【スタッフ記事】ドリルを駆使してフロントバッグをすっきり取り付け!
by: 深堀 皓大

IMGP1411

 

王滝組の写真が実に楽しそうですね!(笑)

 

今日もツーリング関係ですが、

今回は一応商品紹介ではありません!

なぜならワイズロードに取扱いが無いから(汗)

 

以前からちらちらとご紹介している自分のツーリング自転車ですが、

今回はそのフロントバッグの取り付けのお話です

 

 

IMGP1374

 

問題点①

自分のフレームはサイズ55

ヘッドチューブ長は167mmあります

そこからサドル高とほぼ同じ高さまでステムを上げています

するとハンドルに革ベルトで固定したバッグは高さが足りず

フロントキャリアからちょっと浮いてしまいます

荷物を入れた状態では若干落ち込み前の方は荷台に一応着くかなという感じ、

 

 

問題点②

またF-104の革ベルトとギドネットレバーの位置の相性が悪く

ちょっと不格好な状態でした

バッグの高さは使っていれば革ベルトが伸びたり、

バッグの落ち込みを考えれば自分としては気にならない範疇だったのですが

革ベルト位置は出来れば改善したい

 

 

そこで思いつくのはフロントバッグサポーターというものですね

(これが正式なジャンル名かは分かりません 汗)

当店でも入手可能なものとして日東さんから出ている

”ZAO”という商品があります

(現在当店での在庫はございません。

お取り寄せは可能ですが、生産量が少なく時間が掛かることが多いです)

その他には京都のグランボアさんもこういった商品を出してくれています

(残念ながら当店での取り扱いはございません)

 

 

ZAOもグランボアさんの商品も

ステムのハンドル固定ボルトと一緒に台座を固定します

  

    

 

こうすると基本的にはバッグの高さはハンドルに革ベルトで固定していた時と

平行移動するような形で問題点②は解決出来ますが、問題点①は残ります

問題点①はさほど気にしていなかったので

「これでいいかな~」と思っていたら、

当店の常連様にそれなら良いものがありますよと教えて頂きました

(ツーリングを担当していながらまだまだお客様にご教授して頂く事は多いです 汗)

 

 

と言う訳で今回ベロオレンジのフロントバッグサポーターを手に入れさせて頂きました

(ベロオレンジも当社での取り扱いはありません)

 

 

IMGP1406

 

ベロオレンジのサポーターは前出の2つとは違いサポーターの台座部分を

ヘッドパーツ部分で固定しますのでバッグの位置は下げた位置での固定になります

これでめでたく①②とも解決です

ただ言い換えるとこのベロオレンジの製品はヘッドチューブが短い場合取り付けが難しかったり、

ヘッドスペーサーを積んでいない場合取り付けが出来ませんね

 

 

IMGP1409

 

バッグに金具を合わせた位置にドリルで穴を開けます

(写真は撮り忘れました 汗)

私の場合はちょうどアルミのステイが入った部分に高さが来ましたので

アルミのステイも貫通させました

これで安定性もばっちりだと思いますが、

金具の穴に対してバッグに入ったステイの長さがかなりギリギリだったので

ちょっとやりづらかったですね

 

IMGP1402

 

IMGP1410

 

ホームセンターで低頭のボルトと袋ナットを買って見た目もばっちりです!

 

 

取り付けました!ハンドル周りもスッキリして自己満足です

 

 

IMGP1403

 

IMGP1404

 

 

が、バッグの高さはハンドルから一段下がります

ここにこだわりがある方はまた更に頭を悩ませますね

 

IMGP1405

 

私はあまり気にしませんので皆様も目をつむって下さい(笑)

 

次はグランボアさんのヴェロドゥレーベを付けたいな~

完成したと思っても中々終わりませんね

 

 

 

環八R1店は国道1号線(第二京浜)沿い!
蒲田から1駅隣!川崎からも近い!
大型スポーツバイクショップです!