私、クランクはシマノでって言ったよね!
by: 村拓治

 今回はラノベ風タイトル(笑)

 

 

キャノンデールのロードレーサーに採用されているBB30。

その名の通り、30mmの大径シャフトによって、軽量と高剛性を両立したクランクです。

現在はBBシェル幅を5mm広げて、さらに剛性を高めたBB30Aが主流になりつつあります。

DSCN3488[1]

 

 

非常に優れたシステムですが、クランク長やギア比の兼ね合いで、

「車体はキャノンデールだけど、シマノのクランクを使いたい…」

ということもあるはず。

実はそんな方のために、純正アダプターがあるんです!

 

FSA BB30A/24 レデューサー ¥3,500- (税別)

DSCN2280[1]

 

 

このアダプターを使うには、まずクランクボルトを抜いて…

DSCN3490[1]

 

 

専用工具でクランクを取り外します。

DSCN3491[1]

 

DSCN3492[1]

 

 

 

クランクやベアリングシールを取り外して、BBのベアリングが露出した状態。

キズやサビの有無、また回転に濁りがないかをチェックしておきます。

DSCN3493[1]

 

 

ドライブサイドのアダプター(厚い方)に、クランクから取り外したベアリングシールをセットします。

DSCN3494[1]

 

 

ワコーズのブレーキプロテクターを塗ってから、ベアリングに差し込みます。

DSCN3495[1]

 

DSCN3504[1]

 

 

ノンドライブサイドのアダプターは、ナイロンスペーサーを2枚挟んで、ベアリングシールを取り付けます。

こちらの車体は1枚しか入っていなかったので、1枚足しておきました。

DSCN3497[1]

 

DSCN3498[1]

 

 

ドライブサイドと同様、ブレーキプロテクターを塗って取り付けます。

DSCN3499[1]

 

DSCN3505[1]

 

 

新しいクランクは、他のコンポに合わせてシマノ・アルテグラ。

DSCN3500[1]

 

 

クランクシャフトをグリスアップしてから取り付けます。

DSCN3502[1]

 

 

玉当たりを調整して、左クランクを規定トルクで固定。

DSCN3507[1]

 

 

ペダルを取り付けて、フロントディレーラーを調整すれば完成!

DSCN3508[1]

<ご注意>

他メーカー製のクランク、BBを使用したキャノンデールのフレームは、保証対象外となります。

 

 

BB30に最適化されたフレームではありますが、こうしてクランクの選択肢が増えるのはありがたいですね。

Y’s Road 松山店では、キャノンデール製品に精通したスタッフが、新車のご購入からカスタム、バラ組みなど承ります。

今シーズンに向けて新車を検討中の方も、お持ちのバイクをパワーアップさせたい方も、お気軽にご相談ください。

ご来店、お待ちしております!

 

 

 

 

 


 

 

 図1 図3 図2

 


 

Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x

 各種松山店SNSはこちら