【フレーム再生術!】割れてしまったフレームを再生!CDJさん凄いです!!
by: 山岡

 

 

IMG_8532

 

 

 

 

カーボンフレームのリスク。

 

 

硬くて脆い性質のカーボン繊維は、局所的で大きな力が加わると

 

 

割れてしまうことがあります。

 

 

が、カーボンドライジャパンさん(以下CDJ)に依頼すると

 

 

直せるんです!!

 

 

*破損具合いよります。

 

 

今回は当店でご購入頂いたGIOSのフレームで

 

 

運悪くフレームが破損してしまってから、復活までをご紹介!

 

 

IMG_8168

 

IMG_8166

 

 

こんな感じです。

 

 

反ドライブ側のシートステー中央部分が破損。

 

 

IMG_8167

 

 

こうなると安全には走行不可能です。

 

 

さらに写真を撮り忘れましたが、トップチューブにも同様の破損が

 

 

見受けられました。

 

 

こちらをフレームだけの状態に戻し、CDJ様へ送付。

 

 

約一か月の納期を頂き、再び完成車状態に戻しました。

 

 

IMG_8533

 

 

まずはトップチューブ。

 

 

IMG_8534

 

 

そしてシートステー。

 

 

いや、見分けがつかんない!!

 

 

よく見ると、細かなデザインが無くなっている点と

 

 

補修に用いた繊維分の厚さで盛り上がって見えるくらい。

 

 

言われなければ、補修したとはわかりませんね。

 

 

塗装もバッチリです!!

 

 

補修箇所や塗装仕上げなどで料金は変わりますが

 

 

一か所、約5万円が相場です。

 

 

こちらに載せ替え時に必要なパーツ(消耗品など)や

 

 

組み立て工賃15,000円を頂いております。

 

 

IMG_8532

 

 

見事に復活!!

 

 

自転車も再び乗ってもらえるのを喜んでいるでしょう。

 

 

当店取り扱いフレームに限りますが、補修は随時受付中!

 

 

持ち込み来店⇒見積もり⇒施工のながれで

 

 

ご納得いただいてからの作業となります!

 

 

お待ちしております。

 

 


 

 

 

 

bnr_awa1_201910

 

あなたの自転車、

オーバーホールでリフレッシュしませんか?

 絶賛受付中!

オーバーホールBPOP

bnr_loan

サンデーライドバナー

ホイールバナー

s-★バナー