facebook

【自転車通勤・通学】スポーツバイクってお尻が痛くなりやすい(◞‸◟) 何とかならないの?!
by: 須原 賢志

 

 

 

クロスバイクやロードバイクでのライド中に

 

お尻をぶつけた人のイラスト(男性) 

 

なんだか・・・お尻が痛い(>_<)

 

 

スポーツバイクに乗り始めた人に必ずと言っていいほど

直面する問題ではないでしょうか?!

 

 

ちょっとした街乗りであればいいですが

長時間・長距離を走ると痛みを感じる人が多いと思います。

 

私もクロスバイクに乗り始めた頃の事を思い出しました ( ´∀` )

 

 

 

● シティサイクルと比べるとサドルが薄くて硬い

● スポーツバイクに乗り馴れておらずお尻が鍛えられていない・・・

 

 

お尻が痛くなるには、色んな原因があると思います。

 

 

 

クロス・ロードバイクのサドルは固めの物が多いです。

 

なので、おしりの一番荷重がかかるところに

衝撃を吸収してくれるパッドの入っている

 

サイクルパンツ

穿くことでサドルからの衝撃を緩和することができます。

 

 

短い距離でもレーサーパンツを着るだけですごく快適ですよ(^^)/

 


 

 

池袋ウェア館では

パールイズミキャンペーン 開催中!!

 

 

パールイズミ製品5%OFF!

 

完成車と同時購入なら15%OFF!!

 

 

パールイズミキャンペーン (1)

 詳しくは クリック

 

車体を買ったら一緒にウェアも

お得にGETのチャンス!!

  

 


 

 

● サイクルパンツの種類

 

 

 パッド付きのレーサーパンツ

 

 

 

 

 

伸縮性、吸汗速乾性のある生地でできた

レーサーパンツを履くことで

 

動きやすく、空気抵抗が少ないので楽に走れます!

 

 

 

 

写真:パールイズミHPより   220-3DR コールドシェイドパンツ

 

 

レーサーパンツは基本的に1枚で着用します。

下着等と重ね穿きすると股ずれしたり通気性が悪くなるので

 

 

快適性、地肌のダメージを考えると

「素肌に着用」を推奨してます。

 

 

 

こんな 感じのパンツを合わせて穿くと

身体のラインも気にならなくてGOOD!!

 

 

写真:パールイズミHPより   9110:ストレッチ ショート パンツ

  

 

輪行に行く時にも活躍します!!

 

 


 

 

 インナーパンツ

 

 

 

ロードレーサーのようなピチピチのシルエットに

最初は抵抗があるかもしれません。

 

正直・・私も最初は抵抗がありました☻

 

 

そんな方にピッタリです。

 

※ 商品を裏返しにした写真です。

 

上のレーサーパンツとは異なり下着の代わりに着用し

 

 

写真:パールイズミHPより   159-3DR 3DRメッシュインナーパンツ

 

 

 

その上にズボン等を穿きます。

なので、通気性がよく薄い素材で作られています。

 

 

これなら、普段と同じ感じの服装でも

お尻の痛みも緩和できます。

 

 

 


 

 パッド付きカジュアルパンツ

 

 

最近では

 パッと見は、スポーティーな七分丈パンツ。

 

 

しかし実は・・・

パッドが標準装備で付いているパンツ。

という物も!

 

写真:パールイズミHPより   248-3D サイクル クロップドパンツ

 

 

 

 

 

 

このパンツ1枚で出かけられるので

 

重ね履きする事でのウエスト部分のゴムによる締め付けが無く

前傾姿勢になった時にウエストが楽々です。

 

 

 


 

 

 ● パッドの選び方

 

 

パッドの厚みや形状はモデルによって異なります。

 

走りに合わせて選べる最適なクッション性能

 

パールイズミHPへ ⇒ パールイズミ:走りに合わせて選べる最適なクッション性能

 

 

痛みの発生を防ぐという観点では、

軽いけれどペラペラな薄手のものよりも

 

ある程度厚みと肉厚な

クッション感があるパッドの付いたモデルがオススメです。

 

 


 

 

● サイズの選び方

 

 

パッドが付いているサイクルパンツは

 

大きすぎず、小さすぎず

 

ピッタリなサイズを選んでください。

 

 

大きすぎる・小さすぎると

パッドが擦れて痛くなってしまったり

食い込んだりして痛くなってしまう可能性があります。

 

 

 

必ず試着することをおススメします!!

 

試着の際の確認ポイント

※ 試着の際は下着の上からお願いします。

 

 

☆重要☆ パッドが付いているので上がりにくいため

しっかりと太もも部分を上げてパッドが密着するように穿く。

 

 

 

 

① ウエストがきつくないか。

 

パッドがお尻から浮いていないか。

 

③太ももを上げる(ペダリングのイメージ)

 

 

 

太ももの太さが変化します。

 

 

その際に締め付けがきつくないか確認します。

 

 

 

 

あいにくの天候で自転車に乗りたいけど・・・思っている方

晴れの日のために、準備しときましょう!

 

 

店頭で試着できるのでご来店お待ちしてます!!

 

 

 不明な点は、お気軽にスタッフまで!!

 

 

                      2020/05/29 SUHARA