facebook 旧ブログサイトはこちら

【パワーメーター】レースでのパワーを解析、NPついて考える
by: 海老名 歩

二子玉川店スタッフ海老名です

 

年越してしまいましたが2016年12月25日

 

味の素スタジアムで行われた東京ワンダーレースに参戦してまいりました

 

カテゴリーはクリテリウムチャレンジのエキスパート

 

当日は冬らしくいい天気でレース日和

 

沢山のライダーの方が集まっていました

 

レースはヘアピンカーブやクランクを含み

 

味の素スタジアムの周りを周回するコース

 

エキスパートは22週

 

結果から言いますと39人出走で12位

 

完走率は半分くらい

 

久々にレースを途中でやめたくなるくらいキツかったです

 

そして残念なことにGPSがうまく作動せず

 

ラップがバラバラですが

 

レースの展開は何とか解析できそうなので

 

パワーメーター初心者ながらちょっとそれらしいことをしてみようというところ

 

161225%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

 

グラフの赤い線を見ていただくと波が沢山上下してます

 

今回はレースではコーナーからのインターバルがかなりきついレースであったため

 

NPが高いレースになりました

 

NPとはNormalized Power、標準化パワーとも呼ばれています

 

NPは規格化したパワーのことで平均パワーとはまた別物です

 

 

集団でレースを走るうえでずっと同じ出力で走ることはほぼ不可能です

 

アタックの掛け合いや、コーナーの立ち上がりでインターバルが掛かったりと

 

一時的にパワーが上がったり下がったり波が激しくなります

 

この波が激しいとNPは高くなり疲労も溜まりやすくなります

 

分かりやすく例えると、平均パワー300wで10分走るとします

 

10分間300w同じ出力で走るのと

 

10分間100wと500w1分ずつ交互走るのとでは

 

平均パワーはあくまで平均なので数値上では前者も後者も同じ

 

 

しかし同じ平均パワーでも後者の方が

 

パワーの波が多く、体力の消耗の度合いも高いです

 

ちなみに1分500wってかなりキツイです(笑)

 

レースを走るうえで出来るだけNPを抑える

 

平均パワーに近づけることが出来れば

 

後半にも体力を出来る限り消耗せずに展開することが出来ます(理論上では)

 

※NPはパワーの波がある以上、平均パワーより数値は高く出ます

(NP平均パワーより下回ることはありません)

 

しかしコーナー後や、アタックのインターバルがある以上

 

レースではNPは練習よりも高くなるのは当前です

 

レース中いかに楽して上位を目指すか

 

そこで位置取り、コーナリング技術などの技術が大切になってくるのです

 

技術面でうまくなれば無駄なパワーを最小限に抑えることも可能になってきます

 

 

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%ba%8f%e7%9b%a4

 

レース序盤距離が短いために最初の強度は高め

 

人数を絞るためにハイペースな展開

 

インターバルが掛かりまくり一番キツイところです

 

平均パワーよりNPの方がかなり高く出ています

 

 

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e4%b8%ad%e7%9b%a4

 

中盤はある程度人数も絞られてきたので

 

少し落ち着きますがクリテリウム特有のスピード感はある展開

 

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

終盤は皆スプリントで脚を溜めているのかゴール前までは意外と緩やか

 

最後の位置取りとスプリントがあったためNPは平均パワーと比べると高めです

 

 

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%85%a8%e4%bd%93

 

レース全体だとこのようなデータが

 

パワーだけで見るとこのような見解ですが

 

実際自分がどのように走ったか考えると

 

序盤のコーナーでインターバルが掛かった時に

 

少し前の選手との間を開け過ぎたことにより

 

無駄に長い時間高出力がかかっていたな

 

などと分析することが出来ます

 

161225%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

 

今一度考えてグラフを見てみると

 

中盤に差し掛かるところでは結構前の方で展開しており

 

結構頑張って集団を引っ張っていた時がありました

 

前に出たときも何も策が無ければ

 

無理に前を引かなくてもよかったかなと思いました

 

結果最後は疲れて前の方で展開できませんでしたので

 

反省点としてはコーナーの技術、無駄なパワーの出し過ぎ

 

もっと省エネで走れるように頑張ります

 

2017/01/11 海老名 歩

 

Y’sROAD 二子玉川店トライアスロン担当

prof01

海老名 歩

主な戦績

【トライアスロン】

手賀沼トライアスロン 2013年 総合1位

ケンズカップ昭和記念公園大会 2013、2014年 総合1位、2015年 総合3位

佐渡国際トライアスロン Bタイプ 2014年 総合3位、2015年総合9位

佐渡国際トライアスロン Aタイプ 2016年 総合33位

世界ロングディスタンストライアスロン選手権スウェーデン大会 2015年出場

はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン 2016年総合14位

 

【デュアスロン】

カーフマン南関東ステージ 2014、2016年 エイジ1位、2015年 エイジ2位

 

【ロードレース】

JBCF宇都宮クリテリウム 2016年E3カテゴリー2位

JBCF南紀白浜TT 2016年E2カテゴリー1位

JBCF湾岸クリテリウム 2016年E1カテゴリー2位

 

 

二子玉川店実走派スタッフとして在籍中

水泳部出身のトライアスリート

最近はJBCFの実業団ロードレースに挑戦中です

まだまだ勉強不足ですがレースのことでしたらおまかせください

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら