【お買い得】10万円台でもカムテール理論が!
by: 木立 春之介

越谷店スタッフ

木立春之介(きだちはるのすけ)です。

 

 

 

 

自転車にとって速度が上がれば上がる程に

大きな壁として立ちはだかる物が”風”

 

 

 

 

時速が30キロを超え始めるとペダルは急に重たくなり、

行きが追い風、帰りが向かい風ならば、

行きとは違う乗り物に感じる程進みが悪くなります。

それを乗り越える楽しさもあるんですけどね。

 

 

 

 

そんな風に対して、「少しでも楽に走りたい」

そんなあなたにこの一台をおすすめします。

⇓⇓⇓

1506593685989

SCOTT

SPEEDSTER 11 JAPAN LTD

サイズ:XS . S .  M

 定価\155,000のところ…

特価 \ASK

 

 

 

スコットのエントリーモデルがスピードスターです。

しかしこのスピードスター、

他のエントリーグレードのロードバイクとは少し違います。

 

それは10万円台でエアロフレームという事なんです。

エアロフレームとはロードバイクが受ける空気抵抗を

軽減するために、パイプの形状を工夫してある物を指します。

1506593693014

 

ただ、フレームの形を見てみると、

よくイメージする飛行機の翼のような形ではないんです。

 

何故かというと、

このフレームはカムテール理論と言って、通常のエアロバイクの様な

飛行機の翼のような翼断面形状の後ろ側を

バッサリ切ってしまった様なデザインなんです。

こうすることで、空気抵抗の軽減をしても、車体の軽量化や剛性が

犠牲となりにくいのがこの形の凄いところです。

カムテール

フリーハンドなので、少し汚くてすみません。

 

 

 

 

1506593704943

メインコンポは105を採用しています。

10万円台の完成車で、このグレードは嬉しいです。

 

 

 

ご興味のある方は越谷店まで!