【社内試乗会】コーダーブルーム~紳士的な二台
by: 木立 春之介

越谷店スタッフ

木立春之介(きだちはるのすけ)です。

 

 

 

 

10/18にワイズロードの社内で行われた試乗会に参加してきました。

 

 

 

 

40社のメーカー様のご協力をいただき、

集まった試乗車の数は、なんと500台!

 

 

 

 

 

それだけの数のメーカー様、

試乗車が集まる会場に圧倒されてしまいました。

 

 

 

 

数ある試乗車の中で、今回はどのバイクも印象の良かった

コーダーブルームのバイクに焦点を当ててみましょう。

 

 

 

 

まず一台目はこちら

⇓⇓⇓

20181018_152811

20181018_152740

 

 

KhodaaBloom

FARNA PRO AERO

 

 

 

 

コーダーブルームの中でもよりレース思考の強くなった

カーボンエアロロードです。

 

 

 

 

乗って感じることは、まず乗り心地が良いです。

ビリビリと痺れるような細かい振動が少なく、

舗装が滑らかになったような錯覚を起こします。

エアロロードでここまで乗り心地が良いのにはちょっと驚かされました。

 

 

 

 

このバイクで気持ちが良かったシチュエーションは、やっぱり巡航している時です。

私は体重が軽く脚力があるわけでは無いので、高速で巡航は難しいのですが、

ツーリングペースでのんびり巡航する際でもフラフラしづらいんです。

 

 

 

バイクが敷くレールの上を滑らかに滑走していくような感覚が心地よく、

紳士的なバイクでした。

 

 

 

脚力がある方が踏むと、私とは違う印象を受けるのかちょっと気になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

続きまして気になっていたこちらのバイクをご紹介。

⇓⇓⇓

2019fsl2_04

Khodaa Bloom 

FARNA SL2

 

 

 

 

今度はアルミフレームのロードバイクです。

 

このバイクを試乗する直前に、同じくコーダーブルームの

兄弟車?でいいのでしょうか。”FARNA SL”を試乗させて頂いたのですが、

これがなかなか私のツボにはまる乗り味で

パンチのある加速が武器の戦闘マシーンだったんです。

 

 

 

 

そんな”FARNA SL”の後に登場した同じ名を持つバイク。

まさか、これ以上に狂暴なのでは無いか…と思って試乗をしたのですが、

乗った瞬間あれ?って感じでした。

 

 

 

 

“FARNA SL”とはかなり性格が違うんですね。

”優しいのです”

SL2は強烈な加速感や坂をグイグイ登っていく戦闘的な性格とは対照的で、

アルミでありながら振動は少なく、ゆったりとした巡航が気持ちいい優等生。

 

 

 

 

フレームのジオメトリーは”SL”も”SL2”も同じなので、

跨っただけだと、あの元気のいいSL連想させるのに、漕ぎ始めると別人のように

穏やかに、そしてしなやかに走っていくので、ちょっと可笑しかったです。

 

 

 

 

この性格の違う双子の様なバイク、どちらが良くてどちらが悪いという評価は難しく、

乗り手によってどちらが好みかはっきり分かれるバイクだと感じます。

 

 

 

 

試乗後にメーカーの方に二台の感想をお伝えしたのですが、

この二台に試乗された皆さん、同じことを感じているようです。

 

 

 

 

ちなみに、私はロードバイクに刺激を求めるタイプなので

”SL派です!”

 


 

 

 bnr_koshigayatop_1801_03

 

ワイズロード越谷アウトレット店 

〒343-0828埼玉県越谷市レイクタウン4丁目1番1

レイクタウンアウトレット セカンドアベニュー一階NO147区画

営業時間:10:00~20:00(修理受付は18:00迄) ・年中無休

http://ysroad.co.jp/koshigaya/

https://www.facebook.com/yskoshigaya/

Tel: 048-967-5041
Fax: 048-967-5042

新店場所

28575651_1765911836808227_110375192524536016_n

1

 

1%ローンをご利用頂くとこんなにお得になります!