【自作パーツ紹介】サイレントクラッチ式リアハブ
by: 高橋功

休みの日に、自宅にある卓上用フライス盤や卓上旋盤を駆使して7000系のアルミから削り出しました

設計から完成まで約1年、製品レベルではないので特に今まで紹介しませんでしたが先日よりDI2の陳列の為に自転車ごと店舗で飾っていたところ、興味を持っていただくことが多いのでここでご紹介させていただきます。

2010年に製作したものなので、既に各社から同様の製品が出ているようなので今更かもしれませんが・・・

一番苦労したのはクラッチベアリングを乗せるテーパー部の角度とクラッチベアリングを抑えるスプリング素材の選定でした、特にスプリングは金属にこだわらすウレタンやシリコン、ゴムなどを様々な形状にして試験の繰り返し、ほど良い圧力を得るのに何十回繰り返したことか・・

結果は上々、足を止めてもヌル~と進み続け、且つ路面とタイヤの接地音だけが聞こえてくるステルス状態

よろしかったら一度環八R1店でご覧ください

RHUB RHUBCUT