【IRC】チューブレスタイヤで迷ったら
by: 遊佐崇史

こんにちはY’s Road二子玉川店のユサです

 

 

皆様はチューブレス化して走っていますか?

昨今、メディアではチューブレスがトレンドとして扱われています

実際にチューブレス化して走っている方はまだまだ少ない印象です

IMG_0277

私は新しい事はどんどん試してみる質なのでもちろん使ってます

クリンチャーと比べるとひと手間掛かりますが乗り心地、転がり抵抗は共に

頭一つとびぬけている、と感じております

そんなオススメ出来るタイヤはこちら

IMG_0282

tire-RBCC

フォーミュラプロ チューブレス RBCC

700×23C, 700×25C

Price: ¥7,600+Tax

ドライからウェットまで、あらゆる路面状況で
優れた走行性能とグリップ力を発揮

tire-Light

フォーミュラプロ チューブレス LIGHT

700×23C, 700×25C

Price: ¥7,600+Tax

扱いやすさと耐パンク性が向上した
最軽量・最速のロードチューブレスタイヤ

main01

ロードライト チューブレス

700×23C, 700×25C

Price: ¥6,200+Tax➡¥5,500+Tax

ロード用チューブレスタイヤのエントリーグレード


 

 IMG_0279

フォーミュラープロLIGHTとRBCCは在庫としては23C、25Cの品ぞろえです

RBCCは私も常用している特に欠点のないオールマイティタイプ

プロコンチームのNIPPO・ViniFantiniも使用しています

売りはやはりグリップ、これに尽きます

パターン付きトレッド面のおかげでグリップの限界を感じやすい

+でチューブレスの低圧による乗り心地の確保でまさに死角なしといった感じです

 

LIGHTは先程のメーカーサイトのうたい文句

扱いやすさと耐パンク性が向上した
最軽量・最速のロードチューブレスタイヤ

で間違いやすいですが、他のモデルに比べて対パンク性能が秀でているのではなく

前モデルの対パンク性能を克服したモデルという意味で言っているのだと思われます

700×23Cで245gということでヒルクライムをチューブレスで走る際にはオススメモデル

 

 ードライトはチューブレスを試してみたいという方にオススメの低価格モデル

フォーミュラープロシリーズとは肉厚さが違うのでかなり重めになっております

700 x 23cで295g

その点耐久性も上がってますので普段使いのホイールにオススメではないでしょうか


 

 

IMG_0284

写真はTREKのDOMANE SL5付属のホイール

モデル名の後にTLR(Tube Less Ready)とあります

こんな感じで昨今の完成車付属ホイールは意外とチューブレスレディなことが多いです

付属タイヤはチューブレス対応じゃないことが多いですね(まぁ高くなっちゃうしね

実はあなたのホイール、チューブレスレディだったりして!

導入してみたい、または必要なものがわからないという方はユサまで相談下さい

IMG_0281

チューブレス化に必要な小物も取り揃えていますので是非ご来店を!

こちらの紹介は次回ブログで~

 

bnr_fb_futako

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら