【凄かったバイクインプレ】彩湖大試乗会!!
by: 鈴木 惇也

 

 

遅くなりましたが、10/13に埼玉県の彩湖で行なわれた

試乗会のインプレッション記事を投稿します。

 

 

試乗会当日には本当に多くのブランドの方にお集まりいただき、サイクルモードの勢いに

劣らない超超超豪華なバイクラインナップが揃いました!!!!!

 

試乗コースは彩湖サイクリングロードなので超平地での走行となりましたが、なんと

コース1周の距離6.4km&全力走行ができる環境だった

のでバイク本来の性能とその違いがめちゃくちゃわかりやすかったです。

 

多くのバイクブランド&他では体験できない贅沢な試乗コースでの、正に大試乗会と

なりました!

この場をお借りして・・・というかブログ記事内で大変恐縮ですが、彩湖に来てくださった

各ブランドの営業様に本当に感謝です!!

そしてこの環境を用意してくれた我がワイ・インターナショナルにも感謝です!

 

ではインプレッション・・・ですが、ワタシが試乗したバイクは計17台でしたが、全ての

バイクのインプレッションをあげるとゴチャゴチャするので、

ストイックで且つ試乗して圧倒的に感動したロードバイク

部門にて、3台をご紹介いたします。

 

20161013_153129

「ARGON18:GALLIUM PRO

コンポーネント:SRAM eTap

ホイール:ZIPP 202(クリンチャー)

 

近年プロレースで活躍をするARGON18のオールラウンドバイク「GALLIUM PRO」。

日本ではGIANTやCANNONDALEに比べると知名度はまだ低いですが、実は以前に

お客様から「このバイクを試乗したけど本当に凄かったよ!!」という情報を耳にしていた

ので試乗しました。

感想は・・・

 

マジで凄いです!

 

まず漕ぎ出しがやたらと軽かったのでフロントギアがインナーに入ってるのかと思って確認

したら、アウターでした。

 

!!!!!!

 

そして河川敷の巡航ですが、これも驚愕の巡航性能で、常に42km/hの

スピードを維持し走れました。強度を上げて走っているので楽では

ありませんが、自分程度の脚力でもそのペースを維持して、しかもエアロ形状でないバイクで

走れたのは本当に驚きました。

たださすがに着いているパーツがSRAM eTapとZIPP202(クリンチャー)の飛び道具クラス

だったので、単純なフレームだけの性能とまでは言いません。そしてその超レーシーな乗り味

の分、タイヤやバーテープを替えてもどうしようもないくらいの硬さがあります。個人的にイヤな

硬さではありませんが、ゆっくり走るシチュエーションではまずオススメできません。

とは言ってもこの記事はあくまでもスピーディーなバイクのインプレが前提ですし、今回

試乗したロードバイクの中では間違いなく最速です。

 

 

20161013_153438

 「Khodaa Bloom:FARNA PRO AERO

 コンポーネント:SHIMANO ULTEGRA

ホイールSHIMANO ULTEGRA

 

我が国日本の新進気鋭ブランド「KhodaaBloom」が誇るエアロロード「FARNA PRO AERO」。

知名度的にはまだ広く知られていませんが、日本のプロツアーチームに機材を供給するなど

間違いなくこれから活躍するブランドです。

 実はこのKhodaaBloom(コーダブルームと読みます)、市場に出始めた頃ですが、特に

クロスバイクのコストパフォーマンスとその高性能から環八R1店で爆発的な人気を誇りました。

その頃のイメージは見た目も鮮やかだったことから「オシャレに高性能スポーツサイクルを楽しむ」

というイメージで、ガチな印象はありませんでした。それが3年近く前の事です。

 

それから時は経ち・・・

 

やってくれました!!

他社にも引けをとらないどころか、圧倒的な剛性感と漕ぎ出しの

軽さ、そして超軽やかなハンドリング を実現した超レース

志向の強いバイクをつくってくれました!!!

 

他のいろいろなバイクと乗り比べても明らかに速度維持が楽なのと、ダンシングしたときの

軽快感は本当に気持ち良いです。

 

ARGON18と比べると速度維持が少し苦手かと思ったのですが・・・

 

 このFARNA PRO AEROに着いているホイールがSHIMANO ULTEGRA、ARGON18に

着いているホイールがZIPP202と考えると、

「ホイールを入れ替えたらもしかしたら1番速い

かも・・・」と思ってしまいました。 

もちろんULTEGRAのホイールが悪いワケではありませんが、上にも書いたようにZIPPは

飛び道具級なので、性能差は否めません。 

値段を見て、買えるかマジで考えてしまいました(笑)

 

 

 

1466000_2017_a_2_domane_slr_7

 

「TREK:DOMANE SLR」

コンポーネント:SHIMANO ULTEGRA

ホイール:BONTRAGER:RACE X LITE

 

インプレの前に、すみません写真撮るの忘れたのでTREKさんのページからお借りしました。

それとカラーはマットブラックでした!

もはや超有名なので既に乗られて感動された方もおられると思いますが、このバイクも

超絶に良かったです。

何が凄いかというと、ガチガチのレーシングバイクの加速性能とハンドリング

を維持しながらめっちゃくちゃ乗り心地が良かったです!

 

featureasset_404473_adjustable_rear_isospeed

「調整式ISO SPEEDテクノロジー」

 

恐らくこのシートチューブに着いている「調整式ISO SPEED」(アイソスピード)のお陰だと思います。

シートチューブのパイプに沿って着いているレバーの位置によってフレーム(シートチューブ)の

柔軟性を変えられるシステムになっていて、レバーを上げると路面インフォメーションを拾いやすく、

下げると柔軟性を上げてくれます。

ワタシはレバーを1番下にして乗りましたが、体重の軽い自分にはコレがベストで、明らかに路面

からの不快な振動をなくしながら、何のクセもなく超素直に加速・巡航をしてくれました。

もう楽しくてこのバイクで2周走りました。

ただサドルが自分との相性が悪くて違和感があったことと、ジオメトリー的にヘッドチューブが長い

のでハンドルを下げたい方には限界があるかもしれません。サドルは乗る方の好みに合わせて

変えればOKですが、ハンドルの高さ=ポジションは超重要なんで、そこの部分で問題がある方には

オススメしません。

でもその部分をクリアすればオススメです。これ1台あればロードバイクの楽しさを

満喫できますよ♪

 

 

以上、試乗会にてワタシが乗ったロードバイクで感動した部門ベスト3でした。このブログを見て

何か質問があれば鈴木までお願いいたします。お待ちしてります。