facebook 旧ブログサイトはこちら

修行の旅 in 会津 その4 完結
by: 長山 靖

 

DSCF5110

 

 

こんにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

 

もうすぐ半年が経ってしまいますが、

昨年10月31日~11月1日(火水)、会津喜多方方面へ

サイクリング旅に行ったレポートその4をお届けします。

漸く、これで完結!

 

その1 その2 その3

 

※本記事をポータルサイトでご覧の方は、
記事が途中までしか表示されないことがあるようです。
その際は誠に恐れ入りますが二子玉川店ページの記事をご覧ください。

 

 

 

 

DSCF5080

 

自転車にはお留守番して貰い、すぐ近くにある雄国沼の散策へと出かけます。

 

 

 

DSCF5087

 

空の表情が、良いなあ。

自転車で登って来た、高いSORA。

ふっと風が流れる、心地よい瞬間。

 

 

 

IMG_0015

 

「雄国」には『別天地』の意味が込められているそうです。

 

 

 

 DSCF5083

 

なるほど、確かに、これまでの狭く険しい谷から一転、広々、おおらか。

花の季節には、高山植物が咲き乱れるそうです。

 

 

 

DSCF5084

 

その奥に連なるのは、おそらく裏磐梯の山並みでしょうか、

うっすらと雪化粧しています。

人工物が全く視界に入らず、雄大。

 

 

 

DSCF5082

 

てか、雄国沼、けっこう、眼下に見えるんですが。

つまり・・、

 

 

      

IMG_0003

  

 

修行 其の二十三、・・・さりげなく階段をたくさん下る!!

 

 

 修行 其の八、 ・・・さりげなく階段をたくさん登る!!

の、逆パターン!

歩きだと、下りも楽ではありません!!

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

DSCF5089

 

 沼のほとりには木道が設置され、散策することが出来ます。

「第二の尾瀬」と呼ばれることもあるようです。

(尾瀬は行ったことありませんが)

 

そんな景観なので、

 

 

 

DSCF5092

 

急に、爽やかハイキングな展開。

 

 

 

DSCF5093

 

むむ!?

 

ここは・・・。

 

 

  DSCF5096

 

坐す!!

 

この場所が、坐れ!と訴えかけて来た。

お寺ではゆっくり坐禅出来なかった。

ならば、ここで!

感性に、素直になって、坐る!!

 

という展開。

 

これが、遊んでいるように見えるかも知れませんが、

 

 

IMG_0007

 

沼の水面を目の前に、狭い木道の表面が、微妙に斜めっていて、怖い!

その恐怖心を、受け流す修行!!

 

 

 

修行 其の二十四、坐して無心の境地を探究!!

 

 

 

 

DSCF5097

 

沼に引きずり込まれないか?

転げ落ちないか

落ちたら、底なし沼にはまりはしないか?

沼から何か出て来はしないか?

 

いろいろな邪念が浮かび、それを受け流す修練をしました!

これ、ホント、怖かった~!!

禅機の蘊奥は、まだまだ深く、遠い。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

観光を楽しみつつ、良い修行も出来たので、

そろそろ自転車の待つ金沢峠へ戻ります。

 

・・・て、ここまで、けっこう下って来たよな・・・。

 

 

 

IMG_0012

 

修行 其の八、・・・さりげなく階段をたくさん登る!! Mark2

 

 

 

レポートその2での、観音様内部での

修行 其の八、 ・・・さりげなく階段をたくさん登る!!

よりも、不整な階段で、難易度アップ。

 

 

IMG_0011

 

更に、獣の足跡や、

 

 

 DSCF5098

 

恐ろしい立て看板により、

修行 其の二十、獣の出没を警戒する緊張感を味わう!!

が掛け算され、さすがはMark2!!

みちのくは、森が深く、獣の気配が濃いんですよね・・・。

  

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

緊張の徒歩登坂を乗り切り、金沢峠まで戻りました。

 

 

DSCF5102

 

早く、里に降りて、喜多方ラーメン食べたい!

