【社内試乗会】アルミロードを比べてきました!
by: 神長 範明

 

 

 

 こんにちは、最近通勤ライダーと化しています、

3階完成車フロアスタッフ・神長です。

 

 

 

 

 

さる10月18日、休業を頂きありがとうございます。

ワイズロードにて、社内試乗会が行われ参加して来ました。

 

 

 

個人的な今回のテーマの一つ目

「アルミロードの進化を体験」

 

 

 

最近のモデルの流れとして、アルミ加工技術の向上により

ブランドごとに形状・乗り味などかなり違いを感じることが多いです。

 

 

 

 

 

 

まず、1台目

 

 

 

DSC_4680

DSC_4682DSC_4683

 

CORRATEC

「DOLOMITI 105」

お値段 ¥158,000-+税

 

 

  

商品紹介のブログはコチラからどうぞ!!

 

 

 

以前は、より硬い7000番台のアルミ素材を使い

レーシーでカッチリした走行性・学生で競技嗜好の方向けと言われてましたが

現在は6061のアルミ素材を使用することで

柔らかさもあり、フレーム全体のしなりがあります。

 

衝撃を抑える性能は高く、お尻から「グサッ」と刺さる感じは少なく

「ボコボコッ」みたいな感覚まで抑えられていますね。

振動吸収性も良く、通常の舗装路であれば

多少「ザラザラ」感じる程度で走行できます。

 

 

 

また踏み込み時の感覚は、

自分がへなちょこではありますが、踏み負けてしまう程高い剛性感は健在!?

しっかりとしたペダリングとパワーがある方なら

恐ろしい速度帯まで加速できるのではないでしょうか?

 

 

 

ちなみに、TIAGRA仕様であれば¥138,000-+税

SORA仕様でしたら¥125,000-+税と

同じカラーリングでコンポーネントグレードを変更可能!

ご予算に応じて、好きなカラーリングが選べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

つづいて、2台目はこちら

 

 

 

DSC_4663

DSC_4664DSC_4666DSC_4665

 

TREK

「EMONDA ALR 5」

お値段 ¥172,000-+税

 

 

 

  

商品紹介のブログもあります!!

 

 

 

 

2代目とかけてのご案内(たまたまです!)

先代からのスムースな走行性能が格段にアップしたモデル。

特に登板時のダンシングで振った時の推進力は格別ですね。

シッティングで淡々と走るのも良いですが、

攻めるあなたにうってつけです!!

 

 

 

外で写真を撮る機会は貴重ですねー。

カラーリングが光の具合で変わっていく、飽きることのない見た目

フレームデザインが色々な観点から素敵と感じる1台です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に乗った、3台目は

 

 

 

 

DSC_4655

DSC_4659DSC_4656DSC_4658

   

RIDLEY

「HELIUM SLA SORA

お値段 ¥129,000-+税

写真ぼけてすみません。

 

 

 

JPスポーツグループ様のHP上では紹介されていたモデル。

「なぜ、FENIXではなくHELIUMベース・・・?」

個人的には疑問をもっていました。

 

 

 

 

 

 

いい意味で裏切られました・・・

よく進み、上りも難なくこなし、安定感もしっかりある。

 

 

 

シートステイと呼ばれるチューブがかなり細く

“よれる”“ねじれる”ことでギクシャクした走行になるかな?

とか思っていたら、想像以上に加速する。

 

 

 

RIDLEYほしいけど、10万円台ありますか?

このバイクで決まり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

twitter-bird-lightダウンロード.

Twitter・INSTAGRAM

始めました!

池袋店公式アカウントから最新情報をGET!?

 

 

 

 bnr_specialloan_170208

お得な分割で月々無理のない支払いが可能。

しかも金利はたったの1%!!

 

 

 ウェア館 

 

2018.10.20. IKEBUKURO KAMINAGA