facebook 旧ブログサイトはこちら

【BROMPTON】ロンドンBWC、いってらっしゃい
by: 長山 靖

DSCF1180

 

 

んにちは。二子玉川店BROMPTON乗りの長山です。

 

 

 

今年4月のBROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP JAPAN

女子の部にて、見事優勝されたK様。

7月末のロンドン世界大会に招待されたことから、

愛車のS6Lを仕様変更することになりました。

 

 

ど平坦なロンドンの大会では、2速仕様で軽量化&高速ギアが

常勝装備だそうですが、K様は、普段は堅牢なS6L標準仕様がお気に入り。

2速&高速ギア仕様は今回だけの特別、ということで、

カスタムはお金を掛け過ぎず最小限に止める、

という結論になりました。

 

 

 

IMG_1640

 

純正の2速ホイール。

内装ギアが無く、回転が軽い&重量が軽い。

 

 

IMG_1639

 

純正でも、さりげなく段付きスポークで軽量化

という拘り仕様。

 

 

 

 

IMG_1641

 

BAZOOKAのチェーンリングwithチェーンガード。

予算を抑えるため、クランクは純正のまま。

 

 

 

IMG_1642

 

歯とチェーンガードが一体構造でしっかりしています。

 

 

IMG_1643

 

歯数は60T、リアは12×16T。

ギア比を吟味の末にたどり着いた結論です。

ちなみに昨年の男子BWCチャンピオンは、このギア比だったとか。

 

ギア比をいろいろ調べていくと、純正の6速、3速、2速モデルが

それぞれなかなか良いギア比をカバーしていることが判ります。

 

 

 

IMG_1644

 

60Tで大径化すると、BB軸長を少し変えないと畳んだ時に

チェーンステーにリングが干渉するため、BB変更。

変更ついでに、ほどほど価格ながら物がしっかりしている

TANGEのBBへグレードアップ、下拵えして組込。

 

 

 

DSCF1181

 

で、完成!

予算はおおよそ5万円強でした。

ペダルは、直前にご自身でビンディングに交換される予定。

 

ちなみに泥除は、K様のご希望でフロントのみ外しました。

レースなら、前後外しをオススメするところですが、訳あって。

 

どうやら現地での大会前日、良い道のサイクリングイベントが

控えているのだそうです。

その「良い道」、雰囲気は良いそうですが、

馬糞が落ちているらしく、ぐちゃぐちゃになりたくない、

という考えでの選択でした。

まあ、その方がBROMPTONらしさが残るでしょうか。

 

自転車は、スペックも重要ですが、最後の所は心で走るものと思っております。

K様が、後泥除は残すと決断され、それで少しでも心が落ち着くなら、

それを尊重すべきと思いました。

 

 

 

 

 

DSCF1182

 

作業場で記念撮影していたら、すぐ傍にいた

サンデーライド長老S様のBROMPTON号が声をかけてきました。

 

S様は、K様の2速化に刺激を受け、同じく6速→2速化をご希望、

ちょうどその作業を終えた直後で、作業場に控えていたのでした。

(※この時いたのはS様のBROMPTON号で、S様ではありません)

 

  

 

DSCF1183

 

「おう、調子はどうだい」

「頑張ってきますー」

「まあ、楽しんできなよ」

「なるようになるでしょう」

 

そんな会話が聞こえてきた気がしました。

 

BROMPTON同士の会話が始まったら、

 

DSCF1184

 

私のBROMPTON号もやってきました。

 

「いよいよですねぇ。健闘を祈ります」

「ありがとうございますー。突っ走ってきます」

「しかしロンドンに里帰りですか~、ワタシも数年前に里帰りしましたよ」

 

実は、私はロンドンに行ったことないのですが、私のBROMPTON号は、

一度ロンドンに里帰りしています。

現・船橋店の宮野店長がBROMPTON工場見学出張に行く際、

私のBROMPTONを現地の足として貸し出したことがあるのです。

(当時、宮野店長はまだBROMPTONを所有していなかった)

 

「里帰り、楽しんで来ますねー」

「ロンドンの薫りを纏って、土産として分けてくださいな」

「ロンドンを駆け抜けて、風をたっぷり身に浴びて来ますー」

 

 

 

DSCF1186

 

そんな風にBROMPTON同士で盛り上がっていると、

更にもう一台BROMPTON登場。写真奥の緑号です。

先日の富士五胡サンデーライドでK様と共に走った

御殿場のS様がオーナー。

(ライド時S様が乗られていたのは、別の自転車でしたが)

このS様BROMPTON号は、点検と、

ワイヤーケーブル交換を承り、ちょうどお預かりしていたのでした。

 

「こないだのサンデーライド、良い走りっぷりだったそうですねえ」

「いやー、それほどでもー」

「またまたご謙遜を。主から、いろいろ話は伺っていますよ」

「単にマイペースなだけですよー」

 

 

DSCF1187

 

ロンドン大会招待のプレートを囲んで、BROMPTON同士、

わいわいガヤガヤ!!

こうして、奇遇にもBROMPTON4台が集い、

自転車の壮行会が実現しました!!

いったい、どんな会話で盛り上がっていたのでしょうか。

 

こないだの富士サンデーライドがK様にとっての壮行会

のようになりましたので、これで人車共々、壮行会が叶いました!

 

 

DSCF1176

 

日本代表のプレッシャーもあるかと思いますが、

ロンドンを招待で走れるだけでも愉快痛快。

アイアンマン仕込みの健脚と、いつもの自然体で楽しんで来て下さいね。

サンデーライドメンバーとBROMPTON号、スタッフ一同、

土産話を楽しみにしております。

K様、ブロくん、いってらっしゃーい!!

 

 

 

 

 

 

〇〇 BROMPTONとは 〇〇

IMG_3964

 

英国発の可愛い折り畳み自転車です。

簡単な手順で折り畳むことが出来、畳むと

大型コインロッカーに収まるほどコンパクトになります。

ご自宅や職場での収納を始め、鉄道や車への積載も容易です。

折り畳み自転車は耐久性が心配されがちですが、ロンドンの工場で

一台一台こだわって製造される車体は精度が高く耐久性に優れ、

走りの安定感にも繋がっています。

 

IMG_3963

ワンタッチで着脱出来る専用のフロントバッグやバスケットが豊富に用意され、

荷物の積載にも対応。積載時の安定性は折り畳み自転車の中でも群を抜きます。

街乗り、通勤、散歩といった日常使いから、

少し距離を伸ばすサイクリング、古都巡りなど小さな旅まで、

BROMPTONで素敵なサイクルライフを描いてみませんか?

 

 

BROMPTONの魅力 関連記事

 

折り畳み簡単 ほぼ片手でも  酷使して丸10年、まだまだ元気

後輪 9年2か月でやっと(?)初パンク  ○BROMPTON × 鉄道の旅のススメ

BROMPTON登坂列伝  ○BROMPTONで良いとこ取り

BROMPTONは練習マシン!?  ○続 BROMPTONは練習マシン!?

BROMPTON 健脚な方にもオススメ ○BROMPTONパンク発生率 私の場合

 

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら