【バイオレーサー5000】CERVELO R3に乗るT様の場合
by: 大元英俊

DSC01013

/

ワイズロード東大和店のバイオレーサー5000施工者大元です。

タイガーさん

今回のお客様はCERVELO R3に乗るT様です。

譲っていただいた機材をご自身で組み立てを行った為、

正しいポジションが分からないという事でご相談でした。

/

SONY DSC

/

元のポジションはサドルがかなり高く、

ハンドルは大きくしゃくれたセッティングでした。

落差も大きく109mmもついていました。

サドルが大きく前に斜めになっているのは落差が大きすぎる為、

握った際の骨盤の落ち着きを良くする為にと思われます。

典型的な落差を深くし過ぎている方に出るポジションです。

お客様が疑問に思っている所をしっかり解決する為に、

計測してシュミレーターで試し再セッティングをしてみると。

/

SONY DSC

/

サドル高:マイナス32mm

サドル後退:マイナス6mm

サドル~ハンドル距離:変更無し(理想はプラス10mm)

サドル~ハンドル落差:マイナス30mm

/

ハンドル落差とサドル高大きく変わる結果になりました。

サドルが高すぎた為それを下げる事で落差も是正されました。

また膝の位置を見てサドルを前に出す事でより真っすぐと

踏み込めるポジションに変更し、より効率的なフォームに。

理想的なハンドル距離にステム交換もオススメしたいですね。

/

早速お試し頂いた所・・・全然違うと大喜び頂けました!

これで名車CERVELO R3の真の実力をご体感頂けるはずです。

この新ポジションでレーシーな走りをご堪能ください!