facebook 旧ブログサイトはこちら

【当日編①】200kmブルベ体験記【神奈川⇔伊豆】
by: 遊佐崇史

こんにちはY’s Road二子玉川店のユサです。

 

 

何だかんだ時間が経ってしまい申し訳ないです、前編の内容もおぼろげながら後編です。

前回はコチラ

【準備編】200kmブルベ体験記【神奈川⇔伊豆】

※注意!文字数多目です。文字アレルギーの方はブラウザバック推奨!

 

 

朝とは言っても3時くらいに起床した私は寝不足気味な体に炭水化物を流し込み、支度を済ませて心の準備を済ませ出発

自宅から自走で行ける距離、確か15kmくらいですかね。

目標の等々力緑地公園目指して出発!あと6時間もすれば熱海についていると思うと、いかに自分が無謀な戦いに挑んだのか初めて実感。

それに加えてその日の気温差、出発時は5℃前後だったのに対し中盤で20℃越えというエクストリームにハードな寒暖差。

ㇾ―パンは半分の丈を選択し、指切りグローブ、上は裏起毛のウィンドブレーカーという雪男も真っ青な軽装で現地に到着。

あまりの寒さに公園に設置されていた低めの街頭に手を当て暖を取る始末、先が思いやられます。

 IMG_7111

ここがお前の墓標だ!と言わんばかりの存在感


 

とにもかくにもエントリーを済ませます。

最早記憶が定かではありませんが(テンパっていた)受付し、ブルベシートなるものを受け取ります。

ブルベのルールはいたって簡単、制限時間以内に全行程(ルートは主催者側で指定)を走破、途中にあるPC (フランス語のPoint de Controleの略)を通過する際に証明(今回のPCは全てコンビニなのでレシート)を貰ってくる。こちらを走破後ブルベシートと一緒に提出して終了、です。

全然簡単じゃないです。ルールは沢山。

実際に参加される方は各主催(クラブ)のルールに準じて下さい、装備基準も出走される距離(200・300・400・600)によって違うこともあります。

まぁ字面で見ると堅苦しいですがルートの決まっているスタンプラリーのようなものだと思って頂ければわかりやすいかなと思います。

IMG_7113

何を記入すればいいかわからねぇ!(分からないことがあれば主催側に素直に聞きましょう


 

カード受け取った後はブリーフィングです。

当日になって突然ルートの変更等もありますので必ず心して聞きましょう。

今回は私も含め初参加の方が多かったので初心者向けブリーフィングも行われました。

その後は出走番号順のウェーブで車検を受けたらいってらっしゃいです。

よーいどんもなく、号砲もなくいってらっしゃいですので心の準備をしてペダルに足を乗せましょう。

スタート地点からくねくね曲がり道を進み、中原街道へと出て冒険スタートです。

最初の内は一人旅ですが目的地は一緒、ということで次第に走力が同じくらいの集団が形成されていきます。

 その中でも特に速そうな方が一人いまして、聞いてみるとなんでも10時間切りを目指しているのだとか!信号でストップ&ゴーを繰り返すうちに2人だけになり走る・・・いや、牽いて貰うことに(あの時はありがとうございました!

やはり装備したTOPEAKのFUEL TANKは良いですね!ちょっとした信号待ちにモグモグ。おかげでスタミナ切れということはなく、軽快に脚を進めて行きます。

無心で南下していくうちにいつの間にかPC1に近づいてきました。

 

ピクピク・・・

 

悪魔の胎動を感じつつもPC1に到着です。

IMG_7114

蛍光のベストを着たブルベ参加者がわらわらいるのでスルーすることは無いでしょうが、道に迷わぬよう気をつけましょう。

レシートもしっかり貰いましょう!


 

ここまでのタイムは3時間19分でおよそ50kmの地点です。

うん、なかなかいいタイムです。ゆっくり熱海でおひるごはんを食べることが出来そうです。

コンビニで一緒に走ってきた方とお話しながら補給します。

どうやらこの方は今回のコースを事前に実走してきたそうです(尊敬します)キツイのはここからだと話してくださいました。

海岸線は高くても標高100m程度の峠しかありませんがアップダウンの連続で脚が削られるとのこと。

気を引き締めて出発です。

cp1前

STRAVAって便利~


 PC1を出発して5km程行ったとこですかね

トルクを掛けて線路沿いを進んでいましたら

足元に違和感を感じまして

何だろうって下を向くと自分の太ももの筋肉が全力で反対側へ移動しようとビクビクしているんですよね。

あっと思った時には鋭い衝撃が全身を駆け巡ります、たまらず停止、脚がピクリとも動きません。これ復活しないやつです。

後続も続々向かってくるはずなので

恥ずかしくて裏道に逃げ込みます

産まれたての小鹿のような足取りで自転車を押して行き、空き地に倒れ込むとボトルの中身を飲み干して考えます。

「残り150km地点で攣ってしまった・・・」

事件

事件発生地点、輪講袋も2RUNもねぇ・・・ もうおしめぇだぁ!!!


 

長いのでここで記事分けます。

次回をお楽しみに。ブログを見てくれた方、参加中コミュニケーション取って下さった方ありがとうございます。 

 

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら