自転車の選び方・乗り方

ツーリング用バイク

長期サイクリング可能な旅用バイク

近場への日帰りツーリングや、荷物を積み自転車の旅へ出るなどツーリングタイプはさまざま。走りたい距離やロケーションによって、バイクや装備を変えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

予算の目安

「どれくらいの値段でツーリングバイクを楽しめるんだろう?」
「これからツーリング始めたいけど、量販店で販売されているバイクと何が違うんだろう?」
最初は誰でも「どのようなバイクを選び」「どのようなアイテムを準備」すればよいのか分りません。
専門のプロショップ「ワイズロード」だからご案内できる「豊富な商品」と「充実のサービス」でお客様のスポーツバイクの「楽しみ方」を広げます。

キャンプ

ご購入目安:5万円~10万円

- この価格帯の一例 -
GREAT JOURNEY

GIANT
GREAT JOURNEY 1

ツーリングはバイク購入後の旅支度も重要です。そのため、旅の予算も考慮しなければなりません。限られた予算の中で、旅に出かけるスピリッツを貫き通すならこのクラスで探してみましょう。レースを視野に入れて軽量化を図るロード等に対して、ツーリングは堅牢性が何より。堅牢性は軽量化と比べればコストは少なく実現できるため、後々の点検整備さえ怠らなければこのクラスでも充分に旅の相棒として応えてくれます。少々乱暴な言い方をしてしまえば、堅牢で、乗り心地に大きな不満なく長時間乗り続ける事が出来るならばツーリング用としては合格です。

【オススメアイテム】

フロントライト ¥1,500~
テールライト ¥1,500~
携帯ポンプ ¥2,000~
パンク修理キット・予備チューブ ¥3,000~
携帯工具 ¥1,000~
荷台 ¥3,000~
サイドバッグ ¥10,000~
ヘルメット ¥4,000~
¥1,000~
グローブ ¥2,000~

【オススメサービス】

・バイオレーサー1000 (バイク購入で無料)
・サンデーライド(のんびりタイプ)
・サンデーライド(輪行ツーリング)

詳しくはワイズロード各店まで!

ロングツーリング

ご購入目安:10万円~15万円

- この価格帯の一例 -
深谷産業 603ランドナー

深谷産業
603ランドナー

勢いに任せて単発のロングツーリングに出かけて、それきりもう乗らない、というところからもう一歩踏み込んで、長い目で見て「自転車の旅を趣味として楽しんでいきたい」という方にオススメのクラスです。自転車の性格は万能系のモデルが多く、軽めのツーリングからロングツーリングまで幅広く対応出来るのが魅力。乗り心地もより快適になっています。普段は軽めに楽しんだり通勤に使ったり、まとまった休みにはロングツーリングにと、コンスタントに活躍してくれます。自転車の性格が似ているシクロクロス用の自転車も狙い目です。

【オススメアイテム】

フロントバッグ ¥4,000~
サドルバッグ ¥20,000~
フロアポンプ ¥3,000~
ドリンクホルダー ¥700~
輪行袋 ¥5,000~
サイクルコンピュータ ¥2,000~
チェーンオイル ¥1,000~
ビンディングペダル ¥5,000~
ビンディングシューズ ¥10,000~
自転車用デイパック ¥5,000~

【オススメサービス】

・バイオレーサー1000 (バイク購入で無料)
・サンデーライド(のんびりタイプ)
・サンデーライド(輪行ツーリング)

詳しくはワイズロード各店まで!

ハイエンド

ご購入目安:15万円~20万円

- この価格帯の一例 -
exella sportif

ARAYA
EXELLA SPORTIF

機能的な面だけでなく、気持ち的にも良い旅の相棒となってくれる自転車が欲しい、というニーズに応えたクラスです。 乗り心地、材質、構成部品、質感、デザイン等、妥協せずにまとめられており、末長くお使いいただける機能と満足感を備えています。 旅の素朴な風景の中でも違和感なく溶け込む、主張しない存在感が大人の魅力をかもし出しています。長く乗るからには、快走系やのんびりゆったり系など好みに合った性格の自転車を選ぶのも重要なポイントです。

【オススメアイテム】

高級フロントバッグ ¥9,000~
高級サドルバッグ ¥8,000~
GPSナビ ¥30,000~
サイクルウェア ¥10,000~
レインウェア ¥5,000~
ハイパワーフロントライト ¥5,000~
カスク ¥10,000~
革サドル ¥10,000~
サングラス ¥5,000~
高級タイヤ ¥8,000~

【オススメサービス】

・バイオレーサー5000
・サンデーライド(のんびりタイプ)
・サンデーライド(輪行ツーリング)

詳しくはワイズロード各店まで!

