ALEX-MOULTON Super-pyron完成
by: 堀豊

 

 

 

 現在は総SS製パイロンは世界に2台のみのプロトモデルで

将来のパイロンはだいたいこんな感じに

x

 SSフォークとフレクシターはこの構造となりそうです。

 

 

 

 

現在価格は200万弱のフレーム設定です。

,

c d

 

 

初めての新型レコードアームもパイロン構造には似合っています。

 少々手こずりましたが、

私のこだわる所でKOJAK35-406サイズを

無理無理何とか加工に加工を重ね、いれました。

 

対してほとんどのパイロンにはアーチ問題など構造上、

狭くデュラーノしか入れられません。

v

a

   

構造はパイロンですが、リアスイングアームフレームは

スーパースピードでパイロン史上最大のホイールベース115mm

ダブルパイロンは105mm、

スーパースピード105mmと、

10mmも長いので700cのロードで100mmですから、

そうとう走行安定性能は良いかとおもいます。

thumbnail_1533265727340

q

 

 

 話が少しずれましたが、パイロンをかれこれ、

どの老舗より多く100本ぐらい製作いたしましたが、、

パイロン構造系には厚みと太さがあるタイヤをハメないと

タイヤが負けてしまいおそらく

スピードをあげ踏み込んだ時にハンドルがとられます。

FD台座

FD作成

 

 

 

自分もジマンではなく数を熟し技術的にようやく感じた次第です。

 

 

ダウンロード

ダウンロード (q

ダウンロード (w

  

多数納車しこのブログを拝見して頂いた大切なお客様方に

お気にかかりましたら、少々手作りにて作業と

少しばかりお金もいただきますが製作しなおします。

 お気軽にご連絡お待ちいたします。

                       ワイズロード 堀