【2020モデル】最注目モデル「SPRINT」による検証。ディスクブレーキorリムブレーキ、違いは?! ~BIANCHI SPRINT~
by: 水野真吾

IMG_0589

 

 

先日ブログアップしました

 

【2020モデル】乗った!試した最新の「BIANCHI」ビアンキなら

レパルトコルサストアの二子玉川店まで!!

 

灼熱の湘南にて行われた大規模な試乗イベントでしっかり全モデル試乗してきました!!

詳しくはブログを見て頂きたいのですが今回はピンポイントで気になったことを。

 

 

「ディスクブレーキ or リムブレーキ」

 

 

今、ロードバイクを選ぶうえで避けて通れないコンテンツです。

自転車歴が四半世紀に突入してしまった自分はやはり未登だ懐疑的なタイプです。

インデュラインもキアプッチもブーニョもみんなリムブレーキでアルプスも

ピレネーも下ってましたからね。効かない訳はないんです。

しかし、車やモーターサイクルで圧倒的なシェアと信頼性をもつディスクブレーキが

安定した制動力を発揮するのも周知の事実。

果たして本当にロードバイクに必要なのか?性能は上がるのか??

その場合、リムブレーキは生き残るのか???

いい検討材料がありましたので徹底インプレッションしてきました!

 

 

 IMG_0587

 

 

2020 BIANCHI SPRINT 

リムブレーキ仕様:¥228,000-(+税)

ディスクブレーキ仕様:¥278,000-(+税)

 

 

今期のディスクブレーキモデルのベンチマーク!と、思うモデルはリムブレーキも

ラインナップ。価格差は5万円。コンポはR7000「105」比較対象として不足なし!

 

 

 IMG_0590

 

 

・ディスクブレーキ仕様

 

 

この価格でこの走り(剛性、軽さ、乗り心地)もう満点ではないでしょうか?!

ミドルグレードを検討のお客様、ディスクブレーキ仕様のバイクが気になる方には

満点の解答でしょう。剛性感も個人的にはちょうど良かったです。ほどほど(十分な)な

剛性と乗り心地のバランス。剛性が物足りないなら上位機種「ORTRE XRシリーズ」が

オススメです。ディスクブレーキとしての利点、太いタイヤによる乗り心地と

グリップ感、ブレーキングは言わずもがな。やはり前後スルーアクスル化による

フレーム末端の踏ん張り感が高い剛性感と感じるところでしょうか。下りのコーナーリングも

安心して走れるのも好材料です。

 

 

 IMG_0114

 

 

・リムブレーキ仕様

 

 

他社ブランドでもディスクブレーキ車に乗った後にリムブレーキ仕様に乗る機会は

ありました。その場合リムブレーキのネガティブ(効きが劣る。雨天ならなおさら)面が

気になるところでした。今回はほぼまったく同条件(日時、自転車、サイズ、コンポ)での

比較となりました。正直、ネガな部分は一切感じませんでした。圧倒的に軽い!

質量的に数値は計っていませんがバイクを振ったりコーナーリングの切り替えし等

動きを求める時はやはりリムブレーキの軽快感が際立ちます。

 

 

 IMG_9392

 

 

個人的な印象ですがロードレーサー特有の「繊細さ」はダントツ後者ですね。

同社トップモデルも「SPECIALISSIMA」も試乗しましたがその傾向をさらに

感じます。レース用、もしくは「機材(マシン)」という考えならディスクブレーキも

違和感なく受け入れられるでしょう。

 

総論:両者とも良い(欲しい)w

 

 

 IMG_0586

 

 

BIANCHIに限らずリムブレーキ、ディスクブレーキ経験豊富なスタッフまで

お問い合わせください。バイク選びのお手伝いさせて頂きます!!

 

2019/08/05 水野真吾

 


 

 

 

bnr_0kinri_190701

 

 

bnr_2020model

 

 

アルバイト

 

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト 券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

旧スペシャルページはこちら