特徴

ツーリングは、自転車に乗れるようになった頃のようなワクワクするロングライドや、旅の手段として自転車を用いる勝ち負けのないスポーツです。基本的にどんなバイクでも楽しむことが出来ますが、ツーリング専用の自転車は荷物を多く積載することが考慮されていたり、長旅でのライダーへの負担を和らげる工夫がなされています。

近年ではアドベンチャーの一つとして海外を自転車で旅される方が多くなりました。自分の旅のスタイルに合わせてバイクを選ぶことが重要です。

種類

日帰りツーリング向き

●クロスバイク

クロスバイク

日帰り~1週間以内のライトなツーリングにはクロスバイクがおすすめです。部品はほぼマウンテン バイクと同じですが、車輪が700C径(ロードバイクと同じ径で太めのタイヤを装着)で、全体的にスリムなマウンテンバイクというタイプです。舗装道路中心となりますが、少々ラフな路面も走行可能。 キャリア、マッドガード(泥よけ)を後付けできるタイプがおすすめです。 標準装備のタイヤの太さは細めから太めまでモデルによって様々。キャリア装備で荷物を積むなら、太めのタイヤを装備したモデルが向いています。

●ロードバイク

ロードバイク

ハイスピードツーリングにピッタリなロードバイク。

ハイスピードツーリングは荷物を極力少なくして速いスピードで走り、1日の移動距離を稼ぐスタイルです。小さめのフロントバッグやサドルバッグの装着が可能。中にはキャリアが着けられるロードバイクもありますが、他車種と比べると軽さを重視して車体の頑丈さは低めのため、積載量は考慮する必要があります。

長期ツーリング

●ランドナー

ランドナー

ランドナーは伝統的スタイルのツーリング車です。主に26インチの車輪で前後マッドガード(泥よけ)付き、ドロップハンドルなので長時間の走行にも向いています。雨の多い日本ではこのタイプは実用的とも言えます。マウンテンバイク程の耐久性はありませんが、乗り心地がしなやかで、ある程度の積載にも耐え、多少の悪路も走れる万能タイプです。また、前フォークを抜いてコンパクトに輪行が出来るようになっているモデルが多いのも特徴です。

※輪行 … 自転車を簡単に分解して専用の輪行バッグに入れ、目的地まで電車などを利用してサイクリングするという日本独特の自転車輸送方法。鉄道の旅と自転車の旅を両方楽しめ、変化に富んだコース取りが出来ます。

●マウンテンバイク(MTB)

MTBベースツーリング車

長期間のツーリングにはマウンテンバイク(MTB)が最も多く使われています。オフロードを走ることが出来る頑丈な車体と車輪を持っているので40~50Kg にもなる荷物にも耐えられます。また、タイヤをはじめとする部品の規格はMTBのものが世界で最も普及しているため、海外で走る場合は有利なのも強み。左の車両は、MTBをベースに開発されたツーリング車です。

●折りたたみ自転車

折りたたみ

輪行ツーリングを楽しむための最適な選択肢の一つとして、折りたたみ自転車が挙げられます。単純に走りを優先した場合、性能面ではフルサイズの自転車に一歩譲りますし、荷物もあまり積めません。 しかし輪行時はあっという間にバッグに入れて電車に乗れるので、走りのデメリットを輪行でカバーするツーリングにはおすすめです。折りたたみ自転車はメーカーごとに個性が発揮され、短距離向きのモデルから長距離もこなせてしまうモデル まで味付けは様々。畳み方も簡単なものから凝ったものまでいろいろありますので、使い方の好みに合った一台を吟味することが大切です。

トレンド

伝統的なスタイルの復権

ランドナー

日本の伝統的なランドナー。画像はワイズロード古参スタッフの愛車で、随所にこだわりのカスタマイズがみられます。

自転車はクラシカルなランドナー、ファッションは落ち着いたカジュアル系。ヘルメット代わりにカスク。 日本の風景によく溶け込むスタイルです。もともと昔からコアなツーリストに支持されてきたスタイルですが、今はMTBでもロードでもない「新しい」スタイルとして再び注目されつつあります。エイ出版「旅する自転車の本」シリーズはじめ情報発信も増えました。

