【MAVIC × 川崎店STAFF向け勉強会】今さら聞けない!?「USTとは?そのメリットや運用は?」、「SL or Non SLとは?」など、MAVICホイールテクノロジーを皆さまにも!!
by: 鈴木誠一

 

 

 

 

 

IMG_8058

 

 

 

 

 

 

 【お得なキャンペーン一覧】

↑↑要クリック↑↑ 

 

 

 

 

 

↑↑川崎ウェア館のHPに飛びます↑↑

 

 

【川崎店セール情報ブログ!!】

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

fb-f-logo__blue_72インスタ

 

↑↑

フェイスブックインスタグラム始めました、

是非クリックといいねをお願い致します!

 

ダウンロード 

金利がなんと1%のショッピングローン!

  

最大36回のお支払いが可能!

 

 

 

 

bnr_koto2020

 

 

 

 

☆☆決算セール外伝☆☆

 

MAVIC祭り!!

単品はもちろん!対象ホイールを

完成車やフレームと同時購入だと…~ 

 

 

 

 

  

 

 

 

IMG_8057 

 

 

笑顔が素敵なこの方!!

 MAVICのメカニカルサービスの 三瀧 光誠 様です。

先日、川崎店にてSTAFF向けのMAVICホイール勉強会を

 実施した時の1枚です!!

 

三瀧様は元プロロード選手で現在は国内プロレースやイベント等でも

 MAVICのサポートとしてご活躍されています!!

 (あの”MAVIC CAR”に乗られている方です) 

 

  

 

 

今回は勉強会でお客様からもよく質問を受ける、

UST(ユニバーサル・スタンダード・チューブレス)とは?

 ”SL” or ”Non SL”の違いは?

 MAVICのタイヤはなぜ前後逆に嵌めるの?

 また、DISCのメリットって?

 など、お話しいただいたので、ブログにしてみました!!

 

長文になりますが、

 そうだったんだ!!という内容もあって、

皆様の参考になれば幸いです!!

 

 

 

 

 IMG_7981

 

 

 

1.USTとは の巻

 

 

 USTとは、ユニバーサル・スタンダード・チューブレスの略称で、

タイヤチューブの代わりに、

シーラント(液体ゴムのようなもの)を注入し、

空気保持被膜層を作って、

 空気が漏れないようにできる ホイールを言います。

 チューブが無い分、転がり抵抗が減って、

 クリンチャーに比べて走行性能が良く、空気量も増えることで

 空気圧を低くすることができ、グリップ力が高まり、

真っ直ぐ走れ、路面の突き上げを吸収するので

乗り心地も良くなります。

 よく、お尻が痛くてサドルを交換される方も

 少なくありませんが、意外に空気圧を下げると

特にロングライド後半等では、お尻の痛みが

 緩和されるかもしれないですよ!!

 

また、パンクに強いことも特徴です。

パンク原因の80%はリム打ちパンクと言われていますが、

USTはそのチューブがないため、リム打ちパンクがありません。

 異物が刺さった場合でも、3mm程度の穴であれば

シーラントが防いでくれます。

 

一方で、シーラントは硬化するため、定期的に

注ぎ足しや交換する必要があり、その手間がUSTを

敬遠する大きな要因になっているかと思いますが、

 

MAVIC 三瀧様曰く、

 

①MAVICの場合、シーラント(※)注入量は公式には

30ml(25Cの場合)ですが、

その場合は半年に1回10~20ml注ぎ足す必要があるので、

60ml注入をオススメとのこと!!

※MAVIC純正シーラント

 

なぜなら、この量を注入しておけば、

1週間に1回ライドやライドしなくてもホイールを回しておけば

シーラントを動かすことによって硬化を抑えることができ、

注ぎ足しや交換はタイヤ交換時期まで原則不要とのことでした。

 

 また、MAVICのホイールとタイヤは嵌めやすいのも特徴です。

 一般的にチューブレス(レディも含む)は

 クリンチャータイヤに比べて嵌めにくいものが多く、

シーラントで防げないパンクに見舞われた場合に

パンク修理ができないということが起こりかねません。

 

それが、MAVICはリムとタイヤの精度が高く、

タイヤビードの硬さを保ちながらも、700CのETRTO規格である、

【621.95 +/-0.50(これを622とする)】に対して、

+ /- 0.35と精度が高いため、最適な寸法により、

チューブレスの中でもMAVICのリム、タイヤのマッチングは

嵌め易い構造になっているのです。

 

