【パンクしても】携帯ポンプの選び方…違いはなに?【自分で修理!】
by: 近藤俊志

IMG_8929

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車に乗っていて避けられないのがパンク。

 

チューブに空気が入っている限り

 

パンクを完全に防ぐことはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くに自転車屋が見つからない時や

 

通勤中で朝早い、夜遅い時間でお店が開いてない時は

 

自分で修理するしかありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなパンク修理に絶対必要なのが

 

携帯用の空気入れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくチューブを交換したり、パッチで穴をふさいでも

 

空気が入れられなければ走りだせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_8972

これまたいろいろ並んでいますが、何が違うんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、チェックポイントを挙げていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①どのチューブの口の形に使えるのか?

 

超基本のところです。

 

口(バルブ)の形が合わないと全く使えません。

 

 

 

 

 

 

 

バルブの種類は3つ

 

 

 

ママチャリに主に使われる英式(別名:ダンロップ)

IMG_8967

 

 

マウンテンバイクや自動車・オートバイに使われる米式(別名:シュレーダー)

IMG_8968

 

 

ロードバイクやクロスバイクに使われる仏式(別名:フレンチ、プレスタ)

IMG_8966

 

 

 

最近はクロスバイクでも英式や米式のものがあったり

 

マウンテンバイクでも仏式のものがあったりするので

 

自分の自転車のチューブのバルブの形はちゃんと覚えておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンプのパッケージにこんな風に

 

 

 

 

仏式しかダメなもの

IMG_8921

仏・米式に使えるもの

IMG_8922

3種類全部に対応しているもの

IMG_8923

 

どのタイプのバルブに使えるのかが書いてあるので

 

よく確認しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②何気圧まで入るのか

 

空気入れによって、最大どれぐらいまで空気圧を上げられるのか

 

つまりどれだけパンパンに空気を入れられるのかが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体の目安として

 

マウンテンバイクは2~5気圧ぐらい

 

クロスバイクは3~7気圧ぐらい

 

ロードバイクは6~9気圧ぐらい

 

空気を入れて乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、そのぐらいまで入れられるものが欲しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のところ手押しの携帯ポンプで

 

MAXパンパンまで入れるのは相当根性がないとムリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実的には

 

例えばロードバイクなら

 

5~6気圧ぐらいまで入れたところで

 

たいていの人はもうしんどくてイヤになっているはずなので

 

コレぐらい入ったらとりあえず走れるから良し!

 

となることがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレは絶対にMAXまで入れてやるぜ!

 

という気合いの入ったアナタは

 IMG_8924

IMG_8926

ポンプの最大空気圧をしっかりチェックしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③どんな形で空気を入れるのか

 

簡単に分けると

 

 

 

 

 

チューブのバルブに直接ポンプの口が刺さるタイプ

 IMG_8969

TOPEAK マイクロロケットAL ¥2,800+税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先端がホースになっているタイプ

 IMG_8970

TOPEAK レースロケット ¥3,600+税

 

 

 

 

 

 

があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホースタイプはある程度

IMG_8930

握る角度を変えられるので作業がしやすいので人気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直差しタイプは持つ角度は変えられませんが

IMG_8929

 

 

こんな風にアタマのところを手で押さえて力を入れやすくしたり

IMG_8953

 

 

 

慣れてくるとこんな感じで

IMG_8952

空気入れのアタマをカベの出っ張りなどに当てて安定させたりも出来ます。

 

ワタクシはもっぱらこのタイプを愛用しております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、こういう大型のものは

 

IMG_8955

左から

 

TOPEAK マウンテンモーフ ¥3,800+税

 

TOPEAK ロードモーフ ¥3,800+税

 

TOPEAK ミニモーフ ¥3,800+税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8957

使う時にはこんな風にちょっとしたフロアポンプみたいになります。

 

 

 

 

 

 

ハンドルもT型になって押しやすくなり

IMG_8959

 

この部分を足で押さえて安定させたりと

IMG_8958

 

大きいだけあって作業はかなりやりやすいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④1回のポンピングでどれぐらいの量が入るか

 

これは特に数字で示されていないのですが、

 

単純に考えてもやはり、全長が長いもの・ボディが太いものの方が

 

1回のストロークでたくさんの空気を送り込むことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8960

マイクロロケットとマウンテンモーフを比べるとこんなに差が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ですが、小さいマイクロロケットの方が

 

何回もシュコシュコ頑張らないと入りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ大きいポンプは持ち運びが大変です。

 

車体に取り付けるとボトルケージの取り付け部分を

 

1つ分占領されるというデメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れやすさを取るか、携帯性の良さを取るか

 

小さいのにも大きいのにも

 

それぞれメリット・デメリットがあるので

 

どれぐらいの頻度でパンク修理をするのか

 

どれだけリスクに備えるのかで

 

バランスを見て選んでいただければ良いかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤通学ライダーの方やロングライド大好き派の方は

 

作業がしやすい大きめのものをおススメいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも携帯ポンプは各種在庫しておりますので

 

ぜひ店頭で見比べてみて下さい!

 

 

 


 

 

 

サンデーライドバナー

 

 

 

 

 

 

★★★アルバイトSTAFF大募集★★★

画像をクリック☟

 

IMG_8234

 

 

 

 

 

ホイール在庫強化中!!!

兵庫県随一の在庫量!!!

定番からレアなホイールまで!!!

お気軽にご相談ください★

 

img_7355

 

 

 

 

金利のショッピングローンもございます!

自転車はもはやローンで購入する時代です!!!

お気軽にご相談くださいませ★ 

もちろんホイールにも!!!

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

Print

 

 

17FWウェア最終セール中!

サイクルウェアのご相談は県内でも

在庫数NO.1のワイズロード神戸店まで!