこない小石や鋭利な異物が路面に出てきています。

 

刺さらずとも写真のように『パンクまでの待機状態』となってしまっていることがあります。

 


 

 2.用意するもの

 

説明をする前に大前提として一つ念頭に置いといてもらいたいことがあります。

 

雨上がり後は「すぐにメンテナンス」を施した方が良いです。

 

上記の写真は「すぐに」の状態ではありません。

「すぐに」をオススメする理由として汚れが『固着するか?しないか?』があります。

 

雨上がり後すぐ車体が乾いていない状態であればパーツクリーナーや拭き上げで比較的簡単に汚れが落ちます。

しかし一度乾いてしまうと「汚れの固着」が始まり、ケミカルを余計に消費する結果となってしまいます。

 

IMG_1646

 

 

吸水性の良いウェスを用意しましょう、車用などでも大丈夫です。

タオル等糸が毛羽立ってしまうものは、各種パーツに絡まる可能性があります。

 

IMG_1648

 

ワコーズ

チェーンクリーナー

1,500円(税抜)

 

IMG_1647

 

ワコーズ

チェーンルブ

1,600円(税抜)

 

IMG_1649

 

 ワコーズ

フォーミングマルチクリーナー

1,000円(税抜)

 


 

 

3、いざメンテ!!

 

今回の趣旨はあくまでも「雨上がりの簡単メンテ」です。

なるべく短時間でササッと済ませましょう。

 

IMG_1637

 

IMG_1639

ウェスで各部の水分と汚れをしっかりと拭き取りましょう!!

ボディから始めコンポの順で上から下へササッと拭きます。

 

ここでワンポイント★

見えるところだけでは無く車体の裏側も全体的に綺麗にしましょう。

裏側の方が汚れが凄いです。

 

乾いてしまった場合はフォーミングマルチクリーナーを散布して綺麗にしましょう。

 

IMG_1655

 

 

 

IMG_1657

 

この通りピカピカです。

 


 

 

IMG_1642

 

どろどろに汚れたホイールのリムもまだ乾いてなければ拭きあげて、

写真のよう乾いていればフォーミングマルチクリーナーで綺麗にしましょう。

 

IMG_1660

 

 

ここでワンポイント★

前後の『ブレーキシュー』もしっかりと掃除してあげてください。

いくらリムが綺麗でもシューが汚れているとまだ汚れてしまいますし、

異音や制動力の低下に繋がってしまいます。

 


 

 

IMG_1645

 

タイヤもしっかりと拭きあげて、異物などが刺さってないかも合わせてチェックしましょう!!

 

IMG_1661

 

うん、綺麗になりました!!

 


 

 

IMG_1643

 

IMG_1644

 

最後に油汚れの強い駆動パーツ周辺です。

時間が無ければとりあえず拭くだけでも何もしないよりマシですが、、、

パーツクリーナーを使用して内部までしっかりと汚れを落としましょう。

 

拭く=表面の汚れを取るだけなのでパーツクリーナーの使用をオススメします。

最後にチェーンルブで新たに油を吹いてあげましょう。

 

ワコーズのチェーンルブは『水置換性』なのでチェーンやデイレーラーに水が残ってても弾きだしてくれる性質を持っています。

しかも!!!!

粘性が高く雨には強い仕様となっていますので尚のことオススメですよ!!

 

IMG_1658

 

IMG_1659

 

 

クリーナを吹く

ブラシでゴシゴシする

再度クリーナーを吹く

ウェスで拭きあげる

でここまで綺麗になりました。

 


 

 

■番外編

 

多少の雨であれば問題ありませんが

豪雨の中長時間走った場合などはフレームに水が混入している可能性が高いので

下の写真のように水抜きしてあげましょう。

 

水抜きをしないとクランクを差し込んでいるBB付近に水が溜まり錆や動作不良が起こる可能性が高まります。

ピラーの差込口にウェスを置いておけば床を濡らさずにすみます。

 

車種によってBB裏に水抜き穴があるのですが、僕はこの方法をオススメします。

水溜まりを分散させるという意味では昔からこの方法が一番です。

 

 

IMG_1652

 

 

IMG_1650

 

 

ピラーを抜く際はご覧の通りテープを巻いとけば再度入れる際も迷わずにすみますね。

ついでにピラーも掃除してグリスも塗り直せばグッドです!!

 

IMG_1651

 

締め付けの際は指定トルクを守りましょう。

適当にやるとボルトが折れたりロクな事になりませんので気を付けてくださいね。

 


 

 いかがでしたでしょうか?

ブログで書くと長く感じますが、実際に作業すればそこまで時間は必要ではありません。

 

フレーム材質によってまちまちですがクロモリ、アルミ、カーボンの順で錆や痛みなどが発生しやすいので

ご自分のバイクが当てはまるようであれば雨の日のライドのあとは是非実践してみてください。

 

めんどくさいとか色々あるかもしれませんが万が一の際はお客様の一生を棒に振ってしまう大事故に繋がりかねません。

常日頃より大切な愛車のメンテナンスは気にかけておきましょう!!

 

乗るだけではないのがスポーツバイクの特徴でもあります!!

それでは素敵なサイクルライフを!!

 

★★★KAIKOでした★★★

 


 

 

 

超_初心者講習会

 

 

 

そんなKAIKOが初心者様に向けて素敵なサイクルライフをご案内いたします、

『超初心者講習会』今週日曜日4/14に開催予定でございます!!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはコチラ↓↓↓↓↓↓↓

 ★クリック★

 

皆様のご参加お待ちしております!!

滅多にないこの機会に是非奮ってご応募ください!!

 

ご予約・お問い合わせは

047-402-6681

ワイズロード船橋店 担当:海子・中橋まで