facebook 旧ブログサイトはこちら

歌のチカラ その2
by: 長山 靖

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

んにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

 

 

自転車旅の愉しみを発信していくシリーズ記事、

今回は、ライドを彩った歌を、旅のエピソードと共に

ご紹介してみる記事その2です。

 

その1

 

 

 

今回ご紹介するのは

 

 

今宵の月のように

エレファントカシマシ

(ドラマ『月の輝く夜だから』主題歌)

 

 

 

記事その1の最後に、山梨県、

夜叉神峠から脱線して、太良峠で夜を迎えたと書きました。

 

その下り道で撮影した写真が、冒頭のものです。

この時は、高感度に弱いコンパクトデジカメでの撮影でした。

峠から下り始めて間もなくの辺りで、街灯は皆無です。

それでも、月明りと、それに照らされて輝く路面が写っています。

 

山中で夜を迎えると、丸々と輝く月が、いかに明るいか、よくわかります。

真っ暗な闇道を、しっかり照らしてくれます。

時には、路面が輝くほど、力強い明かり。

夜の峠道では、これが心強いです。

(頭上が木々に覆われた樹林帯を除く)

 

その明かりに励まされながら下って、少しずつ人里が近づいてくる安堵感。

そんな展開の時に、よく口ずさむのが、この

「今宵の月のように」

です。

 

確か、この曲、収録アルバムの最後に入っています。

何となく、エンディングテーマっぽいメロディ。

それが、こういうシーンで、実にしっくり来るんです。

 

その1でご紹介した

「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は、

まだ割と(かなり?)やばい状況で歌い、

「今宵の月のように」は、

やばいエリアは脱出し、旅の終わりの駅に

向かってラストランしている時に口ずさむ。

という使い分けが、私にとっての鉄板です。

 

 

太良峠を下った先には、行くたびに立ち寄る「古屋商店」があります。

おかみさんは、ナガヤマという名前を覚えてくれていて、

時々、訪ねたくなる場所です。

この時の日にちは、12月12日。

日没後の太良峠からの下りは、寒くて寒くて、

商店に下り着く頃には、ガッタガタに震えていました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そこでおかみさんが出して下さったおもてなしが、

身にも心にも、温かかったです。

干し柿が、土地柄を表していますね。

 

この古屋商店では、時期によって、

ぶどうや、柿の発送をお願いすることが出来ます。

とっても新鮮でおいしいですよ!

 

 

記事を書きながら気が付けば、前回訪れてから、もう3年半が経ちました。

( その時のレポート ←旧ブログに収録 )

 

また、行きたいなあ。

いや、必ず、また、行きます!

今年の課題が、一つ増えました。

 

 

 

 

その3

 

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら