【社内試乗会】最新エアロロード乗り比べ!!
by: 盛山新太郎

AERO1

 

 



 

 

第8回ワイズカップバナー

sbd2018開催決定バナー

20181201埼玉バナー20181215大阪バナー

 

NEOバナー

 

システムシックスバナー

 



 

 

10月18日、毎年恒例となりましたワイズロード社内試乗会が開催!

今年もたくさんのお取引先様にご協力いただき、
スタッフ一同最新モデルに触れてきました!

■第5回ワイズロード社内試乗会
出展社数:40社
ブランド数:83
試乗車・展示品数:500点以上

 

 

 

ご協力いただきましたお取引先の皆さま、

誠にありがとうございました!!

 

 

 AERO2

 

 

 

男なら!!

誰もが憧れる「最速のバイク」。

 

 

 

 

極限まで抵抗を削ぎ落とし、平地最速を求めるエアロロードです!

 

 

 

今回はそんなエアロロードの最先端モデルを乗り比べ!

一体どのフレームが最も速いのか!?

 

 

 

 

インプレッションしてみたいと思います!

(スピードメーターやパワーメーターは使用しておりませんので、あくまでも感覚的に良かったかどうかで評価していきます。)

 

 

 

①キャノンデール「システムシックスHi-MOD」

フレーム重量:981グラム(56サイズ)

価格 ¥460,000+税

 

 

 

AERO3 AERO4 AERO5 AERO6

 

 

評価:

巡航性 ☆☆☆☆☆

加速性 ☆☆☆

剛 性 ☆☆☆☆☆

快適性 ☆☆☆☆

お気に入り度 ☆☆☆☆

 

 

合計 21ポイント

 

 

 

 

 

 

いきなり今年の大本命!!

8月の展示会で一度試乗したことはあるので今回で2回目の乗車。

 ですが、やっぱりすごくイイ!

 

 

 

 

ディスクブレーキ専用に設計されたフレームと専用設計のホイールの組み合わせが抜群で、どちらも剛性がしっかりしているためか平坦での加速は低速域から全然重苦しさを感じません!

 

 

 

さすがに上り坂ではフレーム重量と64ミリのリムハイトを持つホイールの組み合わせはやや不利でしょうか。

上りも含まれるようなコースではリムハイト40ミリ程度の軽量ホイールに履き替えたいところ。

平坦と登りの加速性を合わせて評価は☆3としました。

 

 

 

 

一方で平坦での速度の伸びは圧倒的で、同じくエアロフレームの最高峰と言われるトレックMADONE9に匹敵する数少ないバイクです!!

そのエアロ性能の高さは時速30キロ前後から体感できるほどで、ロングライドやサイクリングがメインの一般ライダーでも十分恩恵を受けることが出来るでしょう。

 

 

全体的に剛性は高いですが、タイヤのクッションも効いており漕ぐギアの選択さえ間違えなければ十分ロングライドでも使用出来るレベルに仕上がっております。

標準で23cタイヤが付いてくるので気になる方は25cに替えればさらに快適性は良くなるでしょう!

 

 

 

 

②サーベロ「S5DISC」

フレーム重量:未発表

価格 ¥590,000+税

 

 

AERO9

AERO7 AERO8

 

 

 

 

評価:

巡航性 ☆☆☆☆

加速性 ☆☆☆☆☆

剛 性 ☆☆☆☆☆

快適性 ☆☆☆☆

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

 

 

 

合計 23ポイント

 

 

 

 

こちらも非常に気になっていたモデル!

10月1日に発表があったばかりですが、さっそく乗ることが出来ました!

 

 

 

 

加速から非常に速く、85ミリの超ディープリムホイールを履いているにも関わらず低速域からスムーズな加速感。

さすがに上りはホイールが重すぎてフレームの真価はわかりませんでしたが、40~50ミリハイトのホイールに替えるだけでかなりキレも良くなりそうな印象を受けました!

 

 

 

 

平地の巡行性能はもちろん◎。

ホイールの性能も組み合わさるとシステムシックスにも匹敵するレベルでしたが、フレーム単体で見ると☆4クラスでしょうか。

エアロ性能に特化するよりも全体のバランスの良さがかなり好印象でした!

 

 

 

 

マドンやシステムシックスというよりはドグマに近いような乗り心地。

専用ハンドルにありがちなハンドリングのクセもなく非常に完成度の高い仕上がり!

フレーム剛性はハイエンドらしく高めの設計ですが、嫌な硬さではないのでホイールやタイヤ次第で十分普段使いできるレベルに収まりそうです!

 

 

 

 

 ③メリダ「リアクト8000」

フレーム重量:1000グラム

価格 ¥339,000+税

 

 

 

 

 

 

AERO10 AERO11 AERO12

 

 

 

評価:

巡航性 ☆☆☆☆

加速性 ☆☆☆

剛 性 ☆☆☆☆

快適性 ☆☆☆☆☆

お気に入り度 ☆☆☆☆

 

 

 

合計 20ポイント

 

 

 

 

新城幸也選手やニーバリ選手も乗っているリアクト。

世界で活躍するトッププロ選手が乗っているフレームが約34万円という価格破壊的なバイクです。

 

 

 

 

ですが中身は非常に丁寧に作られており、加速から巡航まで非常にクセが少なくシンプルな乗り心地。

特殊な専用設計のパーツが使われていない分エアロ性能はやや劣りますが、上りから平地まで何でもバランスよくこなします。

 

 

 

特に気に入ったのが振動吸収性で、シートポストに振動吸収性を高めるエラストマーが内蔵されておりいい意味でエアロロードらしくない快適性の高さを感じました!

フレーム剛性も程よい感じでロングライドにも対応します。

 

 

 

この1台でなんでもこなせるので、ホビーユーザーや学生ライダーにピッタリの1台です!

 

 

 



 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか??

あくまで個人的な感想ですが、新しい車体ご購入の際の参考になれば幸いです!

 

 

 

 

次は軽量クライミングバイクをインプレッションしていきます!!

 

 

 

 

39,35,146,159.360504

 

 

 

 

 

 

 

ワイズロード神戸店

サンデーライド/フィッティング担当

盛山 新太郎

セイヤマ シンタロウ

 

 

 

 

 

低金利のショッピングローン!

自転車もローンで購入する時代です!!!

お気軽にご相談ください★ 

もちろんホイールやパーツにも!!!

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

Print

サンデーライドバナー

 

ホイールバナー

 

★★アルバイトSTAFF大募集★★

画像をクリック☟

IMG_8234