折りたたみ×輪行の組合せ

代表的な「走る」折りたたみ自転車、ブロントン

代表的な「走る」折りたたみ車、ブロンプトン。デザインが優れ、小さく折りたため輪行ツーリングに便利です。

高性能折りたたみ自転車で輪行ツーリング。「折りたたみ自転車なら、輪行してみてもいいかな」という方が増えています。ロードやMTBもクイックレバーで車輪を外せば5~10分程度で輪行出来ますが、折りたたみ自転車ならかかってもせいぜい数十秒。その手軽さは一度味わうと捨て難い魅力となります。高性能な折りたたみ自転車なら、小さな見た目とは裏腹に、意外と良く走ってくれます。そのため、フルサイズの自転車をお持ちの方でも「輪行ツーリングだけは折りたたみ自転車でお気軽に」と、使い分けして楽しまれています。

ロードバイクで快速ツーリング

代表的なコンフォートモデル、CANNONDALE SYNAPSE

ロードバイクを用いたツーリングには、「コンフォートモデル」と呼ばれる、長距離を快適に走ることに重きを置いたモデルがおすすめです。

ロードバイクで軽快ツーリング。車体が軽いので楽に走れます。ツーリング向きに設計されたロードバイクの場合、少し太めのタイヤで乗り心地を良くしたり、幅広いギアを装備したり、ポジションをラクめにして快適性の向上を図っています。ウェアは、レーサージャージとカジュアル系ウェアをうまくミックスし、スポーティな雰囲気とカジュアルな雰囲気の融合を狙ったものが人気です。

スタイル

ファッション

バイクもウェアもオシャレに!

ツーリングは勝ち負けを争わないので「こうでなければダメ」というのはありません。その分、ライダーの個性を発揮した粋なスタイルが咲き乱れています。そんな自由ななかでも押さえて置きたいポイントは「高機能」ということ。高機能なものは速乾性だったり、着心地が良かったり、寒暖の調節がし易かったり、重宝するポケット や安全性を高める反射テープが付いていたり・・・と、ツーリングを快適なものにしてくれる影の立役者です。とことん機能を追及してレーサージャージ!やとことん雰囲気を重視してカジュアル系で固めて!もありですが、トップスはおとなしめのレーサージャージ、ボトムスはカジュアル系という具合に、機能と雰囲気をうまくミックスしたスタイルが主流となっています。

いずれにせよ、他のジャンルと同じように、旅を楽しいものにするためにもヘルメットなどの安全装備は不可欠です。

ウェア専門館もあります

もっと自転車でファッションを楽しんでもらいたい。高機能ウェアを実際に体感して欲しい。ウェアやアクセサリーにもこだわるワイズロードは、ウェア専門館をご用意しています。

新宿ウェア館 上野ウェア館 池袋ウェア館 横浜ウェア館 名古屋ウェア館 大阪ウェア館

Y'sスタッフおすすめ!カスタムポイント

もっとカッコよく!もっと高性能に!

簡単に自分だけの一台にカスタマイズできるということは自転車の大きな魅力のひとつです。カスタムはしたいけど、どこから手を入れたらいいのか分からない…という方のため、ワイズロード各店のスタッフにおすすめのポイントを聞いてみました。

1位タイヤ

「耐久性重視!」(二子玉川店)

「ツーリング車でのタイヤ選びの重要な基準は、耐久性です。」(新宿クロスバイク館)

「長期のツーリングでは耐久性が要求されるため、ロードバイクなどとは選ぶものが異なってきます。」(横浜店)

2位キャリア

「ツーリング車といえば、荷物が積めなければ始まりません。」(渋谷本館)

「ツーリング車のアイデンティティともいえるパーツです!」(名古屋本館)

「ツーリング車なら必需品。」(東大和店)

3位パニアバッグ(※)

「用途だけでなく、ランドナーなどなら雰囲気に応じて選ぶのも楽しいですよ。」(大宮店)

「本格的なツーリング車なら、パニアバッグが必須ともいえるアイテムです。」(松山店エミフルMASAKI)

「防水性や開け閉めのしやすさ、キャリアへの着脱の容易さがチェックポイントです。」
(新宿本館)

※パニアバッグ…荷台に取り付ける左右振り分け式のバッグ

他にはこんな意見が寄せられました。

バーエンドバー
「ハンドルポジションが増え、特に上りが楽になります。」(渋谷本館)
ブレーキ
「荷物が増えてもきちんと制動できるものを選ぶ必要があります。」(上野テック館)
ライト
「ハイパワーライトを装備すれば夜間走行も安心。」(福岡天神店)

他の車種でも上位に上がるタイヤですが、他と違って選択の基準を耐久性に置くべき、という意見が多数を占めました。また、やはりキャリアはツーリング車には大事なもののようです。