 

 

 2.SL or Non SLの違い の巻

 

 

①フリーボディ SL インスタントドライブ360

  Non-SL FTL-SL

 ※DISCはNon-SLもID360

 

②スポーク SL エアロ、ダブルパテッド

                                     Non-SL フラット、ダブルパテッド

 

③組み方 SL 2クロス/イソパルス 

                      Non-SL 2クロス/2クロス

 

 

端的に言ってしまえば、SLは高い反応性と横剛性を発揮し、

レーシーな走りを好む方向け!!

反面、硬いのでNon SLに比べて疲れやすいとも言われます。

 Non SLは横剛性がSLほど高くないため、

しなやかな印象となり、一定のペダリングで走る、

トライアスロンやロングライド向きです。

 

ID360は歯数40のラチェットが噛み合い、 

踏み込んだパワーを効率よく確実に駆動力に変換します。 

 

MAVIC ID360

【インスタントドライブ360の構造】

 

  

ライド時は左右にホイールが触れるので、

横剛性が重要になります。

 イソパルス組みは、左右均等でないコンポ搭載位置を考慮し、

また、フリー側は短いスポークで組まれることで

テンション剛性が高くなるため、

反フリー側を2クロスとすることで、最適な左右の

テンションバランスと剛性を確保し、

トラクションをかけた際に瞬時に反応してくれます。 

 

 

 

 

3.MAVICのタイヤはなぜ前後逆なの?の巻

 

 

タイヤは前後で役割が異なります。

前はグリップ力、後ろはローリング力です。

実はモーターバイクレースでは常識らしいのですが、

タイヤのトレッドパターンの切り込みは

 グリップ力や排水性を高めるためにMAVICのタイヤは

 前後逆にした方が、前後の役割に応じたタイヤ本来の

性能を発揮できるとのことです。

(実際に体感できるかは別として…)

 

 

 

4.DISCのメリット の巻

 

 

DISCのメリットは、高いブレーキ制動力のほかに、

もう一つ重要なことがあります。

『速く走れる』です!!

なぜかと言うと、ブレーキキャリパーがリムブレーキより

低い位置にあり、低重心なことと、

リアエンド幅が142mmと広いので、横剛性が高い為です。

 

一方でDISCはフレームが高剛性のものだと

乗り味が硬くなり過ぎてしまうので、

その場合は好みに応じて、ホイールを

Non-SLにすることも良いかと思います。

 

 

私自身は普段使いに、

 COSMIC PRO CARBON SLと、

ヒルクライムイベントでは、

KYSRIUM PRO CARBON SLを

 使用していますが、ホイール自体の重量は

決して軽い方ではないものの、

ライドしてみると高い反応性と剛性感が気持ちよく、

 COSMICは特に速度が25~30kmを超えると

スピードの伸びがよく、高速巡行が

 ラクに維持できるようになりました。

 

 

KYSRIUMは手で自転車を押しただけで

その軽やかさが伝わってきます。

ヒルクライムイベントでは、欠かせない ホイールとなっています。

 

 

川崎店では常時、COMIC PRO CARBON SL DISCの

試乗ホイールをご用意しておりますので、

是非お試し下さい!!

 

 

スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 Cannondale試乗会

 

 

 

【川崎店在庫一掃セール!!掘出し物も!!】

 

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

 

AU損保バナー

 

 

 

 

スペシャルホームページのみのお得な情報満載!!

☟☟要クリック☝☝

 

 

☆☆川崎店は即日納車可能!☆☆

 

 

★★ワイズ最大級のウェア、ヘルメット、シューズコーナー!!★★

 

 

★★ワイズ唯一!アレックスモールトンございます!!★★

 

 

PINARELLOバナー

 

 

★★川崎ピナレロルーム限定サービスございます★★

 

 

bnr_disc_gekkan

 

 

 ★★DISCブレーキ時代の到来!川崎店はDISCロードに力を入れてます!!★★

 

 

レディースコーナー

 

 

★★小さめのサイズのバイクや女性モデルのウェア等、

レディースの在庫も豊富にございます!!★★

 

 

修理予約制

 

 

 

kawasaki_map_3

 

 

 

川崎案内バナー190307