【話題のチューブレス化】コンチネンタル GP5000TLを使ってチューブレス化してみた!
by: 山岡

 

 

今何かと話題なチューブレス。

 

 

MAVICのUSTに始まり、ユーザーフレンドリー

 

 

になってきました。

 

 

元から付いているホイールもチューブレスレディが付いていたり

 

 

そもそもシーラントが付属していて最初から

 

 

チューブレスレディ仕様という完成車もよく見かけます。

 

 

そんな中、神戸店は幸いにもUSTシリーズの

 

 

ホイールが良く売れることもありチューブレスレディには

 

 

良く触れている自転車店だったりします。

 

 

そこで今回は完成車に付いている

 

 

“チューブレスレディホイール”を

 

 

“シーラント&リムテープでチューブレス化”

 

 

にカスタムしましたので簡単にご紹介します。

 

 

 

IMG_6492

 

 

 

IMG_6494

 

 

 

まず用意するのは

 

 

①チューブレスレディホイール

 

 

②チューブレスレディ用リムテープ

 

 

③チューブレス用バルブ

 

 

④チューブレス(レディ)タイヤ

 

 

⑤シーラント

 

 

⑥スタッフ フシミ(無くてもOK)ww

 

 

 

IMG_6495

 

 

今回はボントレガーのカーボンホイールです。

 

 

まずは今までの

 

 

クリンチャータイヤ&チューブ&リムテープを外します。

 

 

 

IMG_6496

 

 

 

 

IMG_6496

 

 

そして

 

 

②チューブレスレディ用リムテープをリムに張っていきます。

 

 

テープとリムの間で空気が漏れないよう、

 

 

強めに引っ張りながら張ります。

 

 

リムテープを購入の際はリム内幅に気をつけてください。

 

 

 

IMG_6497

 

 

 

リムテープはきっちり1周張るのではなく、

 

 

バルブ付近で少し重なるように張っておきます。

 

 

バルブ位置を12時として時計回りに巻くとき、

 

 

10時くらいから巻き出し2時くらいで巻き終わる感じです。

 

 

(10~2時間は二枚に重なっています。)

 

 

黄色いレンチで示したところがバルブ穴です。

 

 

 

IMG_6501

 

 

そこにキリなど、尖ったもので穴をあけます。

 

 

そこに③チューブレス用バルブを刺します。

 

 

バルブナットで本体を固定します。

 

 

Oリングがある場合は忘れないように。

 

 

IMG_6498

 

 

次に④チューブレス(レディ)タイヤを嵌めます。

 

 

今回はコンチネンタル GP5000TL

 

 

話題性抜群のタイヤです!!

 

 

このタイヤ最高です!!理由は後程!

 

 

IMG_6499

 

 

嵌りました。

 

 

すこし硬いクリンチャータイヤぐらいの硬さです。

 

 

今までのチューブレスタイヤはとにかく硬いという印象でしたが

 

 

手で入ってしまうほどにしなやかでした!!

 

 

走りも軽く、整備性もGOOD!!

 

 

個人的にチューブレスタイヤならこれ一択です!

 

 

IMG_6500

 

 

ここで一度、空気を入れます。

 

 

ビートが上がるかどうかの確認となじみを出すという理由です。

 

 

(ここでビートが上がらない場合は、

 

 

再度リムテープを多く巻いたり、タイヤを畳んでみたり

 

 

石鹸水を使ったりといろいろ方法はありますが

 

 

今回は割愛します。)

 

 

まだシーラントが入ってないのですぐ空気が抜けます。

 

 

ホイールを回すと、シューと音がするでしょう。

 

 

ですがここでは問題はありません。

 

 

 

IMG_6503

 

 

 

次に空気を抜き、バルブコアを外し⑤シーラントを注入します。

 

 

今回は当店イチオシの

 

 

FINISH LINE Tubeless Tire Sealant(120㎖ ¥1,080+TAX)を使用。

 

 

余談ですが、ウエムラ店長はこのシーラントを見て

 

 

『溶けたハー〇ンダッツみたいやな』

 

 

って言ってました。クッキー〇ニラ味ですねww

 

 

60㎖ずつ前後に注入。

 

 

IMG_6504

 

 

 

再度、空気を入れます。店にあるコンプレッサーを使いましたが

 

 

このタイヤであれば通常のフロアポンプでも問題ないでしょう。

 

 

限界値109PSIまで充填します。

 

 

IMG_6505

 

 

 

再びホイールを回転させ、

 

 

タイヤ内のシーラントを全体に行き渡らせます。

 

 

ここではさっきのような空気漏れもないようです。

 

 

空気漏れがあったとしても、

 

 

シーラントが空気漏れを塞いでくれることが

 

 

多いようですね。大丈夫であれば作業終了になります。

 

 

 

 

 

神戸店はチューブレス系のパーツも多く取り揃えております。

 

 

今回の様にチューブレス化のカスタムなどあれば

 

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

スタッフヤマオカ

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

あなたの自転車、オーバーホールでリフレッシュしませんか?

 絶賛受付中!

 

 

オーバーホールBPOP

 

 

 1127-ワイズ2018ウィンターキャンペーン

 

 

 

 

 

 

お得なキャンペーン中!!! 

 

 

 

 

速い人はみんな乗ってる!

 

NEOバナー 

 

 

 

 

2019年最新モデルが続々入荷中!! 

 

shuyaku8_h201

 

☝最新情報はこちらでチェック!!☝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンデーライドバナー

 

 

 

 

 

★★★アルバイトSTAFF大募集★★★

画像をクリック☟

 

IMG_8234

 

 

 

ホイール在庫強化中!!!

兵庫県随一の在庫量!!!

定番からレアなホイールまで!!!

お気軽にご相談ください★

 

img_7355

 

 

 

 

低金利のショッピングローンもございます!

自転車はもはやローンで購入する時代です!!!

お気軽にご相談くださいませ★ 

もちろんホイールにも!!!

 

 

 

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

Print