 

てか、よく考えたら、起床からここまでで食べたのは、

ハロウィン売れ残りデザートとか、バター餅だけ。

朝ラーで補給するのをお預けして、脱線して、いまココ。

 

 

修行 其の二十五、少食で動き回る!!

 

 

省エネの鍛錬!

 

と、言い聞かせておこう・・・。

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

DSCF5101

 

省エネ鍛錬とは言え、いい加減、腹ペコなので、

これをサーッと下って!ラーメン!!ラーメン!!!

 

 

 

DSCF5106

 

って、来た道を引き返すんだよな・・・。

 

 

 

IMG_0019

 

落ち葉がいっぱいあったよな。

 

 

 

   IMG_0021

  

 

修行 其の二十六、濡れ落ち葉坂との闘い! Ver.下り

 

 

 

ギャーーーッ!!

修行 其の十九、濡れ落ち葉坂との闘い!Ver.登り

とは、また違った恐ろしさ!

全然、サーッと下れません!!

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

DSCF5108

 

 何とか森の景色を励みに下り、やっと、狭小急峻な谷道を脱出!

した瞬間、

 

 

 

 

DSCF5111

 

うおおおおお!!!

 

飯豊(いいで)山脈が、はっきり!

おもわず、叫んでしまいました。

 

 

DSCF5114

 

と、言うのも、会津に通って約20年、うっすら、飯豊山脈の一部が見えたり、

ということはたまにありましたが、こんなに全容が

はっきり見えたことは、一度もありませんでした。

 

 

ここに来て、覚知しました。

今回の旅は、かなり運が良い。

 

今回の旅の展開は、最初から劇的でした。

穏やかに晴れ、で走るのも良いのですが、それは、割とありがちなパターン。

今回、積み重なった変拍子は、狙って遭遇出来るものではありません。

そしてそれは、思い出を、実に深いものへと昇華させてくれます。

その変拍子(ドラマ)に巡り会えるかどうかは、運次第。

 

 

修行 其の二十七、運をつかむ練習!!

 

 

 

情景的航空写真家のルーク・オザワ氏が語られていた言葉を、思い出しました。

氏は「空に対して、クサらない」と仰っていました。

 

「なんだよ今日は、なんて思わない」

「そうすれば、こうやってきれいに空が変わってくれる」

「しょうがないなルークが来てるんじゃ、ちょっと空よくしてあげようか、なんてね」

「仙人みたいな話」

 

 

今回の劇的展開は、T様の実力が強かったおかげかも知れません。

あるいは、土地に歓迎されたか。

(飯豊山は、強引な県境引きにより、福島の信仰の山とされています)

 

しかし初会津旅で、劇的天候変化からの、この飯豊山脈の見えっぷり。

本当にびっくり!!

 

飯豊山脈は、いつも霞の中で、そこに山があることすらわからない位でした。

この空間に飯豊山脈が広がっていたんだ、と、

20年近く経って初めてはっきり拝みました。

強運のおこぼれを頂いた気分です。

まあ、おこぼれにありつけるのも、また実力のうち?

 

 

※ルーク・オザワ氏の写真は、空と、力強く羽ばたくヒコーキの情景が美しく切り取られ、

見ているだけでもポジティブで爽快な気分になります。

氏の初の写真展が5/26まで開催中だそうで、気になった方はチェック!

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

DSCF5131

 

恋人坂へ戻って来ました。

 

 

 

 

DSCF5123

 

ここで脱線したおかげで、楽しい修行のリストを重ねることが出来ました。

 

 

 

DSCF5133

 

やっぱりこれは、変人坂、だな!

「心」が「変」わって、脱線。文字通り!

 

 

 

 

DSCF5129

 

さあ、あとは、眼下に見える喜多方(のラーメン屋)目指して、丘を駆け下るのみ!

ラストスパート、気合がみなぎる・・・!!

 

 

 

IMG_0023

 

我々の気迫オーラを感じたのか?

カラスの群れが一斉に飛び立ちました。

某自転車漫画的に言うと

「空気が変わった!」

ってやつでしょうか。

 

 

修行 其の二十八、気迫の下り!!

