O-TAKE TRAILHEAD 乗ってみた!
by: 益子 暁

trailhead

 

 

 

s-masuko2

 

東大和店 益子です。

 

 

 

 いつもお世話になっている東京サンエスの根本さんが、是非乗ってみて!と試乗車を持ってきてくれました。

 

 O-TAKE TRAILHEADです!

 

 

 マウンテンバイクのレジェンド(※)大竹雅一さんがプロデュースするO-TAKEは、憧れのブランドのひとつ。
 オオタケグリーンと呼ばれる独特のカラーが印象的なフレームは、東洋フレーム製です。

 

※)1988年 NORBA(MTB全米選手権)デュアルスラローム 3位(日本人1位)JMA MTB全日本選手権 2位(日本人1位)、1989年 JMA MTB全日本選手権 1位
 

 

 サンエスさんも試乗車を持っていなくて、大竹さんから期間限定で借りているものだとか。
 折角だから、ちょこっと近所を乗らせて頂こうとヘルメットだけ被ったら・・・・・・、

 

 根本さん ジャージに着替えてるし!

 

 

 「登坂性能が特長だから未舗装の激坂を上らなきゃダメ」とのことで、トレイルの入口(文字通りトレイルヘッド)まで走ることに。

 

 で、言われた通りに激坂に挑戦。

 

 

 本当に良く上れました!

 

 偶然上手くいったんじゃないかと、試しに別のバイクに乗り換えたら敢え無く足付き、失敗。全然違います。TRAILHEADは、こぎが軽くトラクションがしっかりかかりブレずに思い通りに上れました。これはびっくり。

 

 

 上りだけでなく、下りも安定。26インチなのに滑らかな乗り心地。ハンドルの切れ方もとても自然。絶妙な乗車ポジション。初めて乗ったのに乗り慣れた自分の自転車よりしっくり来る。むしろ自分の自転車なんじゃないかと思うほどに。

 

 日本のトレイルに最適化されたバイクだとは聞いていましたが、感動しました。

 

 

 

 

 s-masuko2「ところで、もう生産予定が無く在庫限りの自転車に私を乗せてどうするつもりです?」

 

 s-IMGP7086_s「益子さんに買ってもらおうと思って。」

 

 s-masuko2「ぇ……」