【Tyrell 始めました】かつての名作”SV”を踏襲した、限定車”SRV”も店頭で見られます!
by: 深堀皓大

_DSC1995-Edit

 

 

以前一台だけチラッとご紹介しましたが、

いよいよ二子玉川店でTyrellを本格的に取り扱い始めます!

 

 

 

Tyrellは四国は香川県発のスポーツ自転車メーカーです。

スチールロードもありますが、製品のラインナップの多くは小径車(ミニベロ)です。

環八R1店時代にTyrellを扱わさせて頂いていた私の印象は、

唯一無二のデザイン圧倒的な走行性能信頼のおける品質

この内のどれか一つでも実現するのは中々難しいと思います。

(あくまでも私の印象なのですが、世間一般の見方もそう違わないと思います。)

 

 

 

例えばTyrell特有の”スラントデザイン”

_DSC1998

このデザインを見た瞬間にTyrellを想起させられる独特なデザインですが、決して奇抜なだけのデザインではありません。

一般的な折り畳み自転車は折り畳みの関係上大半はハンドルポストが長く、ヘッドチューブとハンドルまでの距離が伸びどうしても”しなり”が生まれます。乗り心地に関しては良い面もありますが、スピードを求める場合どうしても剛性感が不足します。

その点”スラントデザイン”はヘッドチューブを長く取り、なおかつ長くなったヘッドチューブは計4本のパイプでシートチューブと接合されるのです。

これによって得られる剛性はフルサイズの自転車と全く見劣り(乗り劣り??)しません。

それでいて一般的なダイヤモンドフレームの自転車に比べ低重心に設計されているので小径車特有のふらつきを感じる事無く安定して走る事ができます。

”小径車=ちょい乗り、700cには劣る”という考えは、もしかしたらTyrellには当てはまらないかも知れません。

 

他にもTyrellの素晴らしい点は沢山ありますので、気になっている方は店頭でお気軽にお声がけください。これからブログでもちょくちょく触れていこうと思います。

 

 

 

長くなりましたが、本題の”SRV”のご紹介です。

 

_DSC1995

Tyrell

Limited Model

SRV MATT BLACK

¥137,500‐ +tax

(スタンド付きの価格になります。)

 

 

 

 

 

 

かつての名作フレーム”SV”をブラッシュアップし、重量も8.3kgと軽量に仕上げたバイク。

何と言っても独特なヨークステイから連なるシートステイが目を惹きます。

 

_DSC1997

一般的にホイールが小さいバイクはどうしても乗り心地が固くなりがちですが、こういったシートステイにする事でサスペンションの様に力を逃がす事なく乗り心地を良くしています。

 

 

 

_DSC2002

ちなみにホイールはエアロスポークを採用し、ハブも11s対応で回転も申し分ありません。

後々パーツをグレードアップしたとしても、ホイールはそのままでも良さそうです。

 

 

 

今回の限定のSRVはTyrellの中ではかなりお手頃。

その為、コンポーネント関係は大分抑えた仕様になっていますが、正直フレーム、ホイール等がかなりしっかりした完成車なのでカスタムベースにして、物足りなければグレードアップという楽しみもあります!

一気に20万だして最初から満足いくスペックというのも良いですが、乗りながら不満に思った所を徐々に良くしていくのもまたスポーツバイクの醍醐味だと思います。

 

_DSC2001

リアブレーキワイヤーはフレーム中通し、もちろんフロントギヤダブル化に向けてフロントシフトアウター受けも用意されています。

 

 

 

更にTyrellの店頭在庫はもう少し増えていく予定ではありますが、

先ずはこのお手頃価格でTyrellの神髄が十分味わえる”SRV”とにかくおすすめですので是非気になった方は店頭に実物を見にいらして下さい~

次回はTyrellの一番人気FXをご紹介できるかと思います!

 

 


 

 

 

 

 

mavic shimano kabutoBROMPTON

 

 

アルバイト

 

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト 券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

旧スペシャルページはこちら