スピードプレイ全部ばらしてみた!実は軸交換ができるのご存知でした?
by: 大元英俊

DSC04849

/

こんにちは、ワイズロード東大和店の大元です。

タイガーさん

/

革新的な構造でペダル界にイノベーションを巻き起こした

みんな大好きペロペロキャンディーことスピードプレイ!

低スタックハイトでダイレクトなペダリングに直結し、

見た目以上の踏み面積の大きさで伝達力も抜群!

しかも両面キャッチ出来るので戸惑わない最高のペダルです。

/

クリート位置の細かい微調整が出来るので気が付けば

私も7年も愛用しているのですが、そろそろ限界だろうと

思い切ってばらしてみました。

/

DSC04846

/

構造自体は至ってシンプル!

ステップ部分にシールドベアリングが組み込まれ、

そこにOリングをはめたスピンドルが刺さっていて、

T15のトルクスネジで固定されています。

分解する時はキャップを止めるネジを1番のドライバーで外し、

ペダル本体をクランクに取り付けた状態か万力で固定してから

T15のトルクスレンチでグッ!と回せば分解する事が出来ます。

ただし!ネジにはロックタイトが塗られていますので、

一般的なL型の工具ではしっかりと回す事が難しくなめる危険大!

真っすぐと力を加える事が出来るT型での作業をお勧めします。

/

さてさて、バラして引っこ抜いたスピンドルを見てみると

/

DSC04851

/

ガッツリ削れています。

チタンシャフトなのですがここまで削れるとは。

繰り返しのペダリングでこれだけ摩耗してしまうのです。

このまま使えない事はありませんが、回転性能を

重視すると気になる所ではありますね。

スピンドル自体は交換品がメーカーより取り寄せが可能です。

またステンレスモデルであれば長いスピンドルも選ぶ事が出来ます。

英国のトップスプリンター、マン島の超特急ことマーク・カヴェンディッシュは

わざわざクランクとペダルの間に1cmの特性シムを入れ、

ペダルのQファクターを大きく広げている事が知られています。

世界的に広いQファクターの価値が今見直されており、

スピードプレイであれば他社にはないQファクターを実現可能です。

/

sta-spindles

/

『関節の動きにクセがありQファクターが狭いと動かしにくい』

『体格が大きいので内側に向かってペダリングしてる気がする』

そんな方はスピードプレイのスピンドルを交換すれば、

理想の長さを持ったペダルにカスタマイズする事が可能です。

スピンドルの価格は17,800円とだいぶお高めではありますが、

身体にマッチした最高のペダルを作るなら惜しくない投資です。

/

取り寄せにお時間はかかりますが、気になる方はご相談ください。

またスピードプレイ各種は大好評販売中です!

スピードプレイの素晴らしさをぜひご体感あれ!

/

DSC04853