サイコン買替え時は2年ごと!? Lezyne GPSのレクチャーを受けてきました!
by: 大元英俊

gpsroot

日の出町のつるつる温泉に入り玉のお肌になった大元です。

タイガーさん

先日、今話題沸騰中のGPSサイコンをリリースした「Lezyne」を

扱っているダイアテックプロダクツさんにお邪魔してきました。

1万円半ばからGPSが導入出来る、実に気になる商品です。

その一番の目的は

「GPSサイクルコンピューターのレクチャーを受ける事!」

/

SONY DSC

/

電源を入れた状態で初めて触らせて頂きましたが、

想像以上に操作が簡単なインターフェイスで驚きました。

バッテリー残量やセンサー接続を表示するトップ画面にプラスし、

4項目表示可能なページを4ページ表示が可能です。

ルートを設定すれば簡易マップとルートナビゲーションが表示され、

画面切替ボタンが進む戻る両方あり画面を切替過ぎてもすぐ戻れます。

正規代理店からの国内販売分は日本語対応しており、設定画面も

分かりやすい単語で表示され1日もたたずに使いこなせるはずです。

/

このGPSサイコンを語る上で欠かせないのがPC・スマホとの連携です。

/

gpsroot unnamed

GPS LOOT:http://www.lezyne.com/gpsroot/gps_login.php

/

専用サイトの『GPS LOOT』のアカウントを作成しログインする事で

ログの管理やデータ分析、ルート作成を行う事が出来ます。

無題2

/

そしてスマホ用アプリ『GPS ALLY V2』からは「Bluetooth」で

出先でもルート設定やサイコン側の表示ページ、項目を設定可能です。

/

gpsally2

/

注目なのは「Lezyne Track」機能、登録しておけば仲間が

走っている場所を地図上で確認をする事が出来る優れ物!

人でごったがえすロングライドイベントではぐれた時や、

人数が多く、複数の班に分かれて行動する時に便利です。

/

無題

/

嬉しいのはソフトウェアやファームウェアは日々更新され、

新しい機能が今後も追加されていく予定な所です。

パワーを基にトレーニングを指導する「ピークスコーチング」とも

提携を予定しデータから最適なトレーニングを提案してくれるとの事。

不具合や問題点をすぐに修正してくれるのも強みではないでしょうか。

/

これだけ多機能で全モデルが1万円半ばの価格設定は驚きです。

Lezyneの開発陣曰く、サイコンが故障したり新モデルが出る事で

サイクルコンピュータの平均買い替え周期は統計では約2年と、

その度に高価なGPSを買い直すのは経済的ではないと語ります。

2年周期で1万円の価格帯でスマートフォンの様に買い替えた方が

常に新しくバージョンアップされた物を利用も出来ます。

『進化のスピードが早い電子デバイスで一生物は有り得ない』

そう考えればこの価格帯を使い回していく方が結果的には経済的で、

その時にあった快適なライディングを提案してくれる事でしょう。

これを読んで「確かに」と思って頂けたならば検討の余地ありですよ。

このGPSサイコンの有用性に「ビビッ!」ときた私は

近々購入をして使い込んでみようかと思います。

Lezyneのサイコンについてお伺いしたい方はぜひご来店ください。

/


【おまけ】
ダイアテックさんのショールームに置かれていた

MOOTSがめちゃくちゃカッコ良かったです!

SONY DSC