【川崎テックだより】よくある修理!!リアディレーラーハンガーを交換編
by: 新井絢也

k190427 (4) 

変速がおかしいので調整してほしいというのは割と多い修理内容です。

 

変速不良の原因としては

 ・ワイヤーの消耗や曲がりによるもの

・チェーンの伸びやピンの差し込み不良

・リアホイールがしっかりフレームに入らず固定されている

・スプロケ、チェーンリングの摩耗

・変速機の変形

・そもそも変速の調整が間違っている

・登坂時のフレームやホイールのたわみによる限定的なもの

などがありますが今回の内容は割とオーソドックスな原因です。 

 


 

 【お得なキャンペーン一覧】

↑↑要クリック↑↑ 

 

 

bnr_kawasaki_no1_02

 

 

【川崎店セール情報ブログ!!】

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

fb-f-logo__blue_72インスタ

 

↑↑

フェイスブックインスタグラム始めました、

是非クリックといいねをお願い致します!

ダウンロード 

金利がなんと1%のショッピングローン!

  

最大36回のお支払いが可能!

 

 

 

19_2点同時購入_bnr_2 


 

 

k190427 (1)

 

フレームにリアディレーラーをつないでいるハンガーが曲がり、
結果リアディレーラーが斜めに傾いてしまっています。 

リアディレーラーハンガーはフレームを守るために、外的要因などが

加わったりすると曲がったり折れたりしてフレームを守ってくれています。

ですが曲がったままでは変速が上手くいかず、またリアディレーラーを

ホイールに巻き込み重大な事故に綱がる危険があります。

 ハンガーが曲がった場合は必ず交換してください。

 

k190427 (2)

 

左が曲がったハンガーで右が正常なもの。

ハンガーはモデルごとの専用品となりますので

修理の為にはメーカーからの部品の取り寄せが必要です。

 当店とお取引のあるブランドであれば修理可能ですのでご相談ください。

 

k190427 (3)

 

交換後がこちら。

スプロケットからリアディレーラーのプーリーまでの

ラインがまっすぐになったのが正常な状態です。

今回はハンガーが曲がることでダメージが吸収され

フレームは破損せずにハンガー交換のみで無事に治りました

結構曲がりやすいパーツですので自転車を倒したりぶつけたりした時には

曲がっていないか都度チェックしてみてください。 

 

k190427

 

 特にリアディレーラーに傷がついていた場合は要点検です。

 


 

 

SIDI試し履き&BIANCHI

 

 

 

Cannondale_MAVIC_ポイントアップ_1

 

 

 

bnr_crossbike2019

 

 

 

【川崎店在庫一掃セール!!掘出し物も!!】

 

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

 

AU損保バナー

 

 

 

スペシャルホームページのみのお得な情報満載!!

☟☟要クリック☝☝

 

 

☆☆川崎店は即日納車可能!☆☆

 

 

★★ワイズ最大級のウェア、ヘルメット、シューズコーナー!!★★

 

 

★★ワイズ唯一!アレックスモールトンございます!!★★

 

 

PINARELLOバナー

 

 

★★アジアで唯一!ピナレロコーナー★★

 

 

DISKブレーキ様バナー

 

 

 ★★DISCブレーキ時代の到来!川崎店はDISCロードに力を入れてます!!★★

 

 

レディースコーナー

 

 

★★小さめのサイズのバイクや女性モデルのウェア等、

レディースの在庫も豊富にございます!!★★

 

 

3月修理予約

 

 

 

川崎案内バナー190307