facebook 旧ブログサイトはこちら

感傷の秋田旅 その2
by: 長山 靖

DSCF5426     

 

 

んにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

 

 

今回は、2月下旬に行った秋田県輪行旅レポートその2をお届けします。

 

その1

 

 

 

 

旅の初日、2/19(月)は、現地までの移動に充てました。

宿は、続・自走de秋田レポートその3で「今、泊まりたい!」

と心の叫びを放った宿にしました。

 

 

DSCF5280

 

夕方、輪行袋を担いで、宿の最寄り駅「阿仁マタギ」駅に降り立ったら、

もう一人、降客が居り、同じ宿に泊まる旅人でした。

 

「自転車ですか!?この雪の中を?」

 

という、お馴染みの問いかけ。

そこまではいつも通りでしたが、続く二言目は

 

「ワイズロードに知り合いがいますよ」

 

!?!?!?

 

まだ、こちらが何も語らないうちから、

「ワイズロード」の単語が出て来て、びっくり。

しかも、雪深い秋田県のローカル駅前で。

 

DSCF5288

 

(阿仁マタギ駅)

 

 

そこで、こちらがワイズロード勤務と伝えたら「おお!」となり、意気投合。

宿の晩飯時に、軽く一緒に飲みました。

こういう予想外の拾い物は、旅の大きな醍醐味の一つです。

 

尚「ワイズロードの知り合い」とは、

現・川崎店に勤務の古株スタッフ・堀さんでした!

 

かつて、新青森駅でも、行き合ったBROMPTONライダーとの会話から

同・川崎店勤務の大ベテラン「はじめさん」こと吉田さんの名が出て、

世間は狭いと感じると共に、ワイズロード古参スタッフの存在感を、

あらためて思うのでした。

 

 

 

 

2月20日(火)

 

 

DSCF5361 

 

出会った旅人と再会を約し、阿仁マタギ駅から荒瀬駅までは輪行。

(余談ですが、この記事に書いた「仙川に所用あり」は、この方との再会でした)

 

 

 

 

DSCF5384

 

路線は、秋田内陸縦貫鉄道

素朴な沿線風景と、魅力を発信する様々な取組みが素敵な路線です。

 

阿仁マタギ~荒瀬間は、下り基調の約20kmの道のり。

普通ならラクラク自走、ですが、雪道は体幹でのバランス取りが求められる上に

路面抵抗が上がり、下りでも登り並みに疲れたりするので、今回は輪行しました。

 

 

 

DSCF5413

 

荒瀬駅に下車し、阿仁合へ向かって去りゆく内陸線を見送ります。

 

 

  DSCF5417 

 

DSCF5421

 

DSCF7111

 

旅の始まりに相応しい、ちいさな駅。

 

 

 DSCF7157

 

今回の相棒は、TOEI 700Cツーリング車。

 

泥除けを外したクリアランスを活かし、スパイクタイヤを装着。

 

 

 IMG_0565

 

SCHWALBE MARATHON WINTER 700 × 35C

 

 

 

IMG_6675

 

泥はけの良いカンチブレーキ装備で、雪詰まりしにくいので、行き詰まりません。

 シフトレバーはWレバー、シンプル構造で安心感高し。

試したことありませんが、精密構造のSTIで極寒や雪まみれでは、

何かトラブル起きそうな気がしてしまいます。

 

 

 

DSCF7137

 

ペダルは、フラットペダル。

日本製MKSの PRIME SYLVAN TOURING。

とっさの時にサッと足を着きたいので、ビンディングにはしていません。

それによりシューズの選択肢も広がります。

 

 

 

DSCF7222

 

GORE-TEXのややごつい防水ハイキングシューズで、防寒防雪に対応。

こんな感じのビンディングシューズもありますが、やはり歩きやすさでは

こちらが上。旅をトータルで考えての、この選択です。

 

 

 

DSCF5633 

DSCF7223

 

ライトは、各所に複数配置。

視界が悪くなる降雪時ライドでは、目立ってなんぼです。

 

 

 

 DSCF7113

 

ところが今回、荒瀬駅に降りたら、妙に青空が広がりました。

雪が輝いて眩しく、セーフティライトが、よくわからないくらい明るく視界良好。

雪国で、この時期、こんな青空は珍しい。

 

 

 

DSCF5427

 

空が、青過ぎる。これは、凄い。

予想外の展開に、ただただ驚くばかり。

 

奇遇にも、2008年、初めての冬の秋田ライドで

この道を走った時も、こんな感じでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(2008年2月15日)

 

