【レースレポ】第7回もてぎエンデューロ・春【4時間ソロ】
by: 村松 太陽

 190427motegi1

 

 

 

【レースレポ】第7回もてぎエンデューロ・春【4時間ソロ】


 

「第7回もてぎエンデューロ7時間・春」に参加してきました。春に参加は久しぶり?な感じです。

 

参加カテゴリは4時間ソロ、前レースの実業団・修禅寺後少し練習量増やしていましたが、4月入ってさぼり続けたので、長めの時間かつ高強度も混ぜての練習と割り切って参加です。

 

もてぎツインリンクを使ったコースは、自動車などのレースとは逆回りに走ります。スタートしてわりとすぐに始まる距離は短いがそこそこ勾配のある直登区間は元気なうちはガンガン走れるものの周回を重ねるごとに脚に来ます。

また下り終わってからのホームストレートまでの平坦区間は、風向きによっては長い時間向かい風の中を走ることになり脚を削られます。

サーキットなので路面はきれいで、コース幅もより広いので大人数で速度差があっても走りやすいコースですが、頑張れば頑張るほど厳しくなるコースでもあります。


 

190427motegi2

 

 当日明朝は結構な土砂降り、雨天走行かなぁと思いつつ現地到着。小雨になっており一安心、しかし気温が低くて寒い。受付して試走はスキップして一休み。バイクはいつも通りBHのULTRALIGHT EVOで参加。

 

天気は回復傾向で日差しも見えるものの気温は相変わらず上がりきらず、スタートオイルは持ってきたもののウォーマーは忘れてきていて下りがちょっと冷えるが、走り始めてしまえばついてく行くのに精いっぱいで温かくなるだろうと半袖半パンで行くことに。

 

全然走ってないということで120km以上走行という弱気目標。先頭集団からも早めに落ちてペース維持で行こうかなぁと漠然と考えながらスタート位置へ。

 

ちなみに、雨は4時間の部では降りませんでしたが、雨天でも気にすることなく走れるディスクブレーキのロードがたくさんいらっしゃいました。デメリットも減って普通におすすめですが、雨の中の走行という状況では安心感が段違いですので特にそういう状況で走ることが多い、あるいはイベント参加よくする方にはよりオススメですね。急な雨にも安心!

個人的には電動+油圧ディスクブレーキがおすすめ!シフトもブレーキも楽に!

 

 

【レースレポ】*特に内容はないです。パワーデータを下方に掲載。

 

この日はレースが重なっていて、しかも実業団レースとも重なっていたのでプロ選手が列車を組んでの先導はなし。ということで定時通りスタートした集団は緩めなペースで周回をこなしていく。

 

早めに先頭集団から落ちようかと考えていましたが、ペースが緩めなので1時間は頑張ることに変更。途中で7時間エントリーの上野アサゾー店佐野さんを同じ集団に発見、少し話してもうすぐ千切れますといったすぐ後、1時間ちょいたった10周目に先頭集団からドロップ。すでに脚がやや攣り傾向・・・

 

最初の1時間はだいたい7分程で周回、以降3時間くらいまでは列車を乗り継ぎながら8~9分で周回。曇り空になり時折ぱらぱらと雨粒が降るようになった3時間以降は9~10分程で周回、パワーも出せなくなり体温が上がらなくなってどうしても我慢できずトイレ休憩を1回いれてしまいました。

 

恐らく最終周回になるであろう周回の登りで集団に追い抜かれた際、再度佐野さんと合流。佐野さんは7時間でまだまだ走るので下りに入ってから前の列車目指して1本引き。とはいってもすでに脹脛3回ほど、太ももの内転筋1回攣りかけた抜け殻な脚なので、下りきってからの1本目のストレート(向かい風)で5度めの脚攣りで終了。近づいた前の列車に追いついてたので少しは役にたったと自己満足。

 

結果 29周回 4時間総合159位 ロードソロ112位(年代別13位) AvS:33.79km

 

以下GARMIN計測によるデータ。

ラップ数-ラップタイム-NP-AvPW  

1.   7:48    241  193
2.  7:06    232 191
3.  7:01     248 195
4.  7:08    227191
5.  7:00    239 192
6.  7:05    237  194
7.  6:57    233 200
8.  7:06    241 192
9.  7:00    242  197
10. 8:26   203  182
11. 8:20   197 169
12. 8:24   208 180
13. 8:37   210 190
14. 8:38   211 200
15. 8:02   197 174
16. 8:12   210 185
17. 9:03   171 147
18. 9:04   170 143
19. 8:11    188 139
20. 8:04   184 160
21. 9:57    143 127
22. 9:53   150 127
23. 9:57   148 127
24. 12:07  136 107
25. 9:34   156 137
26. 8:59   162 141
27. 9:19   160 142
28. 10:42 148 123
29. 9:13   192 173 

合計 タイム4:06:55  NP.200w AvPW.163w

 

先頭集団のっていた1時間は高いパワー(当社比)をだしていて、その後はペースが落ちながらも列車に乗ってローテーションとかして頑張っていたのである程度の数値をキープ、最後の1時間程は力つきかけで一気にパワーが落ちてしまっている。まぁ1時間以上の練習をほぼしてないと考えると妥当な数値が出てきている感じです。(もっと乗れよ~・・・)

 

もてぎツインリンクのコースは、高めの巡航能力が問われるかとおもいます。登りは勾配がややきついですが短いのでヒルクライム程高い登坂力は不要で、むしろ登り後から下りへ集団が伸びていった際や下りきった後の平坦部分での風による分断などに対応出来る力の方が必要性は高いと思います。もちろんある程度登れないと私みたいに脚削られてついていけなくなってしまいますが、ベースをきちんと作った上で多少登りの練習してれば全然いけるかと思います。(いけない人間が言っても説得力ないですが)

 

パワー計があると具体的な数値として振り返れて、具体的な数値を目標に練習が建てられるので効率的です。データが多くなればなるほど精度が上がり調子の良しあしなどの自分の状態を把握しやすくなります。なのでちょっとお高いパーツですが、速く走る、楽に走る為の長期的な投資としては逆に安いのでは?と考えています。

 

 次のレースはヒルクライムな予定!?ダイエットがもてぎまでにある程度進んでいるはずだったのだが、おかしいな?減ってないぞ。激坂レース乞うご期待!(撃沈的な意味で)