バイクパッキングの救世主!ドリンクボトルどうしよう問題解決か!?
by: 佐藤篤

_

ブルベライダーの佐藤です

_

_

_

renegade

JAMISのRENEGADEシリーズ

_

_

_

jari

FUJIのJARIシリーズ

_

_

_

s_checkpoint

そして今大注目のTREK CHECKPOINT

_

_

_

これらのアドベンチャーグラベルロードバイク

認知度が日に日に増しているのを感じています

選択肢も増えて喜ばしい限り

_

_

_

そしてその走りを支えているのは

これもまた興味のある人が多いであろう

_

_

 ORTLIEB

_

balckburn

_

_

バイクパッキング

_

_

着脱に工具が必要なラックを使わずに

大量の荷物を運搬したい!

という流れから各バッグが大容量化したものです

下の画像はラック付けてるけど…

_

_

_

私もブルベに参加する際は

このバイクパッキングに近い装備で参加しますし

他のブルベライダーもサドルバッグの巨大化

目立つようになってきました

_

_

_

バイクパッキングそのものは非常に

喜ぶべき改革なのですが

サドルバッグを巨大化すると

荷物のアクセスのしやすさから

_

 何でもかんでも収納したくなってしまいます 

_

_

するとサドルバッグの重量が5kg近くなることも

珍しくありません

_

そうなるとダンシングがしにくくなり

ライディングに大きく制限を受けることになります

_

_

_

他に大容量のバッグを取り付けられる場所は

フレーム前三角となります

_

_

flamebag

_

フレームバッグの出番ですね

サドルバッグよりは重心が下がるので

安定性は良くなります

_

_

ただ、フレームバッグ導入に際して

必ず確認をしなければならないのが

_

トップチューブ長(実測値)

ドリンクボトルの取り付け位置

_

_

とくにドリンクボトルの取り付け位置

これが厄介です

_

_

_

現在主流のスローピングフレームでは

基本的にボトルが使えなくなるものと考えていいでしょう

仮にボトルを携行しても着脱が

非常にやり辛くなると思います

_

ホリゾンタルフレームの場合でも

ヘッドチューブが短いモデルでは

小容量のフレームバッグでも

ボトルの抜き差しに影響がでる可能性が高いです

↓ ↓ ↓

_

s_IMG_0709

_

s_IMG_0710

_

うーん…

21ozの小さいボトルは挿せましたが…

抜き取る際にフレームバッグに

めり込ませないと抜けません

_

 

_

自転車カスタマイズで度々発生する

_

(規格的に)使えるけど

(実用面で)使えない現象です

_

_

そもそもボトルケージが

上に抜き取るタイプなのが問題なのですが

サイドリリース(横抜き)のボトルケージも

ボトルを差し込む時は上から差し込むので

結局は干渉してしまうんですね…

_

_

CBRAT1B

_

じゃあハイドレーションバッグを背負うしかないか

と諦めていた方、ちょっとまった!!

_

_

_

s_IMG_0716

_

KOALA BOTTLE

K3 SYSTEM

22oz (650ml) : ¥4,800 (税別) ※ボトルケージ付※ -在庫有-

22oz (650ml) : ¥2,200 (税別) ※ボトルのみ

21oz (621ml) : ¥4,200 (税別) ※ボトルケージ付※ -在庫限り-

21oz (621ml) : ¥1,500 (税別) ※ボトルのみ

_

_

_

この商品そのものはご存知の方も多いと思いますが

取り出しは手前に引っ張る

戻す時は手前から奥へ押し込む

_

ケージでボトルを抑えるのではなく

磁石の力でカチッと固定する…

_

という独特なリリース・キャッチの構造

_

専用ボトル専用ボトルケージが必要になりますが(※)

これ、実はバイクパッキングに最適

ボトルケージシステムなのです!

_

_

※マグネット装着が不要の場合は一般的なボトルケージに適合します※

_

_

取り付けイメージはこんな感じ

バッグまで余裕もありますし……

_

s_IMG_0719

左:22oz 右:21oz

_

取り出しの際には上ではなく

矢印の方向に引っ張りますので

フレームバッグに荷物を入れていても

取り出しに苦労することはありません

_

戻すときはボトルを適当に

ボトルケージのそばに持っていけば

勝手にカチッとはまります

_

_

バイクパッキングが流行る前までは

「なんか面白い商品があるな~」

くらいにしか見ていませんでしたが

いざフレームバッグをインストールしてみると

突然キラキラと輝き出すダイヤの原石だったのですね…

_

_

_

もちろんフルサイズのフレームバッグを使う方は

ボトルケージそのものが使えなくなりますので

その際は別の方法を考える必要があります

_

その話はまた別の機会に

_

_


 _

 徐々に暖かくなり

デイキャンプや一泊二日の自転車旅など

キャリアを付ける程ではない

ライトなツーリング計画を立てている方もいるのでは?

_

s-masuko2

_

_

 バイクパッキングでボトルケージどこに取り付けるか問題 

もしかするとこのコアラボトルケージ

解決してくれるかもしれませんよ!?

_

_

店頭在庫は残りわずかですので

気になる方はお早目にご来店ください!

_

_