あなたと自転車の力を引き出します

ワイズロードはあなただけの一台づくりを強力にサポートします。下記以外にも独自のサービスを多数ご用意。詳しくは「充実のサポート/サービス」のページをご覧ください。

BioRACER
スポーツバイクではサイズ設定が超重要!自転車をあなたの身体にフィットさせる
バイオレーサー
Y'sTech
愛車のメンテナンスも、カスタマイズも。確かな技術の
Y's Tech
Wheel GALANCER
走りが変わる。最大20%速度がアップ!Y'sTech ファインチューンの具現化
ホイールバランサー

遊ぶ

ツーリングへ出かけましょう

自転車でのツーリングの魅力は、徒歩の何倍もの機動力を持ちながら自分のペースで速くもゆっくりもでき、停める場所に困らない気軽さ・自由さにあります。風を切って五感を総動員しながら走行でき、環境にもやさしい。こんなに優れた乗り物は他に類を見ません。さぁ、ツーリングを始めましょう。

ツーリングの例

通勤ツーリング

日頃の通勤をツーリングとして楽しむ人も増えています。

ワイズロードにも、片道約35kmの距離を約一時間半かけて通勤しているスタッフがいます。 電車の運行トラブルや乗り継ぎのロス、満員電車の苦痛などは無縁。程よい運動となり、仕事の活力も沸いてきます。風景や四季を楽しめる事はもちろん、裏道の探索といった楽しみもあるようです。 まずは二駅分、今度はターミナル駅まで、というように徐々に距離を伸ばしていき、愛車に毎日接する楽しみを味わってください。

日本縦断ツーリング

長期休暇を利用し自転車で日本を縦断する人も増えてきています。

夏休み期間など、自転車にたくさんの荷物を積んでツーリングを楽しむ方を見かけることも多いのではないでしょうか。生半可な事ではありませんが達成した時にはかけがえのないものを得ることができます。 日本半周や、四国一周、北海道一周など、目標を設定し、フェリーや鉄道なども利用しながら自転車と共に旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。 ワイズロードには、最北端・宗谷岬を目指したツワモノや、関東各地の峠をクリアする者など、ツーリング経験豊富なスタッフが大勢います。ご来店の際は、ぜひ旅のエピソードを尋ねてみてください。

海外ツーリング

ツーリング経験を重ねた末、目指すは海外ツーリング。

外国の風景や街並みを楽しむことができ、現地の人々とのコミュニケーションもきっと良い思い出になることでしょう。仲間と助け合いながら、または自分の最大限の力を発揮しながら、自転車の旅を楽しんでみてください。 ワイズロードのスタッフにもニュージーランド9000kmの旅を満喫した者もいます。事前にコースや土地の下調べを念入りにし、装備やアイテムを完璧にしてからトライしましょう。

ツーリングイベントに参加する

自分ひとりの気ままな旅も魅力的ですが、大勢の仲間と共に長距離の制覇を目指すのも、「旅」とはまた違った楽しさがあります。

東京シティサイクリング大会

都庁を起点として、有明方面を大きく回って神宮外苑までの40kmを走ります。10歳以上のジュニアも参加可能なゆったりと走れるイベントです。普段は交通規制が難しい都心の道路を思いっきり走れます。毎年9月に開催。ぜひ仲間を誘ってご参加ください。

ホノルルセンチュリーライド

ハワイ、オアフ島で行われるイベントです。カピオラニ公園をスタート、オアフ島の東海岸を北上、折り返し地点でゴールのカピオラニ公園のゴールへ向かいます。32km~最長160kmの6つのカテゴリーが選べ、誰もが楽しめるイベントです。ワイズロードのスタッフも毎年ツアーに同行し、お客様のサポートを兼ねて参加しています。

佐渡ロングライド

日本一大きな島、新潟県佐渡を自転車で走る「スポニチ佐渡ロングライド210」(佐渡市、スポーツニッポン新聞社、佐渡汽船主催)が2006年より始まりました。36km、80km、110km、210kmの4コースがあり、一日で佐渡一周210kmを走破する最長のAコース1日制では日本最長のサイクリングイベントです。

スポニチ佐渡ロングライド210

おすすめロケーション

ここではツーリング用バイクの代表格、ランドナーのおすすめロケーションを紹介します。他の4種についてはそれぞれのジャンルページをご参照ください。

ランドナー
ツーリングバイクおすすめロケ―ション

取扱店舗

店舗別 取り扱い状況(社内比較)

ワイズロード各店舗のツーリングバイク品揃えボリュームのグラフです。お近くの店舗、または、ご希望の車種を豊富に取り扱っている店舗へお越しください。