【バイオレーサースタンダード】3/7 CANNONDALE SYNAPSE CARBON H様の場合。
by: 盛山新太郎

 

ワイズロード神戸店サンデーライド/フィッティング担当の盛山(セイヤマ)です。

 

 

 

 

BIO_LOGO

 

 

 

 

大変ご好評いただいているワイズロード独自のフィッティングサービス

 

 

 

「バイオレーサースタンダード」。

(旧バイオレーサー5000)

 

 

 

 

最大の特徴は、「早い、安い、手軽」でありながらそこそこの精度でポジションが出せるという点です!

 

 

 

その内容について、よくお問い合わせをいただいておりますので、今回は簡単にその内容と流れをご紹介致します!

 

 

 

 



 

 

 

 

 

今月2019年3月から、フィッティングの名称と料金体系が一新され、「バイオレーサースタンダード」となりました!

 

 

フィッティング料金は、今月からは8000円となります!

そのかわりに当日からすぐご利用頂けるワイズクラブポイントを3000ポイント(3000円分)プレゼントさせて頂きますので実質のお値段は据え置きです。(フィッティング料にポイントはご利用頂けません。)

 

 

 

ポイントは店内ほぼ全商品にご利用頂けますので、フィッティングのついでにステムやサドルなどをお求めの際はぜひご利用ください。

 

 

 

 



 

 

 

 さて、バイオレーサースタンダードのお客様お一人目はH様。

15年近くスポーツジムに通われており、ハーフマラソンにも出場なさる抜群の持久力をお持ちの方です!

 

 

 

スポーツ自転車の歴はまだ浅いですがしまなみ海道も完走されており、より楽に速く走られるように全体的なポジションの基準値を知りたいというご相談です。

 

 

 

 

23,35,297,304.534790

 

 

 

 

さすが運動されているだけあり、体幹はかなりしっかりされております!

バイクのポジションも純正のままでもだいたい合っていましたので、ペダリングやポジションの基礎を中心にご説明させて頂きました!

 

 

 

 

長距離を走られた際にお尻が痛くなりやすいとの事でしたが、理想値よりも少しサドル位置が低かったのとサドルが前上がりのセッティングになっていたため痛くなってしまっていたのではないでしょうか?

 

 

フィッティングの結果を踏まえてサドルは約1センチ高く水平に、後退幅も微調整させて頂きました!

 

 

 

またハンドルが理想値よりも高く、落差が少なくなっていたため重心が後ろ寄りになっていた事が原因の可能性も高いです。

 

 

完成車で購入した場合ハンドルは高めにセッティングされている場合が多く、またハンドル-サドル落差が少なければ姿勢が楽になるだろうとハンドルを高めに設定される方もたまに見かけますが、重心が後ろ寄りになるとお尻に体重がかかるため痛くなる原因になってしまう場合もあります。

 

 

 

どうしても身体の柔軟性やケガなどが理由でハンドルを高めにセッティングしないといけない場合はよりクッションの多いサドルを選択する必要があります。

 

 

逆にある程度の柔軟性や筋肉がある方は無理のない範囲で前傾姿勢を取った方が、荷重が前に移動するためお尻の痛みが解消される場合もあります。

また、その荷重をペダルに乗せられるので少ない筋肉でペダルが漕げて効率的です。

 

 

 

 

ぜひお尻の痛みでお悩みの方は、サドル高とハンドル落差をもう一度見直してみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

 

最後に計測した数値に合わせてバイクのセッティングをさせていただき、ついでにバーテープやホイールを交換させて頂き今回のフィッティングは終了となりました!

 

 

 

 

 

 

ぜひポジションでお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!!

 

 

 

 

ワイズロード神戸店

サンデーライド/フィッティング担当

盛山 新太郎

セイヤマ シンタロウ

 

 

 

 

あなたの自転車、オーバーホールでリフレッシュしませんか?

 絶賛受付中!

オーバーホールBPOP

bnr_loan

サンデーライドバナー

ホイールバナー

バイト募集バナー