【算数のお時間】超基本だけど意外と知らない交通ルール。赤いライトは後ろ。前に付けるのはダメ、絶対。⇒なぜダメなのか検証してみた。
by: 近藤俊志

商品の紹介はちょっとお休みして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車にもかなり普及してきたテールライト。

 

電動自転車なんかには標準装備されています。

IMG_9037

安全面を考えるともはや必須と言っていいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律では

 

・自転車の後ろには赤い反射板を取り付ける

 

・テールライトを取り付けた場合は反射板がなくても良い

 

となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9036

法的には反射板が付いていれば、テールライトの取付義務はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜間にクルマから気付いてもらえる距離を比べると

 

反射板だけだと30~50メートル

 

テールライトは300メートル以上

 

と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

数倍から10倍ぐらいの距離の差があるので

 

(強力なものは直線なら1㎞離れていても見えるそうです)

 

どちらが事故を防ぎやすいかは考えるまでもないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう見かける

 

赤いテールライトを前に付けている人。

IMG_9038

ママチャリにかなり多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく100均やホームセンターで買って

 

自分で取り付けしたと思われますが

 

危険なので絶対ダメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも

 

赤いライト = テールライト

 

と法律で決まっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車だけでなく

 

クルマはもちろん

 

電車も

 

工事現場の重機も

 

すべて後ろ側のライトは赤と決められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも

 

クルマや自転車は

 

ほぼすべての国で共通で

 

後ろのライトは赤と決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地上を走る乗り物は基本的に

 

後ろ側は赤いライト

 

というのが世界共通のルール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いライトを見ると

 

クルマのドライバーは

 

こちらにお尻を向けている

 

= 自分と同じ向きで走っている

 

というつもりで

 

相手との距離感を測って運転しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前に赤いライトを付けていると

 

その距離間が完全に狂います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校の算数を思い出して

 

たかし君がまさお君を追いかけたりするアレをやってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・自転車とクルマの距離は300m離れている

 

・自転車は時速20km、クルマは時速40kmで走っている

 

 

 

 

 

 

 

 

という条件で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆自転車とクルマが同じ向きを向いて走っているとき

oikake

クルマが自転車に追突するまでの時間は…

 

54秒かかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆自転車とクルマがお互いに向かい合って走っているとき

taikou

正面衝突するまでの時間は…

 

18秒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマのドライバーからすると

 

自転車に追い付くまでの時間が

 

30秒以上も予想とズレることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

300mの距離でこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレ?あの自転車、こっちに向かってきてね?

 

とクルマの側が気付く距離がもしも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆100mだったら? ⇒ 衝突まで6秒

 

 

 

 

 

 

 

☆30mだったら? ⇒ 衝突まで1.8秒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車の時速20kmというと

 

ママチャリで割とゆっくり走っている時のスピードです。

 

実際、クルマも自転車ももっとスピード出してますよね!

 

お互いのスピードが上がれば

 

当然ぶつかるまでの時間はもっと短くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の命を守るためにも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いライトは後ろ!

maru

 

 

 

 

 

前に付けるのはダメ、絶対!

batsu

 

 

 

 

 

 

 

 

交通ルールを守って、安全に乗りましょう!

 

 

 

 


 

 

 

サンデーライドバナー

 

 

 

 

 

 

★★★アルバイトSTAFF大募集★★★

画像をクリック☟

 

IMG_8234

 

 

 

 

 

ホイール在庫強化中!!!

兵庫県随一の在庫量!!!

定番からレアなホイールまで!!!

お気軽にご相談ください★

 

img_7355

 

 

 

 

金利のショッピングローンもございます!

自転車はもはやローンで購入する時代です!!!

お気軽にご相談くださいませ★ 

もちろんホイールにも!!!

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

Print

 

 

17FWウェア最終セール中!

サイクルウェアのご相談は県内でも

在庫数NO.1のワイズロード神戸店まで!