 

 

私は、運動強度に関わらず、高速が苦手です。

体力に関係なく、時速30km以上はイマイチ苦手。

自然、高速になりがちな下りも苦手ですが、

ニンジンがぶら下がって、頑張りました。

 

 

   IMG_0024

  

空には楽譜が展開。

登りなら、これを読みながらメトロノームダンシング!

ってところでしょうか。

  

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 DSCF5134 

 

飯豊山脈に突撃するような勢いで駆け下り、

さっきまでいた山が、あっという間に彼方へ。

 

 

DSCF5135

 

1時間ちょっと前は、あの山のフチにいたんだな~。

自転車の威力は、凄いな~。

遠望する山と、立ち位置との間に吹き渡る風が、心地よい。

自転車に乗っていて、好きな瞬間のひとつ。

 

 

 

 

 

 

IMG_0089

 

ここで友人が車で合流し、遂に、遂に!

待望の喜多方ラーメン!!

 

 

 

IMG_0093

 

朝ラーで食べるはずだったのが、時刻はすでに15時過ぎ。

空腹で動き回って、発汗で塩分も減って、ここまでの旅も無事にこなして。

からの、喜多方ラーメン。

 

 

 

 

DSCF5138

 

至極。

 

超絶、美味い!!!

  

 

修行 其の二十九、美食を、最も美味いコンディションで味わう!!

 

 

 食のありがたみが、染みます。

チャーシューも美味かった・・・、修行ナンバー29(にく)だし。

てか、書いてたら、無性に食べたくなってきたーーーっ!!

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

ラーメン屋からは、会津若松駅まで、友人が車で送ってくれました。

会津若松駅まで出た方が、帰りの列車の本数が増えるためです。

 

その車中でも、

 

 

DSCF5144

 

撮る。

 

 

DSCF5149

 

撮る!

 

 

DSCF5155

 

撮る!!

 

   DSCF5158  

  撮る!!!

 

 

 

修行 其の三十、いかなるときも撮る練!!

 

 

 

 DSCF5162

 

磐梯山と、前日に探訪した観音様のツーショットも押さえました。

(レポートその2参照)

昨日のことなのに、遠く感じました。

充実した、良い旅だった証。

 

 

車中でのT様と友人との会話が、地味に、面白かった!

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

DSCF5170

 

渋い佇まいの会津若松駅。

鮮やかな夕焼けの中、友人との再会を約し、改札内へイン。

また暫し旧知の友人と会えない寂しさと、

旅の終わりが近づいている寂しさとが錯綜する瞬間。

 

 

DSCF5172

 

郡山行の磐越西線へ乗車。

 

 

DSCF5175

 

車両の世代交代により、すっかり数を減らした

「あかべぇ」号に、奇遇にも当たりました。

鉄的に、ラッキー。

 

 

 

   DSCF5178

 

車両の外から、風に乗ってほんのりと発車メロディが聞こえてきます。

会津若松駅の発車メロディは

 

「AIZUその名の情熱」

 

今までのレポートの中で何度も書いた記憶がありますが、このメロディを聞くと、

ああ、会津を去るときが来たか、と、しみじみします、

また、必ず来よう、という決意と共に。

  

 

 

修行 其の三十一、旅の情緒を噛み締める

 

 

 

旅は、心の運動。

旅は、心の栄養。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

DSCF5179

 

猪苗代へ向け登りゆく車窓から、鮮やかな夕焼け。

夕秀の美、もとい、有終の美。 

 

 

 

DSCF5181

 

 猪苗代周辺では、前日、全容を拝めなかった磐梯山を捉えました。

 

 

 

 

IMG_0105

 

 

郡山からは、東北新幹線。

 

 

 

IMG_0110

 

乗ってしまえば、速い早い。

 

 

 

IMG_0109

 

 デッキで、会津に、友に、旅の思い出に、乾杯!!

良き旅を描けたからこその、至高の瞬間。

身に、心に、沁みるっ!

 

 

 

DSCF5188

 

東京圏へ戻って解散し、ほろ酔いで、地元の駅へ帰着。

ここから家までは約2km。

もちろん、自転車には乗らず、手押しでワッショイ!

