【スタッフブログ】銚子トライアスロンに向けてロードをTT化!!
by: 海老名 歩

こんにちはスタッフ海老名です

 

昨年鎖骨を折ってトライアスロンエントリー出来ず

 2年振りのトライアスロン

 どうせ出るならできるだけ速く走りたいという事で

 眠っていたロードバイクフレームをTT化しました

 

16sado04

(写真は以前乗っていたTTバイクです )

 

TTバイクとロードバイクの違いとしましては

TTバイクはロードバイクよりもシート角が立っていて

ヘッドチューブ長も短くなります 

簡単に言うとロードポジションよりも前傾になります

それ故平坦でスピードを出すにはもってこいです

 

具体的にはハンドル周りを総取り換え

ステム、ベースバー(ブルホーンバー)、DHバーを新調しました

さらにDi2のスイッチ類も購入!!

 

リーチ(BBからヘッドチューブまでの長さ)はそれほど変わらないですが 

ベースバーは握る部分がドロップハンドルより前に突き出ているので

突き出し量を考えステム長を130mmから95mm 

 

また、以前所有していたTTバイクのヘッドチューブ長は90mm 

今回TT化するバイクのヘッドチューブ長は145mm

 

落差を出すためにステムの角度を-10°から-30°にしました

 

 

19091003

 

そのためステムはGIANTのCONTACT STEM 95mm -35°を選択 

これを逆さに付ければ一気に落差が出ます。

 

 

 

そしてベースバーは出来るだけ軽くてエアロなものが良いと思い

 

 

無題

 

PROFILE DESIGNのSVET R CARBONを選択 

重量205gと軽量ながらも剛性抜群でガシガシダンシングしても大丈夫です

 

DHバーも出来るだけ落差を出すためベースバーと同じ高さにしたいと思い

 

19091002

 

SUBSONIC/RACE/35aを付けることにしました 

このDHバーはベースバーと同じ高さで取り付けが出来るので 

アームレストの高さもベースバーのすぐ上にセッティングできます

 

そしてサドルは元々所有していたTTバイクから取っておいた

 

 

19091005

 

BONTRAGER HILO RXL サドル(旧型) 

フレームの設計がロードバイクなのでサドル後退は 

UCI規定ギリギリの5cmを確保、というかそれより前に出ない、、、

 

 

完成!!

 

IMG_5199

 

自宅で要らんものが写っていたのでサドル・ハンドル回りだけの写真ですが 

出来上がったバイクのサドル・ハンドル(アームレスト)の落差は、、、 

なんと120mm!!

 

ちょっとやり過ぎたか、ただの落差大好き野郎のバイクになってしまいました 

実際にのってポジション確認してみると、、、

 

 

IMG_5201

 

トライアスロンというよりタイムトライアルポジション(笑) 

まあ、結構乗り込んでいるのでショートまでだったら耐えられるでしょう 

ロングはきついかな、、、

 

こんな感じでロードもTTバイクみたく出来ちゃいます 

トータルのバランスはTTバイクの方が絶対いいですが 

2台持ちできないかた、予算がない方は参考にしてみて下さい

 

銚子トライアスロン頑張るぞ!!

 

2019/09/10 海老名

 

10_A5

 

 

 

bnr_0kinri_190902

 

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad 二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備?各種商品券ギフト 券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。