【バイオレーサー5000】CERVELO R5に乗るK様の場合
by: 大元英俊

DSC01058

/

東大和店バイオレーサー5000施工者の大元です。

タイガーさん

今日のお客様はCERVELOのR5に乗るK様。

プロ選手も乗るとても凄い一台ですが、サドル後退量を中心に

ポジションが果たして合っているのか気になってのご来店です。

/

SONY DSC

/

元のポジションを見る限り大きな違和感はありません。

お客様の体形を見ても極端なポジションは必要なさそうです。

このポジションのプラスマイナス?mmに隠れたより良い

塩梅のポジションを探して計測してみると・・・

/

SONY DSC

/

サドル高:マイナス5mm

サドル後退:マイナス10mm

サドル~ハンドル距離:マイナス20mm

サドル~ハンドル落差:プラス1mm

/

今回大きく変わった所はお客様も気にしていたサドル周り!

サドル高を5mm下げ、サドル後退を前に10mm前に出す事で

膝の位置を最適化しよりペダリングしやすい位置に合わせました。

これでペダルシャフトに真っすぐとスムーズに踏み込めるはずです。

サドルを下げた分スペーサーを薄くして落差を維持しています。

ステムを10mm短い物に変えるとより良いポジションになりますので、

K様にはお早目にステムの交換をオススメ致しました。

新ポジションをさっそく試して頂いた所、膝の回転がスムーズになった事を

バッチリ体感してもらいこんなに違うのかと驚いて頂けました。

R5が持つ真のパワーを引き出すニューポジション、

ヒルクライムのタイムもこれで短縮できるかもしれません。

K様の更なるタイム向上を期待しております!