飲んだら、乗らない!!

  

 

修行 其の三十二、家に帰るまでが遠足!!

 

 

 

 

旅の99%が最高でも、最後の1%でこけたら、全てが台無し。

最後の最後まで、気を抜かない!

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

  こうして無事に帰宅し、素晴らしい旅の1ページが、また刻まれたのでした。

面白く、楽しかった。  

T様、どうもありがとうございました!!

大変、良い修行旅が出来ました。

「苦楽」を共にすると、戦友感が出て、味わい深いですね。

「楽」だけの共有では、きっとこうはなりません。

 

 

 

ここまでの修行リストを列挙すると、

 

 

修行 其の一、 臨機応変に進む!!

修行 其のニ、 悪条件を真っ直ぐブレずに走る!!

修行 其の三、 防雨、寒暖調節と向き合う!!

修行 其の四、 寒くても、ご厚意には笑顔で応える!!

修行 其の五、 逆境でも、笑う!遊ぶ!!

修行 其の六、 見えないものを、心眼で追う!!

修行 其の七、 目に見えない何かを感じ、写し撮る!!

修行 其の八、 ・・・さりげなく階段をたくさん登る!!(~Mark2)

修行 其の九、 お天道様の大きな力を感じる!!

修行 其の十、 荷造りを探究する!!

修行 其の十一、暗闇の緊張感を楽しく乗り切る!!

修行 其の十二、不意打ちの寒さに平常心で耐える!!

修行 其の十三、いつでも観察眼を光らせる!!

修行 其の十四、酒との上手な付き合い方を練習!!

修行 其の十五、旅の就寝は遅くても、早起き!!

修行 其の十六、体だけでなく、頭も感性もフル稼働!!

修行 其の十七、モーニング登坂も楽しく味わう!!

修行 其の十八、成り行きでヒルクライム!!

修行 其の十九、濡れ落ち葉坂との闘い!Ver.登り

修行 其の二十、獣の出没を警戒する緊張感を味わう!!

修行 其の二十一、只管、登る!!

修行 其の二十二、虫とコミュニケーションを図る!!

 修行 其の二十三、・・・さりげなく階段をたくさん下る!!

修行 其の二十四、坐して無心の境地を探究!!

修行 其の二十五、少食で動き回る!!

修行 其の二十六、濡れ落ち葉坂との闘い! Ver.下り

修行 其の二十七、運をつかむ練習!!

修行 其の二十八、気迫の下り!!

修行 其の二十九、美食を、最も美味いコンディションで味わう!!

修行 其の三十、いかなるときも撮る練!!

修行 其の三十一、旅の情緒を噛み締める

修行 其の三十二、家に帰るまでが遠足!!

 

 

・・・列挙してみたら、なかなか壮観なラインナップ!

 

 

ですが、ここに、もうひとつだけ加えたい。

 

 

 

 

修行 其の三十三、このレポート執筆が修行じゃ~!!

 

 

 

これが、正直なところ、一番大変でした!!

基本、こういう旅レポートは、家で、夜な夜なプライベート時間に書いています。

それで、何度、夜更かししたことか・・・。

まあ、ひとまず、足掛け半年近く、やっと、会津修行の旅、完走だぜ・・・。

 

 

これで、修行項目は三十三。

三十三間堂、ならぬ「三十三険道」といったところでしょうか! 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

DSCF5048

 

しかし、まだまだ旅は終わりません。

旅是道場。 

旅の続く限り、修行も続きます。

突き詰めれば、それはきっと、直心是道場。

 

 

 

DSCF5066

 

サイクリングで走る多彩な道は、まさに「道場」。

実に素晴らしい修練の場と言えましょう!!

 

 

 

 

DSCF5136

 

レポートの続きを楽しみにして下さった皆様、長らくお待たせ致しました。

催促が、とても励みになりました。

もう書かなくても良いのかな?と思いかけた時、大きな支えとなりました。

また、是非、ご意見お寄せ下さい!

ご愛読、どうもありがとうございました!!

 

 

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

 

bnr_fb_futako

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら