intro facebook

【東大和×チューブレス】コンチネンタルの最強タイヤ『GP5000 TL』25Cも28Cも揃えてます! 時代はやっぱりチューブレス!
by: 大元英俊

20190813_172345

/

  コンチネンタル  

 Grand Prix 5000 TL 

ラインナップ:700×25C・700×28C

——————————————————

希望小売価格:9,800円+税 

/

14年のロングセラーだった『GP4000』がモデルチェンジし、

後継モデルのGP5000はその期待に応える走りの進化で大人気!

コンチネンタルだけが使える『ブラックチリコンパウンド』

防弾チョッキにも使われる強靭な『ヴェクトランブレーカー』

新たに施されたサイドの『レーザーグリップ加工』により

走りの軽さ・耐パンク性・グリップが完璧に備わったタイヤです

/

20190813_172404

▲ 『レーザーグリップ加工』は唯一無二のカッコよさ!

/

こちらは『チューブレスタイヤ』ですが

『チューブレスレディホイール』で使用する場合は

シーラント剤は片側60mlほど必要になります

『チューブレスホイール』の際は必要はありませんが、

エア漏れ防止で片側30ml入れる事がオススメです

/

チューブが入っていないチューブレスならではの

快適性と転がりの良さは『上質な走り』の一言につきます

クリンチャーで感じていた微振動や伝わる硬さが無く、

まさに次世代のタイヤ規格にふさわしいと思います

/

DSC07797

▲ GP5000TLを装着すると足回りの印象が大きく変わる

/

リムのワイド化が進む『ディスクブレーキロード』には

28C以上の幅を持つタイヤが最適になっています

幅が広くなれば、増える重量がクリンチャーはより顕著です

チューブは太くなればなるほど重量が増しますよね

タイヤの重量増とチューブの重量増でダブルパンチです

チューブレスはその点、太くなってもタイヤの重量増のみ

多少のシーラント量増になってもチューブよりも軽いです

/

ディスク化の波に乗るならチューブレスタイヤは外せません

対応ホイールをご利用中の方はぜひ踏み出してみてください

チューブレス化のご相談はワイズロード東大和まで!

IMG_1571

 

bnr_sss2019_711_280

/

bnr_sss_wear2019_711_280

アルバイト募集バナーバイオレーサーバナーバナー 東大和店