パンク修理した時も一発エア充填!TNIのコスパ抜群CO2ボンベがリニューアルしました!
by: 近藤俊志

IMG_9798

 

 

 

 

 

各メーカー 値上げが続々と発表されています!

値上がりする前にGETしておきましょう!

image1

 

 

 MAVIC_POP

 

 

 

 

ミドルグレードの価格で

ハイエンドモデルに迫る静粛性

IMG_6608

 

IMG_6928 

SARIS H3

店頭で試乗できます!

 

 SARIS製品ご紹介ページはコチラ

 

 

 

 

 

 

神戸店は即納主義!

いま欲しい!にお応えします! 

 

bnr 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出先でパンクして自分で修理した時に

 

いちばん大変なのがその場で空気を入れる作業。

 

携帯用のポンプはコンパクトな代わりに

 

たくさんシュコシュコしないといけないうえに

 

高圧になるほど押し込むのも重たくなるので

 

相当な重労働です。

 

そんな現場での空気入れをラクに済ませられるのが

 

CO2インフレーターです。

 

 

 

 

 

 

IMG_9799

 

TNI

CO2ボンベセット レバータイプ

¥1,496(税込)

 

 

 

 

 

 

TNIのベストセラーアイテムと言って良い

 

CO2インフレーターのセット。

 

 

ワタクシも個人的に使用している

 

クイックスクリュータイプが廃版となって

 

新しくこのレバータイプにリニューアルされました。

 

ついでにパッケージもブリスター入りに刷新。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9790

 

IMG_9791

 

レバーのところにオープン・クローズの印が書いてあるので

 

ひとつ前のクイックスクリュータイプよりも

 

開閉の操作の向きが視覚的にも分かりやすくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9787

 

CO2インフレーターは一気にタイヤに空気を入れられるので

 

携帯ポンプでシュコシュコ頑張る必要はありません。

 

ただし、新しいチューブをしっかり取り付けできていないと

 

一瞬でパーン!と破裂させてしまうので充分注意しましょう。

 

オススメは携帯ポンプとCO2インフレーターのダブル持ちです。

 

まず携帯ポンプで少し空気を入れてみて

 

チューブをしっかりセットできているかを確認したら

 

インフレーターで一気にバシュッ!と入れると

 

失敗も少なくなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9798

 

他社製品だとボンベ1本付きで2~3千円ぐらいしますが

 

TNIはボンベ2本付きで¥1,500以下と

 

文句ナシのナンバー1コスパ。

 

人気なのも当然ですね!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9797

 

 

ボンベはタイヤ1本分で1発使い捨てなので

 

使ったら補充が必要です。

 

大きさが2種類ありますが

 

一般的なクロスバイクやロードバイクは16g、

 

マウンテンバイクやグラベルロードなど

 

太めのタイヤの自転車の場合は25gが目安です。

 

(チューブレスタイヤは最大空気圧が低いものが多いので

 

空気の入れすぎにご注意下さい)

 

交換用のボンベも16gが¥220(税込)

 

25gが¥495(税込)と他社のものより安いので

 

ランニングコストで見てもTNIはおトクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤通学で乗る人は特にパンクした時の

 

修理の時短アイテムとして威力を発揮します!

 

もうすでにパンク修理グッズを持っているという方も

 

携帯ポンプだけでなくCO2インフレーターも

 

ぜひ揃えておいてください!

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

ローンPOP2020_page-0001 (1) 

 

 

ブログ貼り付け用

 

 

 

s-通販

 

 

 

 

 ã‚ªãƒ¼ãƒãƒ¼ãƒ›ãƒ¼ãƒ«BPOP

 

 

 

ホイールバナー