初めてだったので、青空を、そこまで気に留めなかったのですが、

その後、レポートその1で書いた商店のおかみさんに再会した時

「こんな天気は、ひと冬に何回も無いよ」と言われ、

そうなんだ、と知りました。

 

  DSCF7120

 

あの時とおんなじ青空。

今回の来訪、歓迎してくれたのかな。

2008年、突如、自転車で現れた私を、おかみさんが

「なに、このアイスバーンの中を、自転車でぇ!?」

と、妖怪を見るような表情で迎えてくれたのを思い出しながら、

しみじみ、漕いで行きます。

 

 

 

 

DSCF7122

 

雪壁が眩しい。

もし小人になってケーキの中を歩いたら、こんな景色でしょうか

 

 

 

DSCF5434

 

この白い壁の中に、ガードレールがかくれんぼ。

 

 

 

 

DSCF5429

 

しかし凄いなあ、この晴れ渡る青空。

降りしきる雪の中を黙々と漕ぐつもりでいたので、

ウェアは厚着+上下レインウェア。

日当たり良く穏やかで、漕ぐと、暑いくらい。

 

 

 

DSCF5440

 

実は、この山には、私の先祖も眠っているはずです。

 

 DSCF5446

 

DSCF7133

 

記録をたどると、高祖父と曾祖父の足跡が、かつて

この道の途中にあった鉱山集落「天狗平」に見えてきます。

阿仁鉱山の一角として栄えた当地。

秋田県北・大館の下級武士だった高祖父の一家は、明治維新後の失業により、

稼ぎを求めて当地にやってきたのでは、と、記録から推察されます。

その先祖も、レポートその1で書いたように「故人は山へ行く」と捉えるならば、

今回の久々の来訪を、その辺で喜んでくれているのかも知れません。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

かつてこの記事で書いた、感動の再会、も、まさにこの場所でした。

縁の場所というのは、どうも不思議な何かがあるような気がします。

(2009年1月15日)

 

 

 

 DSCF7134

 

当時の生活は、特に豪雪に降り込められる冬季は、どれだけ厳しかったか、

想像しながら漕いで行きます。

春の喜びの大きさは、今の比ではなかったろうなあ。

 

 

雪ライドは、良い意味で、常識という概念を破壊するのに役立つように思います。

おそらく、「雪ライドやる」と言ったら、非常識とみなされることでしょう。

 

でも、 常識という概念は、実に曖昧なもの。

 

例えば、福島県喜多方市の葬儀で、赤飯が出て驚いたことがありました。

祝いの席に出るはずの赤飯が、葬儀に?と思いましたが、

そこには、ちゃんと心が籠っていました。

少数ながら全国各地にある風習のようです。

 

除雪車も暖房も無い時代の山中での生活、今の価値観から見れば

非常識とみなされることでしょう。 

でも、当時の当地では、生きていくために

当たり前な生活風景だったのではないでしょうか。

常識というのは、時代によっても変わる曖昧なもの。

どうやら常識よりも「真理」に目を向けた方が、間違いが無さそうです。

 

 

などと、思索しながら前進します。

こういう妙な発想が湧いて来る辺りが、サイクリング、

特に、漕ぎに専心して無心になりやすいヒルクライムが

坐禅に例えられる所以でしょうか。

 

 

 

 DSCF7140

 

秋田杉の中を進みます。

県のマスコットキャラクターが「スギッチ」になる位、

秋田は杉の一大産地。

数少ない天然杉が残る地であるだけでなく、

杉の人工林の面積が全国一で、県土の約1/3を占めるそうです。

 

 

IMG_6697

 

(2014年1月29日 矢立峠にて)

 

 

ただ、スギッチは、2017年、引退しました。

参考記事

これも、地味に寂しい。

まさか県マスコットキャラクターに引退があるとは。

後任の「んだッチ」に期待します。

 

 

余談ですが、杉は、日本の固有種だそうです。

 

 

 

 

DSCF7142

 

この辺から先は、とりたてて文章にするようなことも無く、

写真を撮りながら、黙々と、登ります。

景色と同じく、真っ白。

そこで、ここからは写真に語ってもらうことにします。

 

   

 

DSCF5449

 

DSCF5450

 

DSCF5454

 

DSCF5457

 

DSCF7146 

  

DSCF5460

 

DSCF5467

 

DSCF7158

 

 DSCF7165 

DSCF7168

 

DSCF5477 

DSCF5481

 

DSCF7172

 

DSCF5487 

 

DSCF5489  

 

DSCF5492

 

DSCF5496 

DSCF5499

 

DSCF7174 

 DSCF7177

 

 

無事、阿仁スキー場に到着しました。

 

 

 

 

その3へつづく

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら