憧れのTIME!!最新モデルで50Km走ってみた。
by: 武田圭一郎

こんにちは、松山店の武田です。

 

 

 

ロードバイクに乗っている人間ならば

一度は乗ってみたいと思わせるメーカーTIME

 

 s12IMG_3651

 

 

 

しかし実際は店頭に在庫があるお店はかなり少ない。

 

 

 

 

 

 

ましてや試乗車なんて激レアと言ってもいいほど。

 

 

 

 

だからこそ乗ってみたい!!

 

 

 

 

 

 

そんなTIME、

 

 

 

 

実は、当店イチオシブランドのORBEAと同じ取引先ということもあり・・・

 

 

 

 

試乗車を借りちゃいました!!

 

 

s12IMG_3649 

 

 

 

 

モデルは2018 TIME IZON (AKTV FORK model)

 

 

 

 

 

 

 先に言っておきますが、TIMEのAKTV FORK搭載のこのバイク、振動吸収性めちゃんこいいです。

 

 

 

 

 

ビアンキのCV搭載モデルやTREKのISOspeed搭載のトップモデルも乗っていますが

 

 

 

 

 

 

それらとは根本的に異なる振動吸収を目的としたのが分かります。

 

 

 

 

大事なことなのでもう一度。このバイク(というよりはAKTV FORKかな)の良さは振動吸収性です。

 

 

 

 

※あくまで個人的感想です

 

 

 

 

 

 

 

TIMEでよく聞く話だと、他メーカーに比べトップモデルでも剛性と快適性が両立できているという話だったり

 

 

反対に乗り心地が硬すぎてホビーレーサーには向かないというネガもきいたり。

 

 

 

 

どちらにせよGIANTやTREKのような万人に受けるモデルは出していないのは確かで

 

 

 

価格帯もそうですがサイクリングにはオーバースペックだよな~と思っていました。

 

 

 

その考えは乗ってしまうといい意味でも悪い意味でも覆されましたが、、、(笑)

 

 

 

 

今回は5つの項目別にインプレッションをしていきます。

 

 

 

    ①平坦 サイクリングペース(時速25キロ~35キロ)

    ②平坦 レースorハイペースサイクリング(時速30キロ~50キロ)

    ③登り (15キロ~20キロ)

    ④振動吸収性

    ⑤剛性感

 

 

 

 

まずは乗り始め、フレームの剛性感による乗り心地の硬さに驚きました。

 

 

特にダンシングの時は「板踏み込んでる?」とイメージしてしまうほどパリッとした高めの剛性感です。

 

 

ただ踏み込み方の違いによってはしなりが、、、。まぁかなり硬めのバイクであることは間違いありません(笑)

 

 

 

ただ走りはかなり軽い部類かなと。

フレーム自体は900g台と今の軽量フレームと比較しても少し重い部類にはなりますがそれを感じさせないほどの軽快さ。

 

特に漕ぎだし~時速25キロまでの動作が心地いいレベル。これ好きな人はこのポイントだけでも買いだなぁと。

 

 

 

さて本題参ります。

 

 

①平坦 サイクリングペース(時速20キロ~30キロ)

 

正直この速度帯では良さはあまり感じられませんでした。

良さを感じられないというよりこのスペックを100%出すのに適正速度ではないのかなと言うイメージでした。

初動からスピードを上げる際は立ち上がりも軽いし魅力的なんですが、、、。

 

 

 

 

 

②平坦 レースorハイペースサイクリング(時速30キロ~50キロ)

 

サイクリングペースから一転、スピードを上げていく際からもうすでに好印象!

すっとこの速度帯まで上げることができてしまうのと、高トルクで踏まなくてもスピードを維持できてしまうのもトップモデルなればこそって感じでした。

一定のペダルの回し方とトルクのかけ方は大前提と感じますが。

ちなみに私は慣れるのに10分ほどかかってしまった、、、(笑)

適正なぺダリングができるテクニックを持つ方+パワーメーターはこのバイクのスペックを引き出すのにかなりの必要性があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ③登り (15キロ~20キロ)

 

ダンシングとシッティングを混ぜて走ってみました。

急な坂でトルクをかけてグイグイ踏んでも、軽いギアでクルクル回しながら坂を走っても
どんな登り方をしてもスイスイと進んでくれます!!

 

おススメの乗り方はあえてパワーをかけてのダンシング。

高剛性なので進む進む。。ダンシングが最高すぎて頂上手前で足が終わってしまいましたが(笑)

トレーニングを積んでフレームの硬さに負けない足を作れれば登りが絶対楽しいです、ここまでスイスイ進んでくれるんだもの、、、。

 

 

 

 

 

 

    ④振動吸収性

 

ここ!今回のキモ!肝!kimo!

 

 

最高の一言です。実際に感じた事をここに書くと多すぎるので詳しい話は店頭で直接聞きに来て頂ければ。

熱く説明させてもらいます。

 

端的にシンプルに言うと

振動を少し感じるかな?というレベルの振動(低振動)がほぼゼロになります。言い切ってもいいかもしれない。

少なくとも私はそう感じました。

 

実際ロードバイクに乗っていて振動のタイプで何が一番ストレスを感じるかと言うと多くの人はコンコンコンって感じの低振動が長時間続くことだと思います。それが無くなるという事は、、、言わずもがなです。

 

低振動の振動吸収は素晴らしいの一言なんですが、段差や少し大きめの振動では逆に他のバイクに比べると強めに振動を感じました。

 

この段階でこのAKTV FORKというのは低振動を抑えることを第一にして開発されたのではと理解できました。

 

 

 

 

まさに「御託は良いから、まずはコイツに乗ってくれ。話はそれからだ。」って感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ⑤フレームの剛性感

 

 

硬い、以上。

 

 

 

以上、わたくし武田が率直に感じたインプレになります。

 

 s12IMG_3662

 

 

 

 

 

当店はTIME正規取扱店ですので、店頭にないモデルでもお取り寄せ可能!

 

 

 

 

 

 

 

更に、今ならちょっとだけお買い得なTIMEが手に入るかも?

 

 

s12IMG_3650 

 

 

 

是非スタッフまでお問い合わせください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試乗できますので、ぜひTIMEに乗ってみたい方はご来店を!!!

 

 

 

 

 

 

 

レアなトップモデルの実力をお確かめください。

 

 

 

 

 

 

Y’sRoad 松山 エミフルMASAKI 

愛媛県伊予郡松前町筒井850番エミフルMASAKIエミアミューズ1F

TEL:089-984-4835

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

 

 


 

 

 四国最大級 200台の在庫

s2IMGP0060 (2)  

 

 

自分だけの1台を選べます!

s2IMGP0061 (2)

 

 

選べる各種ブランドウェアー

s2IMGP0063 (2)

  

 

 

お買い得情報はコチラ↓

トップ

 

 

サンデーライドに関しての記事はコチラ↓

サンデー

 

 

 いいね・フォローお待ちしております!!

Instagramはこちら↓

キャプチャ

 

 

ワイズロード四国地方の最新情報をお届け!

 

ツイッターはコチラ↓

hIx2p85Z_400x400