【テック】見落としがちなミリ単位のスキマ… ステム交換ちゃんとできてますか?
by: 近藤俊志

先日のロードからフラット化したGIOS

 

 

 

 

 

 

→【スタッフバイク】眠っていた入門ロードをクロスバイク化。そしてあのグリップにエルゴンのアレをドッキング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は未完成の部分がありました。

 

 

 

 

 

 

 

ココ

 

 

 

IMG_0325

1個だけシルバーのスペーサーがはまっていますが

 

別にオサレ目的ではありません。

 

手持ちにちょうどいいパーツが足りなかったので

 

とりあえず間に合わせでシルバーのを付けておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、フラットハンドル化して

 

ロードのドロップハンドルの時よりハンドルが近くなったので

 

ステムを長いものに交換しましたが

 

その結果、スペーサーを足さないといけなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はステムはモノによって背の高さが違います。

ステム高さ違う

こうやって並べてみるとよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステムは、トップキャップというこの部品で

トップキャップ

上から押さえつけられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベアリング押さえる
それによって、フレーム側のヘッド部分にある

 

ハンドルを左右に動かせるようにするベアリングの

 

スキマがなくなって、ガタがなくスムーズに動くようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに少しでもガタ付きがある状態でそのまま乗っていると

 

大きな故障・事故の原因になる可能性があるので

 

とても大事な部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よーく見てみましょう。

IMG_0426

 

 

 

 

 

トップキャップを当ててみると

スキマあり

ステムではなくコラム(フォークの芯の部分)のてっぺんに当たっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これではいくらネジをしめてもトップキャップが

 

ステムを上から押さえないので意味がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態でハンドルを持って自転車を前後にゆすってみると

 

前輪のあたりがガックンガックンになっています。

 

このままいくらネジをしめても

 

このガタつきはなくなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0430

そこでステムの上に5㎜のスペーサーをひとつ足します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OK
これでトップキャップとステムの間のスキマが埋まって

 

ステムが押さえられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はかなり分かりやすいケースでしたが

 

パッと見では分かりにくい場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんのちょっとのスキマでも、無視してはいけないスキマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に最近の自転車は

 

フレーム自体にベアリングを直接はめ込むタイプのものが多いので

 

この部分のガタを放置したまま乗り続けていると

 

大事なフレームを壊してしまって買い替え

 

という残念な結果になることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またこの部分のガタつきは

 

フロントフォークに大きな負担がかかるので

 

ある日突然、急ブレーキをかけた瞬間に

 

フロントフォークが折れて転倒・大ケガ!

 

という恐ろしい事故の原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぐらい自分でできる…

 

という感じでご自分で交換される方も多いですが

 

我々がチェックすると

 

この部分にガタがあるまま乗っている方はけっこう多いです!

 

 

 

(一見スキマがないように見えても、うすーいスペーサーを入れないと

 

ほんのわずかなガタがなくならない場合もあります。要注意!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全に乗るためには

 

ステムの交換ひとつもおろそかにできません。

 

オレはできてるぜ!という方も、もう一度しっかりご確認を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとでも不安なところがあったら

 

お店で点検を受けましょう!

 


 

 

 

 

 

 

  

サンデーライドバナー

 

★★★アルバイトSTAFF大募集★★★

画像をクリック☟

IMG_8234

 

ホイール在庫強化中!!!

兵庫県随一の在庫量!!!

定番からレアなホイールまで!!!

お気軽にご相談ください★

 

img_7355