facebook 旧ブログサイトはこちら

【お客様の愛車紹介】 cervelo P3 タイムトライアルバイク
by: admin

こんにちは。二子玉川店手柴です。

 

この度は S様より P3のフレームセットからバラ完をオーダー頂きました。

 

トライアスロンではなく、タイムトライアル。

 

ツールドフランスでも 織り込まれている アレ です。

 

Cervelo P3

 

img_1473

 

ロードレースでもトライアスロンでも超有力ブランドのcervelo

 

フラッグシップではありませんが、

P3は 整備性の高さとポジションの自由度の高さ目立つ1台です。

 

今回はアルテグラDi2とデュラエースのミックスで組みました。

 

9000系 Dura Ace 漢の55-42T!!

 img_1436

チェーンラインを考えて55Tを採択!

チェーンラインが真っすぐが一番抵抗が少ないですからね。

 

9000系Dura Ace のブレーキ

img_1437

最近のTTバイクでは珍しい普通のキャリパーブレーキ。

 

シフター関係もDura Ace Di2

img_1438

DHバーの先端はアルテグラとデュラエースで変速方法が異なりますので 使い易さ重視。

 

ハンドル周りは定番のPROFILE DESIGN

T2+はDHバーの前後位置や、パッドの位置など自由度が高いのが魅力です。

 

各種ディレイラ―はアルテグラで

 

P3 は バッテリー外装フレーム。ステム一体型でなかったりと・・・

 

いわゆる専用パーツなどがほとんどない。

 

副店長桂川のP3も・・・

 

img_1469

img_1470 

うん。バッテリー外装・・・ 

 

しか~し!

諦めたらそこで試合終了です!

 

img_1440

無い!!! 

 

img_1471

 

シートポストにギリッギリバッテリーが入りましたので、DIYしてポスト内部に固定!!

 

バッテリーがシートチューブに落ちないとは 言い切れないことをご了承頂いて、内蔵に成功!

シートポストの中でガッツリ固定されております。

 

img_1439

ホイールはReynoldsのディスクホイール

これディスクでは珍しいカーボンクリンチャーです!!

フロントはロードでご使用のBORA 50 のクリンチャー。

 

前後共にクリンチャーにすることで、転がり抵抗の低下を狙いました。

チューブラーよりもクリンチャーの方が 抵抗が少ないですからね。

 

春から実業団レースなどの個人TTに使用されるとのこと

オフシーズンの今 ポジションなどを煮詰めつつ、TTバイクに慣れる。

早めに対策を開始して ライバルに差をつけて 欲しいですね。

 

S様 この度はご注文ありがとうございました。

 

2016/12/12

手柴 憲人

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。