facebook 旧ブログサイトはこちら

【社員試乗会】試乗レポート RENEGADE EXPAT編
by: 長山 靖

DSCF4849 

 

こんにちは。二子玉川店の長山です。

 

 

 

10月17日(火)、ワイズロード社員試乗会に行って参りました。

 

 

2F2A8946

 

二子玉川店は玉川高島屋インショップの為

お店を休みにするわけには行かず、第一回開催に参加したっきり

ずっとお店でお留守番でした。

数年ぶりの今回は雨でしたが、久しぶりの参加で楽しく楽しく!!

試乗させて頂きましたので、レポート致します。

 

 

 

今回はJAMISのグラベルロード RENEGADE EXPATについて書きます。

 

 

 

DSCF4851

 

RENEGADE EXPAT

145,000円(税抜)

 

 

二子玉川店の久保田さんイチオシモデル、RENEGADE!!

その中の、鉄フレームモデルがEXPATです。

当店で試乗車をご用意しながら、なかなかしっかり乗る機会に恵まれず、

今回、思いっきり乗ることが出来ました。

 

 

乗ってみて思ったのは、昔ながらのツーリング車(ランドナー)

に、かなり近いフィーリングだということ。

思えばグラベルロードも、競技用というよりは

いろんな道を走破して冒険したい、という旅ベクトルな車種。

フィーリングが近いのも頷けます。

 

まず、どっしりとした安定感があります。

旅目的であれば、異郷の景色を、走りながら

ボーっと眺めることもしばしば。

そんな時、安心して身を託せる安定感があります。

 

ハンドル位置が高めな設計で、姿勢が起き気味になり、

景色が自然と視界に入って来るのも相乗効果。

 

「どっしり」という安定感は、設計もあるでしょうが、

グラベルロードゆえの頑丈さからも来ています。

純正700×36Cのタイヤは、ちょっとやそっとの路面の荒れであれば、

ドドドッと勢いでクリアしてくれて、頼もしさがあります。

 

 

 IMG_1009

 

センターリッジタイプで、走行時の抵抗は少なめに抑えられています。

ブロックタイヤ特有のツブツブした乗り心地や

ゴォォォ~という走行音は感じられませんでした。

舗装路でアプローチしてオフロードも楽しむ、といった、

オンとオフ両方が混ざったツーリングコースでは、

グッドバランスですね。

 

※これと同じタイヤは現状で国内の扱い無し。

他にも色々と選択肢はありますので、いじる楽しみがあります。

40C程度の幅まで装着出来るので、変化が面白い!

 

 

 

ロードバイクよりは、加速や、高速(時速30km~)での

伸びはもたつく感じ、登坂も、ややずっしり。

ですが、軽さの頂点であるロードと比べるのが、そもそも筋違い。

軽量ランニングシューズとハイキングシューズを、

軽さだけで比較するようなものではないでしょうか。

ハイキングシューズのごつさは、山道で頼もしいですね。

グラベルの重さも正にそれ。「頼もしさ」です。

ちゃんと、それぞれの持ち味があります。

 

中には、その重さが活きるシーンもあります。

それは、時速20km弱~20km台半ば位の、

ニコニコサイクリングペースにおいて。

このスピード域では、重さが勢いとなって、ゴーッと転がってくれます。

 

 IMG_1008

 

チョン、チョン、とペダルを踏んで勢いを付けたら、

脚を止めて、惰性でゴーッ。

このクルーズ感が実に心地良い!

漕ぐことから意識を解放することが出来、自然と、

風景観賞に意識が行くようになります。

 

 

 

 

DSCF4884

 

お客様M様は、長距離イベントのブルベに、この

RENEGADE EXPATを投入されました。

長丁場で夜通し走ることもあるブルベ、ボーッと意識が飛びそうな時、

この安定感と惰性が、助けてくれるのではないでしょうか。

唯一、登坂は、頑張るしかない気はしますが・・・。

 

 

私も似たような性格のランドナーで250km位走ったことがありますが、

のんびりペースを「だらだら、ひたすら継続する」のが、楽でした。

因果関係は不明ですが、そのライド後、一週間くらい

当時抱えていた腰痛が不思議と和らいだのを覚えています。

鉄フレームのしなりある乗り心地と、

程よい強度の運動が効いたのでしょうか・・・?

 

 

 

 

DSCF4852

 

グラベルロードの特徴の一つ、discブレーキ。

雨天でも制動力に大きな変動なし。

純正のブレーキはまずまずの効き具合で、

このモデルの楽しみに目覚めたら、

グレードアップを図ると尚、良いと思います。

 

 

 

私は以前、ランドナーとスポルティーフをハイブリッドしたような

700Cツーリング車を、グラベルロードな位置づけで転がしていました。

昨今ヒルクライムで流行りの大弛峠、

塩山からのオンロード登坂を、35Cの重すぎないタイヤで攻略して、

ダートの長野側を下る、なんて楽しみも出来ました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

↑↑↑ このイメージ写真は御荷鉾スーパー林道の時のもの。

大弛峠の写真を貼ろうと思ったら、まだフィルム写真時代だったので

デジタルデータがありませんでした・・・。

 

 

IMG_5428

 

スパイクタイヤ装備で雪道ライドも堪能。

( 参考レポート 十和田湖 矢立峠 など )

  

 

 

IMG_5472

 

自転車は稼働状態で休眠中なので、また掘り出して行きたいナー。

 

 

 

そういった楽しみ方を、最新鋭の流行モデルで普通に味わえる。

楽しみ方に応じて車種が細分化され、良い時代になりましたね。

その分、自身にとって真に楽しい車種を見出すのは、

なかなか難しくなったかも知れません。

 

先にアップしたANCHORも巻き込んで、独断と偏見で

旅の巡航ペース別に車種を並べてみると、

RENEGADEが普通列車、RL6が快速、RL9が急行、RS9が特急、

という味付けでしょうか?

そして、普通列車だけが、ローカルな辺境まで隅々走っている、

つまり未舗装な道にも分け入っている、的な。

 

・・・鉄道の旅に馴染みがないと、判りづらいかも知れませんね。

しょぼい例えしかなくてすみません!

 

 

 

DSCF4885

 

RENEGADEは、旅を彩る積載力も備えています。

 

 

 DSCF4850

 

 

 

旅の自転車選びに迷ったら、予算と、置く場所が確保出来ればですが・・・、

 

ロード(軽快ロングライド旅用)

BROMPTON(輪行プチ旅&街乗り用)

そしてツーリング車(グラベル、積載長旅用)

 

と言った具合に使い分けが出来たら最高。

楽しみのフィールドと幅がかなり広がります。

↑↑↑ これが私のスタイルです。

 

もし、旅用に一台に絞れと言われたら、純粋にスペックだけで

判断するとしたら、の話ですが、グラベルロードになるでしょうね。

突出した性能は無いものの、万能性がありますから、

一番、幅広い旅スタイルをこなすことが出来ます。

さりげなく、クロスバイクよりしっかり走る街乗りにも向いていますよ。

 

 

 

 

DSCF4858

 

興味が湧きましたら、グラベルロードコーナーへGo!

 

 

貴重な機会を下さったジャイミスジャパン㈱の皆様、

誠にありがとうございました!!

 

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら